寝屋川市~香里園 | ピアノ ボイストレーニング教室 - ホット一息 メロディーを奏でる贅沢な時間♪

寝屋川 香里園方面で永らくピアノと声楽にお付き合い!
時々思い出したように書いています
Music Studio

第5回2017年アルカスピアノコンクール10月29日~12月3日

ソロ課題曲発表!昨年と変更点が多々あります!

絶対音感

2017-09-20 | 音楽
昨日の勉強会で、こわーい話を思い出してしまいました。

絶対音感よりも相対音感を伸ばしましょうー!と、うちの教室の『幼児のプレピコース』の生徒さんには説明して実戦しています。音を音楽と認識しない、絶対音感教育はやめたほうがいいです。過去になぜ絶対音楽教育がもてはやされたかと言いますと……。

私はこの事は知っていたのですが、戦争中絶対音感を持つ芸大の方などが、敵の飛行機や潜水艦の近付く音を判別するための教育だと。それを樹原先生の先生がしていたと!聞いてこの話は本当だったんだと確認してしまいました。

なんかこわーい話です。
ピアノは442ヘルツにあわせていますが実際ずれていることもありで、日本のオーケストラと、ヨーロッパのオーケストラに若干ピッチの違いがあるとわれています。古楽器の演奏とか、管楽器、弦楽器なども好まれるピッチに若干のちがいがあるのでいちいち絶対!とかいわれても?
融通のきかない野暮な耳です。

絶対音感と相対音感両方あればよいですが。

バッハ平均律セミナー

2017-09-18 | 音楽


台風の中、行って参りました。

上杉先生いわく、コンクールのレベルがミスタッチしないのは当たり前だが、曲の分析力は細部まで考え尽くされ、そのなかにも自分の主張を打ち出した演奏が当たり前になってきた。ピアニストは、作曲、編曲、指揮も、歌もできなくては常に勉強ということをおっしゃっていました。本当にそう思います。

私の教室の『幼児のプレピコース』もそういうことを考えた上でハードルをどんどん上げてきました。ピアノを習いに来たのに、重唱や輪唱、コードの聞き分け、タッチの感じかたなどすべてピアノを弾く前に、できるようにしています。
それを知らずにピアノを弾き初めても、
わからないで進むだけですから。


ピアノは指の運動ではない!
芸術は『理解』で閉ざされた脳に新鮮な刺激を与えることで心を動かすのです‼
ロマン♥です!♥

ボーットしている場合ではない。
(風邪で10日ほどボーットしていました)
脳を動かす活動をしなくては!
すっかり動きにくくなってしまっている脳に刺激を‼‼



アルカスピアノコンクール デュオ部門

2017-09-06 | 音楽
アルカスピアノコンクール、グランプリソロ部門は締め切りました。

グランプリデュオ部門は1台、2台とも
まだ受け付けております。
伊藤恵(東京芸術大学教授)
田部京子(桐朋学園特任教授)
クラウディオ・ソレアス(大阪音楽大学特任教授)が審査にあたり総額100万円の賞
金もでます。

ぜひ、チャレンジを!

趣味な便 オロナミンC

2017-09-06 | 音楽
すこし涼しくなり、もう9月!
新入生が入ってきて、復帰してくる人がいて新学期だなぁーとのんびりしていたら夏バテをしてしまいました。


当教室では、大手企業のサンプリングをしています。
教室応援サイト『趣味なび』さんより、教室の30、40代の女性にと言うことで大塚製薬オロナミンCをいただきました。
大人の生徒さんと付き添いにきていただいているお母様にお配りしますね。

これで元気ハツラツ!になってください。


第5回アルカスピアノコンクール受付開始

2017-08-16 | 音楽
本日より、受付開始いたしました。

未就学部門は1日で定員間近になりましたので、くれぐれも早めにお申し込みください。

枚方ピアノコンクール

2017-07-25 | 音楽

今日は、地元の枚方市で二つのピアノコンクールがありました。『ピアノフェスティバル』『枚方ピアノコンクール』

両方珍しく?行くことが出来ました。
ほとんどの生徒さんの出るコンクールはレッスンで行けないので…。

『枚方ピアノコンクール』は第1回目でご存じない方もいらっしゃるのとヤマハのコンクールと重なっているため、人数は小規模でしたが審査の先生方や主催者さんが演奏は皆さん粒揃いの演奏で良かったと満足されていました。

来年も開催予定と聞きましたので、地元に貢献出来るコンクールに育って行くことでしょう。

大きな金賞トロフィー頂きました。


Amazonバーゲン

2017-07-12 | 音楽

昨日Amazonのホームページが開きにくくなっていました。

Amazonプライムのバーゲンでしたね。
本当にお得なのかわからないですが、前から欲しかったアンプ内蔵モニタースピーカーをバーゲンで買いました。翌日朝には着く!さすがAmazonプライムです。

ローランドのプレーヤーにつなげたら、
ジャズ系の音はいい感じ!とくに低音は。

パソコンにつなげたら、You Tubeでピアノ自宅練習のアドバイスを求めてきた生徒の音がリアルで聴きやすい!

アマゾンプライムビデオは映画館のような迫力で聞けるし、買って正解



DENON DN-304 社名がデンオンでなくデノンに変わったの知らなかった。


水の反映

2017-06-21 | 音楽

だんだん暑くなってきました。
これから、私の大嫌いな夏です。
冬が大好きな私は、夏が越せるかが生きる力です。

私の教室では、夏にベートーヴェンを弾くと室温が上がるので弾きません(本当です!ベートーヴェンさんごめんなさい)
そこで、少しでも涼しそうな曲を選びます。生徒さんに選んだドビュッシー『水の反映』のために楽譜を作りました。ブルーが涼しげでモネの睡蓮もいい感じでしょう 



頑張って今年の夏も越えよう⁉


2017年アルカスピアノコンクール実行委員会

2017-06-07 | 音楽

今年も、皆様の期待を集めてコンクールが開催できる運びとなりました。

公式発表までもう少しお待ちください。

ソロ部門はまだ課題曲選定が終わっておりません。

ただし「デュオ」は公式発表されていますので、

お確かめ下さい。寝屋川市アルカスピアノコンクール


歌のコンクール

2017-06-05 | 音楽

今日は、『童謡歌のコンクール』の申込み締切日 


東京から帰ってきて、生徒3名のレコーディング。スマホから音声ファイルを添付して申し込めるはずなのに、昨日から申し込めない❗今日の朝もダメ。

ローランドのプレーヤーにも録音していたので、あわててCDを作成して消印有効の郵便局にとびこみました

申込が殺到してwebサイトかダウンしてしまい、2日ほど延長しますとのことでした。
まだの方、間に合いますよ🎵


コード塾卒業

2017-06-05 | 音楽
東京渋谷トート音楽院に行ってまいりました。

クラシック音楽をジャズコードで分析する面白さを知ってはじめた『コード塾』。

2年近くもよく続いたと我ながらびっくり!ショパンの『別れの曲』の中間部のコードはディミニッシュコード!『ジムノペディ』の中間部はドリア旋法(ドリアンモード)と頭の中が整理されてスッキリ‼
宿題も実技もあって充実した2年あまりでした。

ピアノは、ただ弾くことだけが重要視されて、歌は音程を外さないことがよしとされますが、その前に作曲家の気持ちになり研究してリスペクトすると曲が立体的に立ち上がってきます。すると曲がもっと身近にお隣に?感じます。



バッハのフレージング

2017-05-14 | 音楽
上杉先生の『平均律連続セミナー第6回』に言って参りました。本日は緊張感のある18番からいろいろと弾く機会のある?21番まで(私も試験で弾いた記憶がある)
4時間お昼食べながらの講義でした。



先生のバッハのセミナーは、いつも新しい発見と先生自身も大変勉強しながら色々な情報を伝えていただけることと、
現役ピアニストとしてのお考えと、現役医学博士として脳神経のことも関連付けてお話いただける本当に貴重なセミナーです。

バッハ平均律でいつも迷うフレージング!小節をはさんで終わりと始まりが共有されることも多いのですが、拍頭に時間を取り送り込む気持ちのイメージと言われていましたが、そのとおりだと確認できました。フレーズの最後の音で待たないで、拍頭で時間をとることで終わり感をだして強拍の拍子感を強さではなく、タイミングで表現すると言うことは、なるほど‼と思いました。確かにフレーズの最後の音の前で待つと不自然な流れでとってつけたようになります。

あと、いつも先生が言われいる歌の伴走を弾くときに歌と一緒にブレスをしていはいけない、伴奏者は常に先に進むと言われていることも、生徒たちとたくさんのアンサンブルや歌の伴奏を通して常に感じることでした。

しかし、バッハさんはやはり音楽の父なのですね。考えさせることがいっぱいありすぎて、このセミナー2巻の終わりまで元気に通えるかしら?


2017年発表会

2017-04-10 | 音楽
 今年は、いつもより1ヶ月早く発表会の開催となりました。



 第1部のメンバーとお昼をごいっしょしたり、第2部のアンサンブルデビューが4名と多かったりと、いつもよりなぜか?楽しい発表会になりました。38回と回を重ねてきて楽しかったのは初めてでした。

皆様にあらためて感謝です。

スケール・モード・アルベジオ

2017-03-21 | 音楽

勉強会が始まりました!



私の教室の『プレ・ピアノランドコース』は今年からコードも教えるようになり、(実験的には昨年からモードスケールも教えていたのですが、)生徒の皆様の吸収力がよく正式に全員に教えることになりました。未来に伸びる子達に新しい音楽の解釈は絶対にいるはず!

ベートーベンもショパンもコードで分析できるし、今時の音楽はモード系が多いし、私は長調短調のみで育ってきたので
耳が追いつかないないですが、生徒たちの耳は柔軟!知識と教養は大人になるために邪魔にはならない!

新入生達、ついていらっしゃい


うちの秘密兵器?

2017-02-28 | 音楽


いつも、電源の入りっぱなし『ヤマハミュージックデタープレーヤー!』
これがなくては我が教室はレッスンができません。
プレピアノランドコースは鳴らしっぱなしですが、バッハの対位法的楽曲のパート分け、ショパンからディズニーの歌の伴奏、ジャズなどのアンサンブル用データーが200曲近くありUSBメモリでハイブリットピアノと共有してます。
 
ピアノを習っていたら自然と音感やリズム感がよくなると思われているかもしれませんが、それは別にソルフェージュという訓練をしなくてはなかなか身に付けられないもの。そこでアンサンブルもかねて10年前に取り入れたのは正解でした。初めは、なかなか合わすのをいやがっていた子が多かったのですが、それは自分の演奏に自信がないので、合わせる余裕がなかったのでしょう。自分の演奏がきちんとできて、相手の音も聴いて楽しむことができるようになると本当にたのしい❗テンポ、調子も変えられて、
音もすごく良いので発表会でも活躍します。データーはパソコンやスマホでも再生可能ですので生徒さんもおうちで聴いています。


『ローランドのCD-2U』をついに購入しました!これは、CDをすぐ作れるし、上から多重録音や市販のCDのテンポ、調をかえてもボワーとならないのがすごいです。早いのを遅くすると聴けない!ほどひどいことになりますが、ほぼそのまま。ゆっくり練習したいときの参考になりますが、プロはゆっくりしても粗が出ないので細部まで参考になります。調は作曲家の思いを尊重すると余り変えない方がいいのですが自分の音域などと照らし合わせて考える材料になります。

このふたつをレッスンで使いこなしますよー。