in the heart side・・ヒトツバタコ

いつもその時の出会いを大切に・・

メダカちゃん

2016-11-02 11:56:00 | パーキンソン病
今、我が家で最も大切にしてもらっているものと言えば”メダカちゃん”だ。
朝に夕に水槽を覗いている夫を娘が苦笑まじりで眺めている。

夫はもともと魚を飼うような性格でない。私もである。
どうせ飼うなら犬とか猫とかありふれてはいるが、もっと能動的なものの方が面白いと思う。

3か月ほど前だ。あまり暇だったので近くの公園にでも行こうということになり、二人で出かけた。
噴水のまわりに睡蓮が置かれていた。睡蓮は白色というイメージでいたが色んな花があり楽しく見てまわれた。
その中に珍しく青色の花があり、新種で花の名前を募集しているという。二つ咲いていた。

 ”ブルー アイズ”

夫がそう書いて箱に入れた。
そんなことがあったことも忘れたころに夫が書いた名前が採用されたとの知らせがありビックリ。
もう一人の方との合作にしたいので賞品は半分ずつにしてもらいたいとのこと。それを聞いた私も子供達も”きっと応募者は二人しかいなかったんだ”、と言っていたのだが、夫は”いや、紙を入れたときカサッといったので10枚くらいはあったと思う。”と言っていた。
ところが後日新聞に取り上げられてその数、なんと220枚だったそうな。

二度ビックリ!!なんでもやってみるもんだな・・これが正直な気持ち。

前置きが長くなったが、その時にいただいた副賞が睡蓮の花だった。睡蓮を育てるには睡蓮鉢なるものがいるということや
その中にメダカを入れて虫を食べさせるということも初めて知った。

ここからメダカちゃんとの物語の始まりである。

まずどこで手にいれる?

ペットショップとは知らなんだ。そして私の中では”メダカごとき”のものに、あるわ、あるわ、メダカグッズの山。
知らないことっていっぱいだ。

買っては皆、死んでしまい、やっぱり野生のものがいいかもとジジイとババアが手にたもを持ち、池のまわりをうろついて中学生くらいの子に
”何、してんですか?”と言われ・・あれからおおいに楽しませてもらっている。

今、やっと子供が生まれ親と隔離して飼育しているところ。

睡蓮が先だったのにいつの間にか、可愛い可愛い”メダカちゃん”である。

いつも思う。ただ池を眺めるのもいい。だけど小さな石を投げ入れてやると思わぬ水紋ができることがある。
石を投げ入れるタイミング、石の大きさ、、そんなもの全部ひっくるめて”縁”というものかもしれない。
ジャンル:
ウェブログ
コメント   この記事についてブログを書く
この記事をはてなブックマークに追加
« 卓球塾続報 | トップ |   
最近の画像もっと見る

コメントを投稿

パーキンソン病」カテゴリの最新記事

トラックバック

この記事のトラックバック  Ping-URL