親爺の徒然ぶろぐ

日々の生活
旅行
お酒
 雑多ブログ

鼎泰豊 @ソウル

2013-05-04 22:40:26 | 韓国
今回の旅は往復ともソウル経由
帰路は韓国で一泊
とはいっても、夕方に仁川に着いて翌早朝に金浦から日本に発つので観光とかの時間はなし。

韓国では夕食を食べて寝るのみ

ということで、金浦傍のロッテホテルに宿泊。
モールで夕食ってパターン。

それでもってチョイスは鼎泰豊

なんでやねん。

まぁええやん。



セットメニューもあるみたいですが、メニューが読めないので・・・



突き出しかな・・・



青梗菜



水餃子

そしてメインの



小籠包



うぅ~ん。

チャーハンで〆ますか



コメント
この記事をはてなブックマークに追加

ホテルで缶詰

2011-09-18 11:11:14 | 韓国
ホテルで缶詰を食べさせられた悲しいお話ではありません。

ブログでは僅かな時間を見つけては出かけているところだけを紹介しているので遊んでばかりいると思われているようであるが実は結構、缶詰生活を送っているのが実態である。



普通、夕方にホテルに着いてその日は自由行動。
今回は、ちょっと早めに到着したものの、豪雨。
それでも出かけるしかないでしょ

2日目の朝からが缶詰生活、ホテルで朝食。



代わり映えしないよね。



でも、このプルコギが結構美味かった。

ランチもホテル。



出てくるものはあんまり変わんない。



朝食にはないのはこういう生もの類。
もちろんこれがメインになります。



珈琲は会場を抜け出して、近所でゲット。



多分、このお店前回も紹介したはず。

夕食もホテルでレセプション。



代わり映えせず。



もちろんビールは飲むけどね。

近くのコンビニで飲み物ゲット。



おつまみも。



翌朝は、うどんを発見。



全体がこんな感じ。



意味不明な取り合わせ。
完全に壊れるのも仕方ないよね。
こんな生活をしていては!
最終日に僅かな時間を見つけて観光
短時間に写真を取り捲くってトピを何本も立てる。
これが現実なのじゃ!

2011年7月のソウルの総集編終わり!
コメント
この記事をはてなブックマークに追加

金浦空港 2011年7月のソウル

2011-09-10 10:46:06 | 韓国
ソウルネタも一応終わらせておかないとね。

半年前(2010年11月)にソウルに来た。
そのときは初めてで何も解らず、普通の国際空港と同じように2時間前くらいにセキュリティーを通過して、
だが、そこには何もなかった。
実際には簡単なカフェしかなくてビールも飲めなかった。
今回は学習済みだから、ラウンジで時間でも潰して・・・
でも、注意すべきはラウンジもセキュリティーチェックの前なんだなこれが。



マッコリ飲みながら、



辛ラーメンを食す。

それから直前にセキュリティーを通過すると、



綺麗だ。



なんなんだこれは?



去年の11月と大違いだぞ。



おかしい。
寝ぼけているのか?



確かチェック後にビールの見たいからもう一度入国させてくれって騒いでいた奴も居たはずなのに。



免税店でお土産用のマッコリ買って来て、
KIOSKで海苔巻買って、



紙コップでちびちびやってた私達はいったいなんなの?



下3枚は去年の11月に撮影したものでした。
コメント
この記事をはてなブックマークに追加

ブテチゲ @7月のソウルで

2011-09-08 07:34:21 | 韓国
昼食は街中よりも土地勘のあるホテル近辺にってことになった。
前回、ソウルにやってきたときから気になっていたお店に入ってみた。




有無を言わせず、鍋がやってくる。



ランチメニューは、ブテチゲしかなかった。



トッピングは何かって聞いているのだと思うので、ラーメンをお願いした。



もちろん、ビールだけどね。



ブテチゲって部隊鍋だそうで、そう、なんでも入れちまうんだ。



スパムとかが入っているのが特徴だとか。
トッポギも良い感じだ。



使用済みの割り箸が集めてあった。
使ったのは新しい奴だった。
環境に配慮か?



まぁ、いいけどね。

コメント
この記事をはてなブックマークに追加

徳寿宮 その5 7月の出来事

2011-08-31 23:41:36 | 韓国
西洋風建築がいくつかある徳寿宮の中で、さらに西洋の趣きをかもしだしている建物、静観軒(チョングァンホン)。



近世なんだよね。



いかにも宴会場って感じだよね。

この建物の裏にはロシア公園に通じていた狭く長い秘密地下通路が今も残っているらしいよ。



ロマネスク調の屋根に赤レンガのテラス、花模様でかざられた柱など、伝統文化財であるにもかかわらず、 一時期一般向けの喫茶店として開放されたこともあったんだって。



さて、いよいよ徳寿宮ともお別れだ。



でも、現在の敷地の外にも徳寿宮の建造物はあるみたいよ。

本当に徳寿宮とはお別れ。



チョッと市庁舎付近を歩くとまた変わった建物たててるだな、これが。

コメント
この記事をはてなブックマークに追加