小西家 トム

人生経験の豊富なトムの日常生活や おもしろ談話などで構成してます

開戦前夜の憂鬱

2017-08-13 16:08:03 | 日記

しかしね〜、
まわりを見渡すと
開戦前夜って云う雰囲気ではないみたい!

どちらにせょ やる気!はアルみたいな話なんですがね 、

果たして
金さんは操り人形かも知れないし、かたや トランプおじさん はハッタリがお好きな
ようで 、、、アハ

何処まで その文言を信じることができるのか?甚だ疑問だなぁ!という事かな

お互いに武器をチャラつかせてはいるものの 実際に攻撃はしないのが 、な〜んか変
ナンチャッテさ

やる!度胸が無いのか 何かの理由があるのか?

アメリカの普通の家庭

はたまた
アメリカ国民が まだまだ
北朝鮮の脅威を 信じちゃ居ないので
トランプ政権は
国民の支持を得れないからなのかな?

なので、一発でもアメリカ領土付近に
金さん が 撃ち込んでくれるのを待ってる
って感じだね〜。



だが
金さんは北朝鮮領内にアメリカの攻撃を想定します


その時に備え
かの、核SLBMを潜水艦からアメリカ本土に
撃ち込む用意を始めているって報道ありますね


其処まで切迫してるのに
皆さん お盆ノンビリと過ごしてますね〜

来週には 日本上空 それも トムの居る
広島上空を飛んで行く?

何処に有ったのか、隠してたのか?
その 迎撃ミサイルを 海田市駐屯地に設営しますなんて話、、今ごろ〜?

もう手遅れ感 満載!

戦争に、なれば敵が島根県に上陸して来るとは、
考えない政府、、ヒェ〜



市民に早く武器を渡しスイスのように
教育するのが先決とは思ってない、だから素晴らしい 、、、アハ

シロウトに
武器を渡すと危ないってか

自分達も最初はシロウトだったくせにさ
よく言うよ!
それに
敵に撃たれるのは 危なくないのかい?

アメリカ人のように
自分の身は自分が守る は日本では禁句

拳銃を所持して買い物ねアメリカ女性

いざとなれば
自衛隊や警察 消防 が守ってくれる、、
死ぬときゃ一緒なんて
シアワセ者 ばかりですな。

本当の事を言いましょう
誰も守ってはくれません。
マァね
少しアメリカ軍が助けようとしますが

侵略されたら終わりです 致命的なのは
アメリカ軍には
日本人と韓国や北朝鮮人との
見分けがつかない

先の戦争でも そうだったように
一番 怖いのは武器を持って権力をふりかざす
日本人同胞かもしれない。



またね。(*^_^*)












ジャンル:
ウェブログ
コメント   この記事についてブログを書く
この記事をはてなブックマークに追加
« 二人の男 | トップ | 先祖帰り »
最近の画像もっと見る

コメントを投稿

ブログ作成者から承認されるまでコメントは反映されません。

日記」カテゴリの最新記事

トラックバック

この記事のトラックバック  Ping-URL
ブログ作成者から承認されるまでトラックバックは反映されません。
  • このブログへのリンクがない記事からのトラックバックは受け取らないよう設定されております。
  • ※ブログ管理者のみ、編集画面で設定の変更が可能です。