小西家 トム

人生経験の豊富なトムの日常生活や おもしろ談話などで構成してます

シュアー

2017-06-13 11:39:46 | 日記

楽器が無ければ音楽が出来ない!
と言うのは なんだか、変な話だね、、、

アフリカの大地 黒人の少年が拾ってきた
木切れで 枯れた木をドラミングしてる
それは、躍動感溢れるリズムだな

古いテレビCM?ジャックス?

だが
実際は 楽器が無いと音楽のマトモなのは
出来ないのは あるかな、、、アハ

日本には かの有名な楽器? と思われる
”くち三味線” と 手を擦り合わせながら叩く”手拍子” が有るから
アフリカには負けてはいないがね〜

つまり、音声は立派な楽器なのだが
人間様は 自分の声を貶める事が嫌い!
なので
自分を楽器とは自覚表現しない そして、
みずからを”ボーカル”と言うワケだね〜

このボーカルなる不安定感のカタマリは
ときに その不安定感の原因をマイクやPAの せいにします、、、
バンドの場合は必ず 攻撃目標になるパートがいて 、、、mm

もう、鼻高々のボーカルは ”楽器”では無く
怒号を振り撒く ”怒器” に変身します
から 周りは し〜ん!

普通は楽器のほうから 文句は言いませんが この楽器はなんと 大文句を!
垂れ流します、、、、アハハハ

そして、メデタくメンバー解散!
アレだけうるさかった
”楽器”は 新たに 名を変えて 誰にも相手にされない
”悲器 ”と なり果てますな

さて、
そんなボーカルはカラオケのマイクにも こだわりますからねー
マイク良し悪しを言います

やはり、マイマイクは
”シュアー58じゃないと〜” ってね



確かにイイマイクだね〜 だけどいくらマイクが良くても 音楽再生する機器が頼りないと それはもう 安いマイクと変わりませんからねー

音抜けが良いと言われるのは マイクの感度の差が有るからなんだが 、、

人間が手に持つ58マイクの場合は 落下したり、破裂音と言われる大きな瞬発音声が出た場合に備えて特殊なマイクカバーがあります
つまり 風圧軽減なのですが その分 感度は落ちますな

同じ シュアーには57シリーズが有ります
こちらは主に 破裂音の無い 楽器や機器の
音録りに固定使用するのが普通ですね〜

トムのシュアー57だけどね、

この57を ボーカルに使用しても良いのは
分かりますょね
5khzは 音抜けが良いのです 、

但し
慣れるまでは ハンドマイクせず
衝撃やハウリングには注意します、マイクスタンドに固定したらベター
自分が動いて 歌って見ましょうね〜

基本的には58と ヘッドのカバーが違うだけみたいな感じなんです

トムも以前は58の信者でしたが
声が其れ程 太く無くてね 何方かと言えば
コンデンサマイク向きなんだな、、と
分かるまで時間が掛かりましたね〜
なので、シュアー58は売り払いました

コンデンサマイクも いろいろ有りますが
やはり、AKGかシュアー辺りが良いかと思われます



繊細で高価なマイクですから
好みでは無く 声を通してから購入して下さいな、
学生時代 トムは放送部にも在籍してましたから このコンデンサマイクには思い入れが有りますからねー
あ〜 それから このマイクはファンタム電源が必要なので 使えない機器もあります

ということで 。


またね。(*^_^*)












ジャンル:
ウェブログ
コメント   この記事についてブログを書く
この記事をはてなブックマークに追加
« 正確な不親切 | トップ | シーケンスソフトの相性 »
最近の画像もっと見る

コメントを投稿

ブログ作成者から承認されるまでコメントは反映されません。

日記」カテゴリの最新記事

トラックバック

この記事のトラックバック  Ping-URL
ブログ作成者から承認されるまでトラックバックは反映されません。
  • このブログへのリンクがない記事からのトラックバックは受け取らないよう設定されております。
  • ※ブログ管理者のみ、編集画面で設定の変更が可能です。