小西家 トム

人生経験の豊富なトムの日常生活や おもしろ談話などで構成してます

武器の性能なんて

2017-05-05 17:51:29 | 日記

人間は勝手な生き物なんだから
一方の方向からしか考えない人が多いのは事実なんだな

つまり、損と徳、攻撃と防御、安全と危険
健康と不節制、美と醜、愛と憎しみ、なんかだが
挙げればきりがない、、

なかでも
重火器やライフル、ピストルが好きな人っていうと
自分は必ず 撃つ側にいて 話をするね
まず、
撃ちまくる側からしか 考えない、だから
鼻持ちならない!な

AK47で撃たれるより

m4カービンで撃たれたほうが気持ちいい!
、とは絶対に言わない
つまり自分が撃たれるとは考えない



いつも、必ず撃つ側だけの理屈を好むから
不思議だ
どんな感じの育ちかたをしたのかは
わからないが 、ね〜

なのに、各 武器の利点や欠点を挙げて
さも、精通したかの如く のたまわる時
トムは
そんなに凄いのなら
”その銃で アンタを撃ってやろうか?”
と聞きます、、、アハ

大半のかたは 、初めて!
撃たれる側に置かれた自分を頭の中で想像します、なかには話をやめて立ち去ります
から お互いに ショックだわさ〜

男と武器の関係性は太古の昔からある

武器は性的な象徴でもあるからね
チンポの小さなやつほど デカい銃や拳銃
を好むし インポな奴は威力抜群の自動銃を欲しがるって云われる、が
満更 ハズレでも無い。

トムも コルト45ピースメーカーやガバメントが好きっていう事は この説でいけば
インポで短小?
女が口を すぼめないと尺八吹けない、
のかも知れん、、、アハ

武器をかまえてる奴を背後からフライパンで 殴れば 気絶くらいします
全ては武器になり得る
ザマ〜みろ っていう事なのかも知れないな、

自分のガバメントを誇っていた若いころ
”大きさは関係ないのょ”と言ってくれた
優しい女性たち 、
逆に
45口径では大きすぎたのか
いずれも 話をやめて立ち去りましたな
いまさら
する事も見る事も 撃つ事、撃たれる事、もない 銃とチンポは
想像のなかで 連射 してたら良い

まさに
弾は自分に向かって飛んで来る。


愛銃主義なるものが有るとすれば
アメリカ軍のM4カービンは愛されてるね



このxm8ライフルは コルト社と海兵隊に追い出され 不採用となった
いくら性能が良くても 他人の女
だって、ドイツ製の銃を制式銃にはしたくない

それは解るょー な 解らぬような感じ。



またね。(*^_^*)


ジャンル:
ウェブログ
コメント   この記事についてブログを書く
この記事をはてなブックマークに追加
« 成れの果ての回想 | トップ | 遺された楽器 »
最近の画像もっと見る

コメントを投稿

ブログ作成者から承認されるまでコメントは反映されません。

日記」カテゴリの最新記事

トラックバック

この記事のトラックバック  Ping-URL
ブログ作成者から承認されるまでトラックバックは反映されません。
  • このブログへのリンクがない記事からのトラックバックは受け取らないよう設定されております。
  • ※ブログ管理者のみ、編集画面で設定の変更が可能です。