Tomomi's

西新宿に住む

上野公園まで歩く

2017-06-17 | 日記・エッセイ・コラム

午後4時すぎて陽射しも弱くなったので、上野公園まで歩くことにした。

午後の微風がじつに気持ちいい。(しかし‥‥‥こんな空梅雨で水田や畑は大丈夫なのか?)

 

わたしの部屋からは、言問通りを西に上がって、JR鶯谷駅前の坂を登ると、そこが東京国立博物館の裏になる。部屋から徒歩20分というところかな。

午後5時過ぎ。とうぜん閉館していると思って表門まで来ると、たくさんの人でにぎわっている。なんと! 金曜日と土曜日は、午後9時まで開館しているのだ。知らなかった‥‥‥。過って二度入館したことがあった。一度は、テツヤくんと一緒に伊藤若冲展をみるため。もう一度は常設展示の日本刀をみるためだった。

開館していても、今日は博物館のなかに入るのは、ヤメ。強烈に優れて美しい、名刀や絵画や写真をみるときには、心と体の力が必要だ。作者が作品に込めたエネルギーを受け留める、心構えがいる。

 

上野公園は、もう夕暮れだが、たくさんの人だ。

微風だが、まだ暑い。噴水前は、涼を楽しむ人でいっぱいだ。

 

夕方なのに、上野公園はすごい人。国立西洋美術館は、金曜日と土曜日は、午後8時まで開館しているのだ。これも、知らなかった‥‥‥(いつからなんだろうね‥‥‥)。

 

 

 

ジャンル:
ウェブログ
コメント   この記事についてブログを書く
« 言問橋から吾妻橋 | トップ | 雨だから、シェルブールの雨... »

コメントを投稿

ブログ作成者から承認されるまでコメントは反映されません。