身体にイイね! ひろ坊の20歳若返り

身体を鍛えて健康的に何事もプラス思考で日々生きる

前倒しゴルフスイング

2017-07-16 12:52:44 | ゴルフ

ゴルフクラブの前倒しについてですが、

これがとても大切であります。

上手い方は、これが自然に出来ている可能性もあります。

自分はバックスイングトップから、右ききの場合『右肘を真下に下ろすイメージで』

絶対やってはいけないのは、決してボールを打ちに行くように腕を振ってはダメです!(矛盾している様な表現ですが)腕は振るイメージ無しです!

トップでは、右腕の手は出前持のようにして

そのまま、落下させるように握ったグリップを真下に下ろすイメージで!

 

そうすると、実際にクラブを持ってやっていただくと良いと思いますが、

バックスイントップからそのまま真下に下ろしていくと

自然に左腕で握ったグリップが自分の方向にそして右腕で握ったグリップが自分より前方向へという、いわゆる「前倒し」の動きが出来やすくなります。

腕や手だけで、手先で「前倒し」をしようとすると、結構難しいです。

自分は、再現性が困難でした。良いタイミングの時は出来ますが、難しいです。

それと、右腕で「前倒し」を意識して行わない方が良いと自分は思います。

 

seonpapa様の動画でおっしゃっている動きが出来れば、かなりの上達のきっかけになると思います。

万年へたっぴーの自分は、これをもっと早く意識できれば良かったのにと、心底今は思っております。

繰り返しますが、腕だけ手先だけで「前倒し」をしようと思うと大変かも。。

ただ、この意識イメージを強く持ってスイングすべきです!

 

自分はトップからその腕の形のまま、そのまま下に腕を真下に下ろすイメージで

又は、トップから右肘をそのまま真下に下ろすイメージから、その形から試行錯誤して

クラブの前倒しが、出来るようになりました。

この動きが出来るかどうかがゴルフスイングの肝です。

 

 

seonpapa様の動画を掲載させて頂きました。

申し訳ありません。そして有難うございます。

YouTube seonpapa様のチャンネル登録させて頂きました。

非常に参考になります! 

『ゴルフ』 ジャンルのランキング
コメント   この記事についてブログを書く
この記事をはてなブックマークに追加
« ゴルフスイングの根幹 | トップ |   
最近の画像もっと見る

コメントを投稿

ブログ作成者から承認されるまでコメントは反映されません。

コメント利用規約に同意の上コメント投稿を行ってください。

数字4桁を入力し、投稿ボタンを押してください。

あわせて読む

トラックバック

この記事のトラックバック  Ping-URL