adagio

美味しいもの、楽しいことを求めて街歩き・・・
神奈川県(横浜・川崎)を中心に全国各地を散策中♪

出雲 関内店/関内駅北口から徒歩1分★薩摩地鶏を堪能できる宴会プラン(全10品)を、3時間飲み放題付!!!

2017-06-19 | ├ 馬車道・関内
横浜・関内駅エリアにある、「九州産薩摩地鶏」を楽しめる居酒屋。

横浜市営地下鉄 関内駅、JR関内駅北口から歩いて1~2分ほど。JR関内駅北口改札を出て、鎌倉街道(国道16号線)へ。「羽衣町一丁目」交差点を左折、そのまま道なりを進んでいくと右側にお店があります。

この日はコチラで宴会を。ビルの2階にあり、階段で2階へ進みます。外観のイメージとは違って和空間が広がっていました。座席は10人掛けのテーブル席の他、さまざまなタイプの個室もありました。人数やシーンに合った個室を選んでくださるそうですよ。





幹事さん、事前に薩摩地鶏を堪能できる宴会プランを予約してくださっていました。

九州産 薩摩地鶏 全10品「亀」コース/4,998円(税抜)
日本三大地鶏の一種である九州産のブランド鶏「薩摩地鶏」とこだわり料理を合わせた全10品に、最大3時間のプレミアム飲み放題が付いたコース料理なんだとか。

【1品目】薩摩地鶏と野菜の冷製炊き合わせ
【2品目】薩摩地鶏のせせりポン酢和え

2種類の前菜が一緒に運ばれてきました。薩摩地鶏・人参・オクラ・ネマガリタケ・牛蒡・茄子・かぼちゃの炊き合わせは、お皿とともにヒンヤリ。夏野菜が加わったことで涼やかな煮物に。一方の居酒屋の定番おつまみ!せせりポン酢和えはコリコリとした弾力のある食感が魅力的。

【3品目】薩摩地鶏の棒々鶏サラダ

野菜もお豆腐もたっぷりな棒々鶏サラダ。シャキシャキっとした野菜と合わせることで、鶏むね肉のやわらかさが際立ちます。胡麻の風味が広がるコクのあるドレッシングともよく合います。

【4品目】新鮮地鶏のたたき

ガラスの器の上には鶏むね肉・鶏もも肉・水茄子のお刺身が華やかに盛りつけられていました。お醤油やポン酢でおいしさをダイレクトに味わった後は、茗荷や葱などの薬味、すりおろしたニンニク・生姜と合わせて味の変化も楽しみました。

【5品目】特製チキン南蛮

まったりとしたタルタルソースを組み合わせたチキン南蛮、濃厚な味わいながらも一度食べたらクセになるかも?!

【6品目】薩摩地鶏の濃厚水炊き鍋


スタッフさんの説明によりますと、白湯出汁を使った水炊き鍋なのだそう。とろみのあるポタージュのようなスープからもその濃厚さが伝わってきます。そんな水炊き鍋には薩摩地鶏をはじめ、鶏つみれ・お豆腐・白菜・春菊・長葱・えのきだけ・ブナシメジ・人参・紅芯大根などが勢ぞろい。テーブル上で火をかけていただきます。深みのある白湯出汁は、奥行きのある味わいです。ボリューム感もあって食べごたえがありました。臭みやクセがなく、コラーゲンもたっぷりなので美意識の高い方にも喜ばれそうですね。


【7品目】手羽先の香味唐揚げ

身離れがよく、食べやすさも魅力的。皮はカリっと、中はジューシー。

【8品目】熟成鶏の炭炙り焼き 3種

せせり、ぼんじり、もも肉を食べくらべ。すだちをキュっと絞っていただきます。せせりはもも肉よりも脂身が多く、噛めば噛むほど旨みが広がります。弾力のある食感も魅力的でした。大振りのぼんじりはしっかりと脂がのっていて、とろけるような味わいでした。もも肉はジューシー、プリっとやわらかな歯ごたえを楽しめました。

【9品目】薬味雑炊膳

先ほどいただいた濃厚水炊き鍋にご飯を入れて、溶き卵をかけて仕上げます。ごはんに濃厚な旨みがしみ込んで、おいしさをしっかりとキャッチ。ただ、このスープならご飯よりもラーメンのほうがしっくりくるような感じも。

【10品目】季節の和風甘味

この日は、さっぱりとした柚子シャーベットでした。


飲み放題ということで、ドリンクは「スーパードライエクストラコールド」「濃醇梅酒(ソーダ割り)」「青りんごサワー」などをいただきました。


この日、さまざまなお料理を通じて「薩摩地鶏」の隠れたおいしさを発見することができました。店内は落ち着いた雰囲気で、少人数での飲み会から、大人数の打ち上げ、会社の宴会など幅広く使えそう。駅からも近いので覚えておくと使える日がくるかもしれませんね。


出雲 関内店
神奈川県横浜市中区羽衣町2-6-7
ソシアルポート 2階
050-5593-7027

参加しています。
ポチっと、応援よろしくお願いします。
人気ブログランキングへにほんブログ村 グルメブログ 神奈川・横浜食べ歩きへ
『食べ歩き』 ジャンルのランキング
この記事についてブログを書く
この記事をはてなブックマークに追加
« 神戸フランツ 南京町店/神戸... | トップ | ティーパレス ゴンチャロフ ... »

あわせて読む

トラックバック

この記事のトラックバック  Ping-URL
  • 送信元の記事内容が半角英数のみのトラックバックは受け取らないよう設定されております。
  • ※ブログ管理者のみ、編集画面で設定の変更が可能です。