adagio

美味しいもの、楽しいことを求めて街歩き・・・
神奈川県(横浜・川崎)を中心に全国各地を散策中♪

しょうゆ・きゃふぇ/横浜山手西洋館・エリスマン邸内にあるカフェ★名物はプリンの上に卵黄がのっている「生プリン」!!!

2017-06-14 | ├ 山手・本牧
横浜・山手にあるカフェ。

山手西洋館・エリスマン邸内にあります。エリスマン邸は、みなとみらい線 元町・中華街駅 アメリカ山公園出口から歩いて7~8分ほど。山手本通りに面している、元町公園の敷地内の一角にあります。かつてはスイス人貿易商エリスマン氏の私邸であった由緒ある邸宅、今もなお風格が伝わってくる外観です。館内に入ってすぐのところには当時の厨房があり、現在はカフェとして利用することができます。

この日、友人と山手エリアを散策中、軽くランチでもしようと立ち寄りました。私たちの前に3組ほどウェイティングされてました。ちょうど「花と器のハーモニー 2017」が開催中だったこともあり、いつも以上に混雑していたのではないかと思います。25分ほど待ったところで、窓側のテーブル席に通されました。公園側にせり出した大きな窓の先を見てみると一面に生い茂る緑が!!! そんな緑のカーテンに包まれて、どこかの別荘地にでも来たかのよう。







コチラのお店では、醤油もろみパンと名物の生プリンが人気のよう。さらには肉料理や魚料理がいただける本格的なランチメニューもあって気になるところですが、今回はコチラを注文してみました。



キノコのキッシュ デザートとお茶セット/650円+900円(税抜)
当初は釜揚げしらすがたっぷり入った醤油パンサンドを注文しようと思っていたのですが、ランチタイムの提供は残念ながらしていないとのこと。早めのディナーの約束もあるので、軽めのキッシュをいただくことに。キッシュは単品(650円)でも注文できますが、私はデザートとお茶のセット(900円)をお願いしました。7~8分ほど経って運ばれてきたキッシュには、エリンギ・しいたけ・まいたけ・しめじなどがみっちりと詰まっていました。1種類ではなく、キノコを数種類使われていることで歯ごたえも風味もぐーーーんとアップしますね。バターの風味が広がる濃厚なキッシュでしたが、もう少しボリュームがあってもいいかな?!





そして、ある意味メイン料理ともいえるデザートが登場!!!


何かと話題になっている名物の「生プリン」です。白いプリンの横には、白身と黄身を分けるニワトリ型のエッグセパレーターが置いてありました。


このニワトリのお腹をむにゅっと押すと、ムースのようなプリンの上に卵黄がポトン。卵黄にこだわっているプリンは数多くありますが、生地の上に卵黄が乗っているプリンははじめてかも?! 聞くところによりますと、神奈川県相模原市にあるコトブキ園さんの最高品質の卵「恵寿卵」を使われているそう。卵黄の色やぷっくらとしたハリからも特別感が伝わってきます。




なめらかなプリンとソース、そして卵黄をざっくりと混ぜていただきます。とろ~んとした舌触りと、口の中に入れた瞬間に広がる濃厚な風味。コクがあるというだけでは言い表せないほど。それにアクセント的な存在のバニラビーンズがいい仕事をしてます。プリン好きな方におすすめしたい、斬新なプリンでした。




今回私はシンプルな生プリンをいただきましたが、「ローズ」生プリン・高級「本山茶」生プリン・新!アイス生プリンなどインスタ映えしそうな華やかな生プリンもありました。


最後に、セットのドリンク(紅茶)をいただいてお店を出ました。


緑と自然光に包まれた優雅なひととき。山手西洋館散策時の休憩の場としてぴったりなカフェでした。営業時間は10:00~16:30(16:00ラストオーダー)まで。メニューによっては提供されない時間帯がありますので要注意。



余談になりますが・・・。
2017年5月27日~6月4日に開催されました「花と器のハーモニー 2017」はこのような感じでした。エリスマン邸のテーマは、花ゆるり。季節感のある花はもちろんのこと、花とともにある空間も楽しめました。







しょうゆ・きゃふぇ
神奈川県横浜市中区元町1-77-4
エリスマン邸内
045-621-4890

参加しています。
ポチっと、応援よろしくお願いします。
人気ブログランキングへにほんブログ村 グルメブログ 神奈川・横浜食べ歩きへ
『食べ歩き』 ジャンルのランキング
この記事についてブログを書く
この記事をはてなブックマークに追加
« 川崎壹番館/川崎駅からすぐ★... | トップ | 24/7coffee & roaster 横浜/... »

あわせて読む

トラックバック

この記事のトラックバック  Ping-URL
  • 送信元の記事内容が半角英数のみのトラックバックは受け取らないよう設定されております。
  • ※ブログ管理者のみ、編集画面で設定の変更が可能です。