雑記 with α-Digital

メインは超望遠での動体撮影という
αデジタル使いの雑記帳です。

※写真はクリックで大きくなります。

広告

※このエリアは、60日間投稿が無い場合に表示されます。記事を投稿すると、表示されなくなります。

バラの花咲く工場

2007-05-21 22:56:53 | Weblog
日曜は朝から天気に恵まれたので、超望遠600mmを振り回していた昨日から一転、200mmマクロを装備し、バラの撮影に行ってきました。

場所は、神奈川県厚木市にある、日本フルハーフ本社です。
社名になじみのない方も多いと思いますが、トラックの荷台を架装する会社です。
ためしに道行くトラックの後ろを見てみてください。目にする事があると思いますよ。

9時からの公開にもかかわらず、10分ほど遅れて私が到着した時には、もう人でいっぱい。
来場者のお目当ては、販売コーナーにあるバラの苗です。
みるみるうちに私の目の前で所有者が決まっていく鉢植えのバラ。
ひとりで3鉢、4鉢と購入していく人もしばしば。

その喧噪をよそに、私はバラの撮影開始です。

シャルル・ド・ゴール

α-7D+AF APO TERE MACRO 200mmF4G

ラベンダー系~青系のバラは香りも強い種が多く、私のお気に入り。
でも、育てるのは大変。
暑さや病気にとても弱いのです…。

マチルダ

α-7D+AF APO TERE MACRO 200mmF4G(内蔵フラッシュ使用)

光彩

α-7D+AF APO TERE MACRO 200mmF4G

覆輪系の花も好きです。
一輪ごとに異なるグラデーションの妙は、見ても撮っても飽きることはありません。
マチルダは逆光ぎみだったので、フラッシュで陰影を弱めてみました。

気付くと、11時を回っていました。
それでも門の方から人が次々とやってきます。

名残惜しいのですが、周辺道路の混雑に巻き込まれないように、帰宅することにしました。
『光彩』を一鉢、左手に持って…。

コメント (4)
この記事をはてなブックマークに追加