東京在宅サービスblog

保険が使える訪問マッサージの東京在宅サービスのblogです。勉強会や訪問マッサージのことなど、随時更新しています。

広告

※このエリアは、60日間投稿が無い場合に表示されます。記事を投稿すると、表示されなくなります。

荻窪暮らしの保健室 ミニレクチャー に参加させて頂きました。

2016年10月08日 | 5.スタッフより
訪問 機能訓練マッサージ東京在宅サービスです。

10/8(土)
荻窪家族レジデンスで行われた、

荻窪暮らしの保健室 ミニレクチャー
「楽しみながらオーラルフレイル」

に参加させていただきました。


歯科医師の町田奈美先生からは、

健康と寝たきりの間にフレイルがある。
オーラルフレイル=お口の虚弱とは何か?
指わっかテスト
老化はお口から始まる
・お口トラブルは早期に気づく
・かかりつけ歯医者を持つ
・みんなで予防する

ということを楽しくお教え下さり、
その話の流れで、
では、どうやって「楽しく」口腔機能を鍛えるか
という話を
株)ルピナス 山本博一氏より

呼吸を意識しながら生きてきた人はいない
(食べ物や水と違って意識して取り入れない)
酸素摂取量は20才で最大値。それ以降は下がる。
60才では20才の半分以下に。
誰でもADLは下がるもの。
これ以上落ちないように鍛える。
肺は呼吸でしか鍛えられない。
口腔訓練用吹き戻しの紹介。

というお話と「吹き戻し」をやりました。

小さい頃、太いストローの先に丸まった紙がついてて、吹くとピュルピュル伸びて「ピーピー」なってた、あの懐かしおもちゃ。
あれ、「吹き戻し」っていう名前だったんですねぇ、
といらんところで感心しつつ、口腔訓練。

山本氏が開発したのは、医療用=リハビリ用としてのものなので
かなり丈夫にできており、
「吹く力」のレベルに応じて三段階の種類があります。

ちゃんと広島大学の協力で臨床実験もやり、エビデンスもとってある、ちゃんとしたもののようです。
そのへんの100均のものはすぐ壊れますしね。


その懐かしのおもちゃを使って
楽しくみんなで
オーラルフレイル予防。

個人宅でリハ指導でやるのもいいけど、
これは、きっと
施設とかで、みんなでやったら楽しいだろうね。
と感じました。

また機会があったら参加しようと思います。
参加だけでなく、講師側の協力もできますが、
まぁそれはおいおい提案してみようと思います。

このミニセミナー、
これからどんどん面白くなる気配がします。



今後もこのような機会にはどんどん参加して
顔の見える地域連携をしていきたいと思っています。



(文責:地区担当相談員 湊貞行)
ジャンル:
ウェブログ
この記事についてブログを書く
この記事をはてなブックマークに追加
« 脳卒中後遺症の実践的アプローチ | トップ | やさしい手荻窪/医療連携レビ... »

5.スタッフより」カテゴリの最新記事

トラックバック

この記事のトラックバック  Ping-URL
  • 30日以上前の記事に対するトラックバックは受け取らないよう設定されております。
  • 送信元の記事内容が半角英数のみのトラックバックは受け取らないよう設定されております。
  • このブログへのリンクがない記事からのトラックバックは受け取らないよう設定されております。
  • ※ブログ管理者のみ、編集画面で設定の変更が可能です。