東京ナンパスクールのブログ

1時間2980円
良心的な価格と結果にこだわる丁寧な指導
http://tokyonj.net

ナンパの王道ストリートでは適切なターゲットに声掛け

2016-10-04 20:58:39 | 日記
おススメ度:★★★★★
ターゲット:ゆるふわ~ギャルまで幅広い
年齢層 :大学生~20代後半、若い方が落ちやすい
参加者 :男性 1人、但し数人で励まし合いながら
攻略方法 :とにかく数をこなす
展開 :なごんでから番号交換。もしくはそのまま居酒屋から家かラブホ。

ナンパの王道はストリート。初心者に最もすすめたいのはストリートだし、上級者が一番力を入れるのもストリート。

まずは場所と時間を選ぶ。日常生活のなかで自然に声をかけれればいいが、それは経験豊富な上級者。まずはきっちり時間をとって街に出よう。時間と場所はターゲットのよって異なる。若い子なら渋谷原宿池袋で昼から夕方にかけて、ギャルなら渋谷歌舞伎町で夜、OLなら新宿有楽町で仕事のあとか土日。

初心者はまず仲間を集めよう。一人で声掛けしようとしても、どうしても地蔵になってしまう。といっても初心者がまず苦労するのは仲間集めだ。リアルの友人をストナンに誘うのはお勧めできない。ネット掲示板やSNSで仲間を募集すると質が低い人たちが集まってくる。でも自分も初心者なのだから仕方がない。上級者に受講料を払って師事するのもいい。中級レベルになるころにはナンパコミュニティの仲間が増えてきて、合流する相手には困らなくなってくる。

街にでたらとにかく声をかけることだ。そして数をこなしせば自然と結果が出るようになる。と、書かれている文章はよく見かけるが、ただ漠然と声掛けしているだけでは、なかなか上達していかない。
もちろん数が大切なのは間違いない。母数を増やせば結果が出る可能性も当たる。しかし声かけする相手を間違っていてはまずい。海で釣りをするとき一番大切なのは、どこに釣り針を下ろすかだ。魚群の濃いところに下ろせば入れ食いだし、魚のいないところで何時間粘ってもなにもつれない。

ストリートナンパで声かけするべき相手としてはまず、ゆっくり、またはぐるぐる歩いている人があげられる。特に目的なく街に出ているので、連れ出せる可能性が高い。
またリクルートスーツを着ている子や大きなスーツケースを引っ張っている子も都会に慣れていないので、足をとめて話を聞いてくれる。

女を意識させる格好をしている子のほうがナンパにひっかかる確率が高い。ぴったりした黒のミニスカートやパステルカラーのゆるふわなワンピなどをなぜ着ているのか。ひょっとしたらイケメン男子に声をかけてもらえるかもしれないと淡い期待を抱きながら歩いているのかもしれない。

もちろん自分好みの子であれば、上にあげた条件に当てはまらない子にでも声かけするべきだ。ただし、はじめから上級案件を狙ってもそううまくはいかない。ステップアップのための踏み台にするつもりで落としやすいターゲットから着実に経験を積んでいこう。

東京ナンパスクール
ジャンル:
ウェブログ
コメント   この記事についてブログを書く
この記事をはてなブックマークに追加
« ハロウィンはコスプレ参加し... | トップ | 日本の伝統行事花見は飲んで... »

コメントを投稿


コメント利用規約に同意の上コメント投稿を行ってください。

数字4桁を入力し、投稿ボタンを押してください。

あわせて読む

トラックバック

この記事のトラックバック  Ping-URL
  • 30日以上前の記事に対するトラックバックは受け取らないよう設定されております。
  • 送信元の記事内容が半角英数のみのトラックバックは受け取らないよう設定されております。
  • このブログへのリンクがない記事からのトラックバックは受け取らないよう設定されております。
  • ※ブログ管理者のみ、編集画面で設定の変更が可能です。