東京ナンパスクールのブログ

1時間2980円
良心的な価格と結果にこだわる丁寧な指導
http://tokyonj.net

広告

※このエリアは、60日間投稿が無い場合に表示されます。記事を投稿すると、表示されなくなります。

ストリートナンパ地蔵克服テクニックその1

2016-09-11 17:04:05 | 日記

ストリートナンパをはじめるにあたり、一番ハードルが高いのは、恥ずかしくて声がかけられないということです。

逆にいうと、一度この壁さえ乗り越えてしまえば、次のステップに進むのはとても楽になります。



地蔵を克服するためのポイントを3回にわけてお伝えします。

ポイント1.自己暗示



自己暗示をかけましょう。

かぼちゃかぼちゃかぼちゃ…



池袋駅は一日に300万もの人が行き来します。

300万人という数字どれくらいかイメージできますか?

東京ドームの客席が全て人で埋まると約5万人です。

300万人を昼間12時間で均等にわると12分おきに5万人となります。

東京ドーム一個分の人がたったの12分ごとに完全に入れ替わっていくことになります。

大変な人数です。一度すれ違った人と再び会うことはまずありません。



そして同じ人にあったところでどうなんでしょうか?

みなさんは通勤途中にきょろきょろしながら歩いてはいないはずです。壁際によりかかって人間観察している人がいるとして、まずその人に気が付くことさえありません。

歩いている人に話しかける人がいたとして、それがナンパだとは思いません。知り合いに話しかけたか、落とし物を渡したのか、道を聞いたのか、肩がぶつかって文句を言っているのか、わかりません。

仮にナンパだと気が付いたところで、ああナンパしてるなと思うだけで、それ以上何も感じないはずです。わざわざ男の顔を確認したりしません。

仮に顔を確認しても30秒後にはもう忘れています。

そう、みなさん他人にはあまり興味がないのです。



万が一、万が一知り合いに見られたら。

いままで、会社の人と外で会ったことがありますか?

私は一度もありません。

一度だけもしかしてあの人は、ということはありましたが、本人かどうかはっきりとはわかりませんでした。

戻って直接声をかけて、話をすれば本人だとはっきりしましたが、そこまでする必要は感じませんでした。自分も相手も用事があって街を歩いているのだからわざわざ駆け寄ることもないでしょう。



そして、女の子はナンパされたら迷惑でしょうか?

迷惑そうな顔をしていますが、内心喜んでます。

あとで友達に会った時に自慢げに、今日ナンパされちゃってさ、と話すはずです。

ストリートナンパはいわば無料の恋愛ボランティアなのです。お金をもらってもいいぐらいの幸せを分け与えています。



池袋にある一番高いビルはサンシャイン60です。

サンシャインの展望台にのぼって東京を見渡してみてください。

ビル、マンション、家、家、車、車、人。

人がごみのようです。

自分がいかにちっぽけな存在かがはっきりわかります。

ナンパしているところを人に見られたからどうだというのでしょうか?

むしろ何もせずにこのまま歴史の背景に埋もれていくほうがよほど恐怖を感じませんか?



もう結論はでましたね。

恥ずかしがる理由はなにもありません。

ストリートで好みの子を見かけたら、どうぞ自分の欲望に正直に、遠慮せず話しかけましょう。


東京ナンパスクール
ジャンル:
ウェブログ
コメント   この記事についてブログを書く
この記事をはてなブックマークに追加
« 書評:「Good Luck - アレッ... | トップ | ストリートナンパ地蔵克服テ... »

コメントを投稿


コメント利用規約に同意の上コメント投稿を行ってください。

数字4桁を入力し、投稿ボタンを押してください。

あわせて読む

トラックバック

この記事のトラックバック  Ping-URL
  • 30日以上前の記事に対するトラックバックは受け取らないよう設定されております。
  • 送信元の記事内容が半角英数のみのトラックバックは受け取らないよう設定されております。
  • このブログへのリンクがない記事からのトラックバックは受け取らないよう設定されております。
  • ※ブログ管理者のみ、編集画面で設定の変更が可能です。