東京ナンパスクールのブログ

1時間2980円
良心的な価格と結果にこだわる丁寧な指導
http://tokyonj.net

クラブナンパはどれだけ馬鹿になれるかが勝負

2016-10-16 11:57:49 | 日記
おススメ度:★★★★★

ターゲット:ベストは女性2人組
年齢層 :狙い目は社会人1年目から3年目の女性 2人組
参加者 :男性 2人
攻略方法 :とにかく数をアタック。音楽に合わせてやや強引にギラつく
その後の展開 :クラブでの番号交換は不要。その日のうちに持ち帰らないとダメ。

可愛い子ほど早い時間に決まってクラブからいなくなっていく。
明け方に箱に残っているのはブサイクだけ。
遅くとも3時にはターゲットを決め、残りの時間で仲良くなって早めにクラブを出たい。

クラブはもっとも手軽にその日のうちに女の子とHまでつなげられる場所である。
これはナンパをしているものであれば、常識である。

クラブ自体が異質な空間であり、行く人は毎週末のように行くけれども、全く行ったことがない、クラブは嫌いという子も非常に多い。
そのため手軽にヤレる女が選別されている。

クラブについて、多くの人が抱えている悩みについて、説明していきたいと思う。

①リズム感がなく、踊れないのですが、クラブにいってもモテますか?

A.踊れる必要はまったくない。
踊る場所はリズムに乗って、女の子との距離を縮めるためのスペースである。
クラブで必要なのはノリしかない。
とにかく酔っ払って、ノリ良く行動しよう。結果は必ずついてきます。

②クラブっていけてる人しかいないのではないですか?

A.いけてるいけてないは関係ない。
クラブは単純に騒がしく、小さい部屋に軽い男女が密集している場所である。
ただ、それだけである。
自分はイケてると思い込むことが最も重要。

③お金がかかるんじゃないんですか?

A.11時までに入れば1000円のクラブもある

④なんて声をかけていいのかわからない。

A.一番初心者の方に多い質問である。
一番簡単なのは、酒を持って、「乾杯!!」といきなり声をかけ、
また、「一緒に飲まない?」と声をかける。

「今来たの?」
「クラブに来る前はどこで飲んでたの?」
「何人に声かけられたの?」
「彼氏何人いるの?笑」
「可愛いからもてるでしょ?」
「どっから来たの?」神奈川、東京以外の場合は、
「パスポート持ってきたんだ?」と小ばかにするのも面白い。
等々あげれば、キリがない。
自分のパターンを行きながら、声をかけまくって、見つけていきたい。

⑤どうやって連れ出したらいいのかわからない。

A.連れ出しの方法は色々あるが、基本的には、キスをして仲良くなってからである。ここじゃ、H出来ないから場所を変えましょうそんな流れが一般的。
あとは、5時になると閉店の時間となり、外に出て、この後どうする?的な流れからホテルになるのが普通である。
ここで持ち帰ったら必ずHをしてください。その後、もう一度会えるかどうかはわからないからです。ここは攻め時です。

⑥クラブに来る男性ってどんな人が多いの?
A.大学生、サラリーマン、裏社会の人間まで幅広い。六本木、渋谷、銀座など街によって年齢構成は異なる。割と普通のもてない男が多く、何もできず壁際に立っている。

⑦クラブに来る女性ってどんな人が多いの?
A.毎週のようにクラブに通うヘビーユーザーが多い。初めてクラブに来てどうしていいかわからないという子がたまにいるので狙い目。

⑧クリスマスやハロウィンみたいなイベントはどう?
箱によるが一般的にイベント時は女の比率が高くなる。また普段はクラブに行かない層がいるので狙い目。
しかし当然男の数も多いので下手すると入場規制で入れなくなり一晩中外を彷徨うことも。
前売り券や整理券を配っていることがあるのでイベント時はネットでじゅうぶん事前調査してからクラブにでかけよう。

※東京ナンパスクールではクラブ同行サービスも行っておりますので、問い合わせフォームよりご相談ください。

東京ナンパスクール
ジャンル:
ウェブログ
コメント   この記事についてブログを書く
この記事をはてなブックマークに追加
« ナンパ初心者におすすめのク... | トップ | インド旅行について »

コメントを投稿


コメント利用規約に同意の上コメント投稿を行ってください。

数字4桁を入力し、投稿ボタンを押してください。

あわせて読む

トラックバック

この記事のトラックバック  Ping-URL
  • 30日以上前の記事に対するトラックバックは受け取らないよう設定されております。
  • 送信元の記事内容が半角英数のみのトラックバックは受け取らないよう設定されております。
  • このブログへのリンクがない記事からのトラックバックは受け取らないよう設定されております。
  • ※ブログ管理者のみ、編集画面で設定の変更が可能です。