経営者フォーラム 東京ランド株式会社

借金たっぷり真っ赤な赤字企業でも破産も倒産も夜逃げも無用です。一人で悩んでいないで私たちに相談してください。

借金コロガシ 第 6章 貸し渋りと、貸し剥がしの違い

2017年03月21日 | 著書
「貸し渋りと、貸し剥がしの違い」を明らかにしないと不良債権問題の本質
が見えてきません。貸し渋りは、誰にもわかります。貸してほしい人に金を貸
さないことです。貸倒れリスクを事前に避けて通るのは銀行のセオリーの第1
です。かつて、銀行と親密な状態のとき、銀行員が私に教えてくれました。「2
階に上がってくる人には、ご融資はできないのです。」ほとんどの銀行の融資
課は2 階にあります。ですから、お金を貸してほしい人は2 階に上がっていき
ます。
昔から、金を貸してほしい人には、銀行は融資しません。融資金が焦げ付く
恐れがあるからです。お金を借りたい人は、金を作る能力のない人が殆どだと、
銀行は知っています。ですから貸しません。借りたい人は危ない人なのです。
返済能力が十分あると確信できる人にしか、融資はしません。融資できる金
持ち、会社、個人には、銀行員から出向いていきます。ですから金回りの良い
会社の社長は、銀行に出向いたことがありません。銀行に行くのは女子事務員
だけです。借りたい人には貸せない、借りる必要のない人には貸したい。金融
業とはまことに矛盾に満ちた職業なのです。
54
貸し剥がしは、金を借りた当人か家族の寝たきり老人や病人の布団を剥がし
て持っていくことから、こう言います。昔は、古着も古布団も商売の種になっ
ていました。引っ剥がし回収は、金貸しの常套手段だったのです。金貸しはヤ
クザを使って引っ剥がし回収をしていました。現在でも回収の現場では、ヤク
ザの手法が採られています。ですから、ヤクザになりたくない人は、金貸しに
ならないことです。
肝心なことは、バブルの生成もその崩壊も「自然現象ではない」ことです。
全ては愚かな権力者が自らの愚かさに気がつかず、愚かな「人為政策」を惹起
させ、多くの国民を破産、倒産に追い込んだのです。
いつの世も権力者には、謙虚さと誠実さは必要ないようです。ですから、政
府が政策を立てたならば、国民は我が身を守る対策を立てておく必要がありま
す。傲慢で無能な権力者に対抗する策、自分が生き残るための手法を考えた国
民は皆、賢くなっていったのです。従順で穏やかな性格の国民は、総決起した
のです。
そして2009 年(平成21 年)8 月末の総選挙で、考える人達になった国民は、
これまでの権力者をソックリひっくり返したのです。約50 年ぶりのことです。
生活苦の原因に気が付いたのか、権力の洗脳から目が覚めたのでしょうか。
考える人達は対極にあるペーパー人間は「覚える人々」です。覚える人は記
憶力抜群で、過去の経験知識には即対応できます。しかし歴史は常に新しい社
55
会現象の中でかつてない事件を引き起こします。「バブル現象」も「バブル崩
壊」も歴史の教科書に載っていない現象なのです。過去には無い新しい社会現
象には「覚える人々」であるペーパー人間には即対応はできません。
覚える人々の代表には宮沢喜一元総理大臣と三重野元日銀総裁でしょう。彼
らは二人とも東大法学部出身です。ペーパーテストには抜群に強いのです。し
かし「未知の領域」にはまるで弱いのです。未知の領域のことは、ペーパーに
書いていないから勉強しようがないのです。バブル経済もその崩壊も本には書
いてありませんでした。
しかし歴史は常に未知の領域に挑戦しているのです。その挑戦の積み重ねが
歴史なのです。歴史とはいつも「未知との遭遇」なのです。彼等の経験、知識
には、日本がバブルになっているとか、それが崩壊したとかの認識が全く無か
ったのです。彼らはバブルに無知だったからです。本には書いてなかったから
です。
だから、バブル崩壊した半年後に公定歩合を大幅に引き上げたりしたのです。
大幅に引き下げるべきところ、間逆の政策を取ったのです。これを私は「トチ
狂った5 か月」と呼んでいます。この間逆政策のせいで、日本は「失われた20
年」を迎えることになりました。悲劇的な20 年でした。
お陰で日本人は富を失うだけでなく、命まで失ったのです。職を失うだけで
なく、夢も希望も、自信さえも失ってしまったのです。「過去の囚人」(とらわ
56
れびと)の罪は誠に罪深いものがあります。過去の囚人とは、過去の経験知識
が豊富でペーパーテストに強い記憶型人間です。つまり、過去の囚人たちは「今」
に弱いのです。過去の囚人たちには、現在と未来は眼中にありません。現在と
未来はペーパーテストに出てこないからです。
これに対して、現役の企業経営者は今日の売上と売れ筋商品は何なのかが、
最大の関心事です。今日のデータをもとに、明日以降の売れる商品作りをする
のが経営者の任務です。データ+勘がそれを決定します。勘が悪ければ閉店と
なり、勘が良ければ売上と利益率を向上させるでしょう。経営者にとって、現
在のデータ分析と勘の良し悪しが、経営の良し悪しに直結します。
戦前の軍事官僚は、ペーパーテストの成績順で座る席の序列が決まっていた
ようです。軍の将官となる人物を育てる陸軍士官学校と海軍兵学校では、日本
の成功体験である日露戦争が戦術戦略の基礎知識でした。日露戦争の頃は、ま
だ飛行機は出現していませんでした。
時代はすっかり飛行機になっていたのに、巨艦大砲意識から日本軍は脱却で
きないでいたのです。時代遅れの戦艦大和は、赴いた沖縄に到着する前に米軍
の爆撃機に撃沈され、戦艦武蔵は、フィリピンのレイテ島沖で爆沈されました。
戦闘機も爆撃機もない時代の戦術、戦略の研究がメインだったのです。10
7年前の日露戦争が全ての原点であったのです。この間の世界の進歩、変化に
無頓着だったのです。ですから戦争末期、万歳突撃だとか玉砕戦法の発想しか
57
できなかったのです。陸軍も海軍も参謀を育てるのではなく、全く役に立たな
いデクの俸を育てていたのです。だから日本は太平洋戦争に敗れたのです。
戦前の軍事官僚と、現在の経済官僚には共通点があります。それは、その組
織がペーパーテストに強いペーパー人間に占拠されていることです。過去の知
識に依拠している人間しかいないことです。現在と未来に対するセンサー機能
が全く無いことです。だから日本経済は崩壊してしまいました。そして20 年
経ってまだ立ち直れないでいるのです。
ジャンル:
その他
コメント   この記事についてブログを書く
この記事をはてなブックマークに追加
« 実務家通信18号 | トップ | 実務家通信臨時号 »
最近の画像もっと見る

コメントを投稿


コメント利用規約に同意の上コメント投稿を行ってください。

数字4桁を入力し、投稿ボタンを押してください。

あわせて読む

トラックバック

この記事のトラックバック  Ping-URL
  • 30日以上前の記事に対するトラックバックは受け取らないよう設定されております。
  • 送信元の記事内容が半角英数のみのトラックバックは受け取らないよう設定されております。
  • このブログへのリンクがない記事からのトラックバックは受け取らないよう設定されております。
  • ※ブログ管理者のみ、編集画面で設定の変更が可能です。