東京新聞寄居専売所

読んで納得!価格で満足!
家計の負担を減らしましょう!
1ヶ月月極2623円です!
アルバイト大募集中です!

今日の筆洗

2017年06月20日 | Weblog

 「負けることには、耐えられない。二位に興味はない」。米野球の「球聖」タイ・カッブの言葉という▼勝利にこだわる運動競技や勝負の世界では、二位は「惜しかった人」ではなく、どちらかといえば哀れな「敗北者」と考える傾向があるようだ。そう自分に言い聞かせ一位を目指す糧としているのかもしれぬ。「二位じゃだめなんですか」が通用せぬ厳しい世界である▼二位について最も痛烈な言葉は米ゴルフのウォルター・ヘーゲン(一八九二~一九六九年)。全米オープン二回、全米プロ五回、全英オープン四回の優勝記録を誇る名選手いわく、「だれが二位だったかなんて覚えている人はいない」-▼「お言葉ですが」と反論したくなるゴルフ全米オープンでの松山英樹選手の二位である。日本勢初のメジャー大会優勝の悲願をテレビの前で祈ったファンもいるか▼六打あった首位との差を一時、一打まで縮める猛追。初日の出遅れにも腐らぬプレーに、この大会の二位の名は「覚えている人はいない」とはならぬはずと信じる▼不思議と悔しくない二位である。正確なアプローチ、パターの冴(さ)え、一打一打にいつメジャー優勝してもおかしくないという予感が深まる。惜しい二位ではなく、「いつか」は一位の二位。そう思わせる成長と安定である。さて、七月の全英オープン。その「いつか」の有力候補と書いておく。

松山英樹】男前な松山が見たい!2017全米オープンスーパープレー集02

ジャンル:
ウェブログ
コメント   この記事についてブログを書く
この記事をはてなブックマークに追加
« 今日の筆洗 | トップ | 今日の筆洗 »
最近の画像もっと見る

コメントを投稿


コメント利用規約に同意の上コメント投稿を行ってください。

数字4桁を入力し、投稿ボタンを押してください。

あわせて読む

トラックバック

この記事のトラックバック  Ping-URL