東京新聞寄居専売所

読んで納得!価格で満足!
家計の負担を減らしましょう!
1ヶ月月極2623円です!
アルバイト大募集中です!

今日の筆洗

2017年06月17日 | Weblog

 劇作家の別役実さんの『当世悪魔の辞典』を開けば、「目」は、こう定義されている。<自分自身であることが最も自然に感じられる器官。危険に遭遇して我々が目をつむるのは、そうすることによって我々自身をそこから消し去ることが出来ると信じているからである>▼なるほど最近の政治の危うさを見れば、思わず目を閉じたくなる。疑問と不安が解消されないまま、「共謀罪」法案は強引に可決された。獣医学部新設をめぐる疑惑をめぐっては、政府に真相を究明しようという真剣さは見当たらぬ▼国会で疑惑を追及された首相は「野次られると答弁しにくい」と言いつつ、自分は質問者に野次を飛ばしていた。その隣で財務相が目をつむり、にやにや笑っていた。本当に目を閉じたくなる光景だ▼実のところ政府与党の皆さんは、国民に目をつむってほしいのだろう。質(ただ)すべき事は山とあるのに、早々に国会審議を終わらせた。都議選も近い。乱暴な国会運営も疑惑もすぐ忘れられるだろう…と▼面白い研究がある。英国の心理学者が、犯罪の場面を再現した映像を人々に見せ、どれだけ覚えているかを調べた。すると、ある動作をするだけで正答率が二割上がった。「目をつむる」という簡単な動作が、記憶を助けていたのだ▼政治の危うさをいっとき忘れるためでなく、しっかりと覚えておくために、目を閉じようか。

ジャンル:
ウェブログ
コメント   この記事についてブログを書く
この記事をはてなブックマークに追加
« ルンバ スラインディングド... | トップ | 今日の筆洗 »
最近の画像もっと見る

コメントを投稿


コメント利用規約に同意の上コメント投稿を行ってください。

数字4桁を入力し、投稿ボタンを押してください。

あわせて読む

トラックバック

この記事のトラックバック  Ping-URL