東京新聞寄居専売所

読んで納得!価格で満足!
家計の負担を減らしましょう!
1ヶ月月極2623円です!
アルバイト大募集中です!

今日の筆洗

2017年07月14日 | Weblog

 イエーシュ・ピュール・ビエルさん(22)は、リオ五輪で一つの夢をかなえた。出場した陸上男子800メートルでは予選最下位。しかし、選手村にいた彼にある朝、一本の電話がかかってきた▼彼の母国・南スーダンでは内戦が続き、故郷の村も戦闘に巻き込まれた。ビエルさんは家族と離れ離れになり、隣国の難民キャンプに逃れ、十歳からひとりきりで生きてきた▼だが、「難民選手団」の一員として彼がリオ五輪に出ていることを知った母が、援助機関に頼んで国際電話をかけた。生きているかどうかも分からなかったお母さんの声を、聞くことができたのだ▼国際オリンピック委員会が、東京五輪にも「難民選手団」を参加させる方針を確認したという。ビエルさんも「東京で世界記録樹立を」と意気込んでいるそうだが、気になるのは、この国が難民にどれだけ門戸を開いているかだ▼昨年は一万人を超える人々が難民認定を求めたが、政府が認めたのは、わずか二十八人。認められなかった人が異議を申し立てた場合は、法相に任命された有識者らが審査するが、この審査で「難民相当」と認められた人ですら、法相が「不認定」で押し通すことも多いというから、ほとんど「開かずの門」である▼門を閉じたままで、三年後の東京五輪を迎えるのか。それで、「難民選手団」が躍動する姿に、心から拍手を送れるのだろうか。

ジャンル:
ウェブログ
コメント   この記事についてブログを書く
この記事をはてなブックマークに追加
« Pavel Zvychaynyy - Oxana Le... | トップ | 【オモシロすぎ】滝沢カレン... »
最近の画像もっと見る

コメントを投稿


コメント利用規約に同意の上コメント投稿を行ってください。

数字4桁を入力し、投稿ボタンを押してください。

あわせて読む

トラックバック

この記事のトラックバック  Ping-URL