情報流通促進計画 by ヤメ記者弁護士(ヤメ蚊)日隅一雄

知らなきゃ判断できないじゃないか! ということで、情報流通を促進するために何ができるか考えていきましょう

広告

※このエリアは、60日間投稿が無い場合に表示されます。記事を投稿すると、表示されなくなります。

【重要】政府・与党が共謀罪は優先法案とついに明言!~反対の声を結集しよう!

2006-10-21 11:39:28 | 共謀罪
日経(←クリック)によると、【政府・与党は20日、14歳未満の少年への警察の調査権限を強める少年法改正案の今国会での成立を見送る方針を固めた】が、何と、その理由は、【「共謀罪」の創設を盛り込んだ組織犯罪処罰法等改正案や多様化した経済活動に見合う信託の新たな形態を認める信託法の成立を優先するためだ】という。

ついに、本音を表に出してきた。

「【転載歓迎】重大情報!共謀罪は10月24日法務委員会法案審議冒頭に強行採決か!?(海渡弁護士)」(ここ←クリック)や、「核実験、補選、共謀罪~恐怖の三題噺で、相互理解を阻止しようとする与党にノーを!」(←クリック)で指摘したことが、表に出てきた格好だ。


そもそも、日本のように世界的にも治安の良い国、ナイフを持っているだけで逮捕される国に、共謀罪は必要ない。これまでに、組織犯罪対策立法は十分に行ってきており、共謀罪などなくても、十分に国際組織犯罪には対処できる。国際組織犯罪防止条約があるからといって共謀罪をつくらなければならないわけではない…ということはこれまで以下のとおり紹介してきたとおりです。

「6月10日は共謀罪阻止を共謀する日~共謀罪新設不要!と国連で主張した日本政府と共謀します」(←クリック)
「東京新聞が共謀罪不要論を大展開~その2」(←クリック)
「日弁連会誌に共謀罪に関する批判論文掲載1~立法事実がない」(←クリック)
「共謀罪は不要!~日弁連がHPバトル第1弾」(←クリック)


そして、日本政府代表が、当初、共謀案に反対していたこと、その姿勢をなぜ変えたのかを明らかにしていないことなどは「朝日・東京新聞の共謀罪スクープに関する解説~その1」(←クリック)以下の解説シリーズで紹介しています。

そのほか、共謀罪関連のエントリーは、左のCategory欄の共謀罪をクリックしていただければご覧いただけます。これまであまり関心のなかった方にも与党の悪質な手口をご理解いただけると思います。

話を元に戻しますが、インターネットで反対の声があふれているのに、政府・与党はメディアに共謀罪制定を優先課題だと明言した。与党は必死になってくるはずです。それに対抗するためには、一人一人ができることをし続けるしかない、そう思います。最終決戦に向けて頑張りましょう!





※このブログのトップページへはここ←をクリックして下さい。過去記事はENTRY ARCHIVE・過去の記事,分野別で読むにはCATEGORY・カテゴリからそれぞれ選択して下さい。
また,このブログの趣旨の紹介及びTB&コメントの際のお願いはこちら(←クリック)まで
『社会』 ジャンルのランキング
コメント   トラックバック (6)   この記事についてブログを書く
この記事をはてなブックマークに追加
« 米国のために共謀罪をつくら... | トップ | 【転載熱望】共謀罪の行方に... »
最近の画像もっと見る

コメントを投稿

ブログ作成者から承認されるまでコメントは反映されません。

共謀罪」カテゴリの最新記事

6 トラックバック

この記事のトラックバック  Ping-URL
ブログ作成者から承認されるまでトラックバックは反映されません。
共謀罪 24日審議冒頭に強行採決か!? (zara's voice recorder)
共謀罪は10月24日、衆院法務委員会法案審議冒頭に強行採決か!? 18日、日弁連主催の共謀罪反対集会が開催されました。私はパネルディスカッションのコーディネーターをつとめたのですが、下記のような情報を総合すると、共謀罪は10月24日、衆院法務委 ...
土屋祝郎 『紅萌ゆる』 (岩波新書黄版) (Die Weblogtagesschau laut dem Kaetzchen)
 今日,取り上げた本は 土屋祝郎『紅萌ゆる --昭和初年の青春--』(岩波新書黄版, 1978, ISBN 4-00-420047-4) という地味な本です。土屋祝郎氏は他にも『予防拘禁所』(晩声社, 1988,ISBN 4-89188-175-5) という本も出しています。ぜひ図書館へリクエストされてお ...
[報道メディア]政治的工作、送り込まれた爆弾、の疑惑に至る可能性 (hirono_hideki 日暮途遠)
 時刻は20時55分です。「とおりすがり2」という人からコメントが入っていました。字面通り読めとのことですが、本気だとすれば、怖い世の中です。 http://d.hatena.ne.jp/hirono_hideki/20061016/1160941230#c1161316058  そのあとちょこちょことブログを ...
自然体 (石橋を叩いても渡らないかも?)
下段に緊急連絡があります(参照) ブログ始めて、もう一年がこようとしている。 なんにでもハマル性格なので、周りはまたかという雰囲気だったが、う余曲折ながらも続いている。やり始めて知った色々なこと。 奥の深さとは反対に、この程度のことなのかという限 ...
[報道メディア]弁護士の守秘義務と説明責任<二> (hirono_hideki 日暮途遠)
 時刻は16時25分になっています。今日は13時半頃までゆっくり寝ていました。起きてから予定通り郵便局に行き、金沢地方検察庁からの返戻書をとりに行ってきました。  まあ、予想通りの鉄板のような結果でした。前回昨年(2005年)11月2日付の告発 ...
犯罪収益流通防止法・依頼者密告制度・ゲートキーパー制度(1) 弁護士の守秘義務は崩されていく (国家破綻研究ブログ)
皆様ご存知と思いますが、弁護士(その他の法律専門職も)には、守秘義務が課せられています。それによって、憲法に定める「公正な裁判を受ける権利」や、その他の被告人(被疑者)の権利が担保されている一面があるのです。 さて、そのような弁護士が、依頼者 ...