情報流通促進計画 by ヤメ記者弁護士(ヤメ蚊)日隅一雄

知らなきゃ判断できないじゃないか! ということで、情報流通を促進するために何ができるか考えていきましょう

広告

※このエリアは、60日間投稿が無い場合に表示されます。記事を投稿すると、表示されなくなります。

政党ビラまき東京高裁逆転有罪判決を下した裁判官に問う! パート2

2007-12-14 05:37:10 | メディア(知るための手段のあり方)
 ビラまき判決の骨子なるものを読んでみた。支援者の会のホームページ(http://homepage2.nifty.com/katusika-bira/C16_2.htm#9)に掲載されているが、検討しやすいように、末尾に全文を引用するのでご参照下さい。

 
 判決の最大の問題点は、管理組合が禁止できるかどうかに限って判断しており、その禁止された事項に違反した場合に、刑罰をもって処罰するべきかどうかの判断を一切していないことである。これはあまりにひどい。

 加罰的違法性について、高裁は、まず、【確かに,被告人は,政治ビラを配布する目的で本件立入り行為に及んでおり,その目的自体に不当な点はない】と認定したうえで、【しかし,住民らは住居の平穏を守るため,政治ビラの配布目的を含め,マンション内に部外者が立ち入ることを禁止できるのであり,本件マンションにおいては,管理組合の理事会によりそのような決定が行われ,これが住民の総意に沿うものであったと認められる】という。

 ここはまぁ、よしとしよう。手続きの問題はありうるが、住民が部外者立ち入りを禁止できるという結論については異論はない。

 次に、東京高裁は、【そして,本件マンションの構造,管理,利用の状況等に照らせば,ビラの配布を目的として,住民らの許諾を得ることなく本件マンション内に立ち入り,7階から3階までの多くの住戸のドアポストにビラを投函しながら滞留した行為が相当性を欠くことは明らかであ】るという。

 ここが問題でしょう。確かに、住民は立ち入りを禁止できる。しかし、それに違反した場合になぜ、刑罰を課しうるのか、それが肝心なポイントだ。私的な取り決めによって禁止できる部分と、刑罰が課される部分とは、必ずしも重ならないのだから…。しかし、東京高裁は、この点、【相当性を欠くことは明らか】としか述べていない。まったく説明していないに等しい。

 冒頭の図をみてほしい。マンションの管理組合がルールを決めたとしても、それはそのまま国が課す刑罰の範囲を決めることにはならないのだ。

 例えば、不退去罪というのがある。ビラまきを不快に思う人が、ビラをまいている人にマンションから出て行ってくれと言ったのに、それを無視したら、この不退去罪で刑法の問題にすれば足りるのではないか。あるいは、以前、二度、三度、注意したにもかかわらず、しつこくビラをまきにきたというなら、住居侵入罪で刑法上問題とすることもありうるかもしれない。東京高裁は、そういうことを一切顧みず、本件では、注意されたために直ちにビラまきを中止しているにもかかわらず、刑法上の問題となるとしたのである。これは、図で「イコールではない」とした部分を「イコール」としたに等しい。


 憲法は表現の自由、ビラまきの自由を保障している。そのビラまきの自由を国家が刑罰をもって侵害しようとしているのが本件の実態だ。図では、国がビラまき人に対して刑罰を課そうとしているが、それ自体が表現の自由の侵害であり、21条と真っ向から対立することになる。
 
 そもそも、管理組合が立ち入り禁止したことに対する違反は、原則として管理組合とビラまき人との間で決着をつければよい問題であり、その場合には、ビラまきの自由は、民法などの解釈にあたって間接的にしか適用されない。この「私人対私人」の場面と「国家対私人」の場面は明らかに区別して考えなければならない。

 東京高裁の裁判官は、この点、説明することができるのだろうか…。

  
■■引用開始■■

平成19年12月11日宣告       
 【判 決 骨 子】
 主   文
   原判決を破棄する。  
   被告人を罰金5万円に処する。
   未決勾留日数のうち,その1日を金5000円に換算してその罰金額に満つるまでの分を,その刑に算入する。
   原審における訴訟費用は被告人の負担とする。
 理   由
1 本件マンションの構造,管理及び利用の状況について 本件マンションは,地上7階,地下1階建ての分譲マンションであり,1階部分は4戸の店舗・事務所として,2階以上は40戸の住宅として分譲されている。2階以上の住戸への出入口としては,玄関出入口と西側敷地内出入口とがある。玄関出入ロから入ると,玄関ホールがあり,右手(南側)には掲示板と集合ポストが,左手(北側)には管理人室がある。住戸への出入りには,玄関ホールの東側にある玄関内東側ドアを開け,1階廊下を通り,防犯カメラの設置されたエレベーターを利用することが主に想定されているが,西側敷地内出入口を入って本件マンションの敷地東側に回り,北側外階段と中央外階段によって出入りすることもできる。

2 本件マンションへの部外者立入りについて
 管理組合の理事会は,かねてチラシ,ビラ,パンフレット類の配布のための立入りについて,区の公報に限って集合ポストへの投函を認める一方,その余については,集合ポストへの投函を含めて禁止する旨決定していた。そして,本件マンション玄関ホールの掲示板には,A4版大の紙に「チラシ・ビラ・パンフレット等広告の投函は固く禁じます。」と記載されたはり紙とB4版大の紙に「当マンションの敷地内に立ち入り,パンフレットの投函,物品販売などを行うことは厳禁です。工事施行,集金などのために訪問先が特定している業者の方は,必ず管理人室で『入退館記録簿』に記帳の上,入館(退館)願います。」と記載されたはり紙が掲示されている。
 弁護人は,政治ビラの配布が憲法21条1項によって保障された政治的表現の良由に基づくものであり,個々の居住者の情報受領権や知る権利の対象にもなることに照らせば,ビラの投函の禁止は,住民の総意や少なくとも管理組合総会によって決定されることが必要であると主張しているが,民間の分譲マンションであれば,区分所有者らがその点につき決定の手続を含め自由に決定する権利を有することは明らかであるし,本件では,管理組合の理事会がこれを決定し,掲示板にその旨を掲示していたところ,これについて住民から異論や苦情が出された事実はないのであるから,その理事会の決定は住民の総意に沿うものと認められる。

3 正当な理由について
 原判決は,本件マンションには部外者立入り禁止の意思表示が来訪者に伝わるような実効的な措置が執られていたといえないから,被告人の立入り行為が「正当な理由」のないものとは認められない旨説示する。しかし,本件マンションの構造,管理及び利用の状況に加え,はり紙の内容,位置等によれば,玄関ホールに,郵便等の配達や管理員に立入りの許否を確認しようなどとする部外者の立入りを許容する一方で、玄関内東側ドアより先は,エ事の施エや集金等のために訪問先が特定している者を除き,部外者の立入りは予定されておらず,各住戸のドアポストへのビラの配布を目的とする者も立入りを予定されていないことは明らかであって,そのことを来訪者に伝えるための実効的措置が執られていなかったとはいえないから, 原判断は是認できない。原判決は,本件マンションがオートロック方式ではなく, 管理人室に管理員が常駐しておらず,外階段を利用した出入りが可能であることなども指摘するが,オートロック方式を採用したり,管理人室に管理員を常駐させたりすることは,当該集合住宅の建設時期,構造変更の容易性,必要となる管理費の金額等とも関連するから,それらによらない限り部外者の立入りを禁止できないというのは,住民らの権利を不当に制約する。また,外階段を出入りする余地を残すことは,火災,停電等の際の住民の安全等のために必要なことであるから、その点を理由として部外者の立入りを禁止できないのも不当である。

4 住居侵入罪の成立について
 以上の本件マンションの構造等に加え,本件マンションがビラ配布のための部外者の立入りを許容していないことを被告人が知っていたと認められることなどを併せ考慮すると,被告人がビラを配布するために,本件マンションの共用部分である 玄関ホールを経て,1階通路,エレベーター,7階から3階の各階廊下及び外階段に立ち入った行為は,玄関内東側ドアより先への立入りはもちろん玄関ホールへの立入りを含め刑法130条前段の住居侵入罪を構成すると認めるのが相当である。

5 違法性阻却事由及び可罰的違法性について
 弁護人は,被告人の本件立入り行為が違法性を随却され,可罰的違法性を欠くと 主張する。確かに,被告人は,政治ビラを配布する目的で本件立入り行為に及んでおり,その目的自体に不当な点はない。しかし,住民らは住居の平穏を守るため,政治ビラの配布目的を含め,マンション内に部外者が立ち入ることを禁止できるのであり,本件マンションにおいては,管理組合の理事会によりそのような決定が行われ,これが住民の総意に沿うものであったと認められる。そして,本件マンショ ンの構造,管理,利用の状況等に照らせば,ビラの配布を目的として,住民らの許諾を得ることなく本件マンション内に立ち入り,7階から3階までの多くの住戸のドアポストにビラを投函しながら滞留した行為が相当性を欠くことは明らかであり,被告人のこの立入り行為につき違法性が阻却されるとか,可罰的違法性を欠くと解することはできない。

6 憲法21条1項との適合性について
 弁護人は,被告人の本件立入り行為を処罰することが憲法21条1項に違反すると主張する。確かに,憲法21条1項が保障する表現の自由は,民主的過程の維持等のために必要欠くべからざる基本的人権であり,最大限尊重されることが憲法上要請されている。しかし,憲法21条1項は,表現の自由を絶対無制限に保障したものではなく,今其の福祉のために必要かつ合理的な制限を是認するものであって,たとえ思想を外部に発表するための手段であっても,その手段が他人の財産権等を不当に害することは許されない。そして,本件マンションは,その共用部分といえ ども私人の財産権等の及ぶ領域であって,住民らはその意思に反する立入りを受認すべき地位にはないのであるから,住民らの委託を受けた管理員又は個別の住民の許諾を受けないで,本件マンションに侵入した本件の所為について刑法130条前段の規定を適用してこれを処罰しても憲法21条1項に違反するものではない。なお,このように解しても,立入りの禁止された本件マンションに立ち入って行うド.アポストへの投函以外の方法によってビラを配布することは可能であるし,ビラを配布する者が,個別の住民の許諾を得た上で,そのドアポストにビラを投函するために本件マンションに立ち入ることは禁止されておらず,住民らが管理組合の決議等を通じてビラ配布のための立入り規制を緩和することができないわけでもないのであるから,本件マンションの住民の情報受領権や知る権利を不当に侵害しているわけでもない。

7 破棄自判
 以上の次第で,被告人に対する住居侵入罪の成立を否定した原判決は法令の適用を誤っており,この誤りが判決に影響を及ぼすことは明らかである。論旨は,この限度で理由がある。よって,原判決を破棄し、証拠により,被告人は,正当な理由がないのに,平成16年12月23日午後2時20分ころ,多数名が居住する東京都葛飾区亀有2丁目所在の本件マンション内に侵入したとの事実を認定し,法律を適用して、主文のとおり判決する。

■■引用終了■■








★「憎しみはダークサイドへの道、苦しみと痛みへの道なのじゃ」(マスター・ヨーダ)
★「政策を決めるのはその国の指導者です。そして,国民は,つねにその指導者のいいなりになるように仕向けられます。方法は簡単です。一般的な国民に向かっては,われわれは攻撃されかかっているのだと伝え,戦意を煽ります。平和主義者に対しては,愛国心が欠けていると非難すればいいのです。このやりかたはどんな国でも有効です」(ヒトラーの側近ヘルマン・ゲーリング。ナチスドイツを裁いたニュルンベルグ裁判にて)
★「News for the People in Japanを広めることこそ日本の民主化実現への有効な手段だ(笑)」(ヤメ蚊)
※このブログのトップページへはここ←をクリックして下さい。過去記事はENTRY ARCHIVE・過去の記事,分野別で読むにはCATEGORY・カテゴリからそれぞれ選択して下さい。
また,このブログの趣旨の紹介及びTB&コメントの際のお願いはこちら(←クリック)まで。転載、引用大歓迎です。なお、安倍辞任までの間、字数が許す限り、タイトルに安倍辞任要求を盛り込むようにしていましたが(あまり実行できなかったが…)、辞任したので中止します(ここ←クリック)。
『社会』 ジャンルのランキング
コメント (30)   トラックバック (14)   この記事についてブログを書く
この記事をはてなブックマークに追加
« 軍隊をシビリアンコントロー... | トップ | カナダの軍オンブズマンの紹... »
最近の画像もっと見る

30 コメント

コメント日が  古い順  |   新しい順
Unknown (imacoco)
2007-12-14 20:43:53
誰かこの同じマンションで自民党のビラを撒いてみてくれないでしょうか。
後、創価学会とか幸福の科学とか、右派カルト系の新聞なんかもGOODかも。 (田仁)
2007-12-14 22:52:18
ま、原告の思想信条の方が、十中八九、国連の人権委員会とかだと問題になる種のモノである可能性が大と思いますけど。
個人通報制度の批准が無いのがくれぐれも悔やまれます。
この裁判では、衝立とか別室VTR方式とか、無かったんですかねぇ?!自衛隊情報保全隊・平沢勝共裏警察系工作員御用達の。
法政大方面の工作は、最初にパクられちゃった学生さんは無罪放免されたけど、学校内で「解放運動」してた学生さんが今度連れてかれちゃって。
敵さんは懲りません、って、ノビ太首相の答弁とか聞いてると言うまでも無い事でしたか?かも。
ナイスアイデアですね (暴れん坊将軍)
2007-12-14 23:49:48
imacocoさん、それいいアイデアですね!

多分、自民党のなら騒がないどころか、ビラの内容に共鳴するかもしれませんね(笑)

ビラ撒きで有罪にされてしまうのは共産党だけでなく、社民党と国民新党にもダメージになってしまいます。

自民党には電通と財界企業、公明党には創価学会、民主党には博王堂と財界企業がいますから、ビラ撒きという古典的な宣伝をしなくても済むかもしれませんが、共産党や国民新党、社民党のような大組織が背後にいない政党はビラ撒きをせざるを得ない状況にあります。

今回の判決は規模の小さい政党に対する弾圧と個人的に受け止めてます。
官僚主義・全体主義の判決です。 (東西南北)
2007-12-15 00:19:24
「弁護人は,政治ビラの配布が憲法21条1項によって保障された政治的表現の良由に基づくものであり,個々の居住者の情報受領権や知る権利の対象にもなることに照らせば,ビラの投函の禁止は,住民の総意や少なくとも管理組合総会によって決定されることが必要であると主張しているが,民間の分譲マンションであれば,区分所有者らがその点につき決定の手続を含め自由に決定する権利を有することは明らかであるし,本件では,管理組合の理事会がこれを決定し,掲示板にその旨を掲示していたところ,これについて住民から異論や苦情が出された事実はないのであるから,その理事会の決定は住民の総意に沿うものと認められる。」

 弁護人の主張が憲法上、諸個人に保障する知る権利を最大限に保障するものであるのに対し、裁判所の主張は、諸個人の知る権利を管理組合の規則が不必要に制限するものです。

 
 知る権利を最大限に保障する態度からいえば、「本件では,管理組合の理事会がこれを決定し,掲示板にその旨を掲示していたところ,これについて住民から異論や苦情が出された事実はないのであるから,その理事会の決定は住民の総意に沿うものと認められる。」という判断は誤りです。

 異論や苦情が出ないということは、具体的に日本共産党のビラを拒絶するということを意味しない。それは個別住民が個別に判断することであり、管理組合が決定することではない。例えば、住民の中には「日本共産党のビラは受け取るが、公明党のビラは受け取らない」という人もいます。住民に思想・信条の自由がある以上、管理組合に「私のドアポストには日本共産党のビラは入れてもよいが、公明党のビラは入れないでください」と表明しないのは当然に自由です。もちろん、表明するのも自由。こうして具体的に見れば、管理組合の決定に異論や苦情がでないことを以って、今回の日本共産党のビラ受領を住民全員が拒否していたとは断定できないのであり、弁護人の主張が憲法上、要請されていると判決しなおすべきです。
Unknown (花)
2007-12-15 00:41:53
そのニュースのあと、自民党議員がビラ撒きしてるところがニュースに流れてましたよ。
「次の選挙が大変だから」って、リポーターに言ってました。

そのマンションではない集合住宅団地でしたけど。

一党独裁の弊害はここまできたかの感があります。
自民党のチラシだと (imacoco)
2007-12-15 12:20:03
逆に廊下に貼り出すかもしれないですね。拡大コピーして(笑) それから、私の知っている人は「思想的」「イデオロギー的」なものはよろしくないと、故意に避けますが、よくよく見るとその人は、権力に逆らうと怖いと云う部分から全ての理屈を造り上げているのです。

本人は気が付いていないみたいですが。

Unknown (完全体)
2007-12-15 18:30:27
なぜ共産党だけが通報されたと思います?

止めろといっても止めないんですよ、彼らは。
過去に民主党のビラ撒きを注意した事がありますが、その人は平身低頭謝罪してその場を立ち去りました。
共産党のビラ撒きに対しても同じように注意した事がありましたが、彼らは逆に食って掛かるんです。
あれは非常に迷惑です。よっぽど通報してやろうかと思いましたが、マンション入り口が騒然となるような事態は避けたかったので止めました。葛飾のマンションには、私よりも少しだけ行動的な人がいたというだけの事でしょう。
完全体さん (imacoco)
2007-12-15 20:10:25
何故、ビラまきを注意するの? 政治的な行為を隠したいと云う気持ちがあるからじゃないの?

それに、共産党の人はおしなべて、訴えを聞いてもらいたいと云う気持ち、強いですよ。 ムキになるのも、そういった気持ちの現れだと思うけど。 ずーっと長い間、迫害されて来た歴史があるからね。









完全体さん (暴れん坊将軍)
2007-12-15 20:32:47
注意しても止めないのは、共産党に限らず、どんな組織にも必ずいます。

一部の人間の非で全体を攻撃するのは

「木を見て森を見ず」

「一事が万事」

という事になってしまいます。

貴方のコメントを見ていますと、自分を立場の強い方(自民党)に自分を投影して、あたかも自分が立場の強い方にいるかのように振る舞っている感じを受けます。

典型的なネット右翼によくあるタイプですけど。
Unknown (江戸 紫)
2007-12-15 20:52:26
 私の共産党に対する偏見だと思うけど、あの人達って妙に周りの空気を読まずに行動する時があるよね・・・

コメントを投稿

ブログ作成者から承認されるまでコメントは反映されません。

メディア(知るための手段のあり方)」カテゴリの最新記事

関連するみんなの記事

14 トラックバック

この記事のトラックバック  Ping-URL
ブログ作成者から承認されるまでトラックバックは反映されません。
07年12月14日・金曜日  石原知事は嫌いだけれど (護憲+グループ・ごまめのブログ)
07年12月14日・金曜日  石原知事は嫌いだけれど 1・石原知事は傲慢さが好きでないが、時々良いこともいう。{/arrow_r/}(ここをクリック) 法人事業税の財源の移譲で国家に対していちゃもんをつけていた。その始終番組の字幕スーパーの文字を拾ってみた。  言うなれば、...
国は国民を救わない (高野 善通のブログアネックス)
 薬害肝炎訴訟で、大阪高裁は和解案として、救済範囲を東京地裁で示された極めて限定的範囲にとどめたものをもって交渉しようとしました。当然のことながら、一律救済を求めた原告としては納得いかない怒りの記者会見となりました。  結局、国というものは、自ら行って...
葛飾ビラ配布事件、池田修裁判長の判決は「へ理屈」で「恣意的」、「声の小さな人たちがますます声をあげられなくな」り、「だれもが... (さるのつぶやき)
 12月11日の東京高裁判決(12月12日の記事)は、本当にいいかげんなものでし
アホでマヌケな日本人 (ダブルムーンの独り言)
 フォーフォッフォ  わしは誰じゃと?神じゃ。神など居ないというのか、そなた。  わしは、今の日本を作ったんじゃ。このごろ、わしの国をメチャクチャにした奴が多い。  ほれ、この間の第二次世界大戦など、ひどいものじゃった。アメリカのトル...
共産党のビラ配布が有罪なら、『不動産』や『宅配ピザ』『民主党』などのビラ配布も有罪という理屈に… (嶋ともうみ☆たしかな野党を応援し続ける勇気を!)
 葛飾ビラ配布事件 逆転有罪の不当判決 東京高裁 違法弾圧を追認(2007年12
日本共産党が党名を変えた(変更した)場合に私が予想する苦労と混乱 (嶋ともうみ☆たしかな野党を応援し続ける勇気を!)
 「共産党は党の名前を変えた方が伸びる」と思い込んでる人もたくさんおられると思い
【閑話休題】最近気になったこと2題 (「猫の教室」 平和のために小さな声を集めよう)
図らずも、続き物になってしまった、「弱者が自民党を支持する理由」シリーズですが、職場からアクセスされている方も多いようなので、結論部分は月曜日以降に書かせていただきます。 代わりに、続き物として書いていた間に起きたこと2つに、私の態度表明をしておきま...
共産党のビラを配ったお坊さんのこと (キリスト者として今を生きる)
[[attached(1,right)]] ||<#FFFFFF'style='font-size:11pt'`` '''清少納言に倣って「いとわろきもの」'''|| ||<#FFFFFF'style='font-size:11pt'`` '''「股上の浅きジーンズを履き...
自衛隊の一般人監視諜報活動から言論・表現の自由への攻撃、そしてインターネット規制まで (村野瀬玲奈の秘書課広報室)
(人気blogランキング参加中。応援クリックお願いします。) 先日、下に示す私のエントリーで、元自衛官の「猫に小判」さんの勇気あるブログを紹介させていただきました。 「某国...
政党ビラ配りと住居侵入罪の成否(下)~東京高裁平成19年12月11日判決 (Because It's There)
「政党ビラ配りと住居侵入罪の成否(上)~東京高裁平成19年12月11日判決」の続きです。(12月16日追記:ところどころ説明を追加しました)。 1.まず、この事件の事...
ドアポストへの政党ビラ配布は住居侵入に相当?─この“事件”の首謀者の真の目的は… (もーちゃんの部屋)
JUGEMテーマ:ニュース 共産党ビラ配り、僧侶に逆転有罪  ドアポストに共産党のビラを配布する目的で分譲マンションの廊下に無断で入ったとして、住居侵入罪に問われ、1審東京地裁で無罪になった東京都葛飾区の僧侶、荒川庸生被告(60)の控訴審判決公判が11...
自分の人生に責任を持ってこそ“大人”・・・それでも夢を追うなら地に足をつけよ (八田修一・奇跡の言霊ブログ(旧・奇跡の占いブログ))
火曜以降のことについて記そう。まず、火曜は過労からくる発熱のため仕事をキャンセル。病院へ薬を貰いに行ったのは実に3年半ぶりだった。昼から夕方にかけてベッドで体を横たえるのも悪くない。慢性的な肩凝りからきていた、奥歯の痛みも解消したようだ。完全復活した水...
「迷惑」と「刑事罰」の整合性と、「私的自治」の法的有効性・無効性 (葛飾政党ビラポスティング裁判・東京高裁逆転有罪判決をめぐ... (村野瀬玲奈の秘書課広報室)
さる2007年12月11日、葛飾政党ビラポスティング裁判の東京高裁判決でビラをポスティングした被告に逆転有罪判決が下されました。まずこの判決への私の短評を書きます。 ビラのポ...
東京・葛飾ビラ配布弾圧事件 最高裁上告審判決を前にして (村野瀬玲奈の秘書課広報室)
  当秘書課広報室では、ビラポスティングを有罪にするいくつかの事件について何度かていねいに説明する記事を書きました。 ■ビラのポス...