情報流通促進計画 by ヤメ記者弁護士(ヤメ蚊)日隅一雄

知らなきゃ判断できないじゃないか! ということで、情報流通を促進するために何ができるか考えていきましょう

広告

※このエリアは、60日間投稿が無い場合に表示されます。記事を投稿すると、表示されなくなります。

米国のために共謀罪をつくらせるための条約~米国国務省の役人の本音→日本の外務省の本音

2006-10-21 00:23:23 | 共謀罪
米国上院の外務委員会で国際組織犯罪防止条約について審議された議事録(←クリック)を発見した!ちょっと大変だったが、国務省役人サミュエル君の非常に興味深い発言を見つけた。

Since the relevant U.S. criminal laws already provide for broad and effective application in these areas, we can comply with the Convention's criminalization obligations without need for new legislation.The value of these Convention provisions for the United States is that they oblige other countries that have been slower to react legislatively to the threat of transnational organized crime to adopt new criminal laws in harmony with ours.
という部分。

翻訳:米国にはこれの分野において適用範囲の広い効果的な法制度を持っているから、われわれは、新しい法律を制定することなく、これらの条約を批准できる。これらの条約の規定の米国における価値は、条約が国際組織犯罪の脅威に法的に対応するのが遅い他の国にわれわれの法律と合う新しい刑法を作らせることにある。


アメリカの本音がここにある。アメリカは、利権のために外国を攻撃する「戦闘状態」国家だ。その国家が採用している非常態勢にほかの国も巻き込もうとしている。つまり、アメリカが戦争を続けるために、平和な他国をアメリカの警察として利用しようとしている…。そうなれば、平和だった他国もアメリカ同様、テロ=レジスタンスの攻撃目標となる可能性がでてくる。アメリカは、他国に、「アメリカの国民を守るためにあんたの国も死ぬ気で協力しろ(あ、でも、利権は上げないよ~)」と言っているも同然…。このことが明らかとなる発言だ。

だからこそ、アメリカを主人と仰ぐ外務省が、共謀罪の事をHPに掲載するなど(←クリック)必死になって共謀罪を通過させようとしてるのだ。

怒れ、民族派の諸君!(国境粉砕派の私でさえ怒っているのだから…)
そもそも、国際組織犯罪防止条約は、マフィア対策のための条約であって、テロ対策のための条約ではない。マフィアと言えば、日本では暴力団だが、警察は暴力団を真剣に取り締まっているのか?取り締まっても取り締まっても、これ以上、無理だから何とか新しい武器をくれっていうなら、まだしも、片方で暴力団とお手手つないでおきながら、他方で共謀罪をつくってくれってどういうこと?マフィア対策になんか使うつもりはないってことではないか??


なお、共謀罪バトル(←クリック)を毎日が取り上げています!

【犯罪を事前に話し合っただけで罪に問える共謀罪を巡り、法務、外務両省と日本弁護士連合会が互いのホームページ(HP)で異例の論戦を繰り広げている。共謀罪を新設する組織犯罪処罰法改正案は、来週にも衆院法務委員会で審議入りする可能性が出ているが、国会論戦に先行してHP上の対決がヒートアップしている】




※このブログのトップページへはここ←をクリックして下さい。過去記事はENTRY ARCHIVE・過去の記事,分野別で読むにはCATEGORY・カテゴリからそれぞれ選択して下さい。
また,このブログの趣旨の紹介及びTB&コメントの際のお願いはこちら(←クリック)まで
『社会』 ジャンルのランキング
コメント (7)   トラックバック (20)   この記事についてブログを書く
この記事をはてなブックマークに追加
« ラジオを燃やされないために... | トップ | 【重要】政府・与党が共謀罪... »
最近の画像もっと見る

7 コメント

コメント日が  古い順  |   新しい順
アメリカの本音 (JesusMary)
2006-10-21 01:02:56
こんばんは。

トラックバックを送ってくださってありがとうございます。



今、共謀罪の元になった条約を批准した国で、法律を変えたところがあるかどうか、調べていまして、http://www.unodc.org/unodc/en/crime_cicp_signatures_convention.html

この国連のウェブサイトを読んでいるところです。



批准にあたり、アメリカは

U.S. federal criminal law, which regulates conduct based on its effect on interstate or foreign commerce, or another federal interest, serves as the principal legal regime within the United States for combating organized crime, and is broadly effective for this purpose.

とありまして、鼻息の荒さが伝わってきます。
Unknown (ニャンケ)
2006-10-21 08:17:13
トラックバックを送っていただきありがとうございました。

僕は残念ながら民族派じゃないのですが、この共謀法は、法律的に見てもあまりに杜撰で、普遍性や論理性がなさすぎます。いくらでも人権抑圧が可能となるこの法律が成立してしまうと、法治国家としての足元が危うい事態がおこることが憂慮されます。

力を合わせてこの法案の強行採決を阻止しましょう。
トラックバックから来ました (原毅)
2006-10-21 13:49:35
トラックバックありがとうございます。

言いたいことが言えなくなることがどんなに恐いことか、想像しただけで背筋が寒くなります。何としてでもこの馬鹿法案が廃案になってくれることを祈っています。
TBありがとうございました (Rolling Bean)
2006-10-21 17:35:21
このたびは弊ブログにTBありがとうございます(出張で反映が遅れてしまいました)。



イメージ先行で運用が不明確な法案には必ず裏に大きな組織的圧力があると感じていますが(教育基本法改訂しかり)、このような明確な属国扱いの資料があったのですね。



「いま以上に」自由にものを話せなくなる世の中になること、次世代への取り返しのつかないツケを残すことには絶対抵抗したいです。
Unknown (ゴーヤン)
2006-10-22 02:40:53
こんにちわ^^

こちらはまた詳しく書かれてますねぇ!

またちょくちょく見させてもらいに来ます♪

私は共謀罪の詳細について詳しく読んでるわけじゃないけど、かなり恐ろしそうな感じはヒシヒシと感じています。

たとえば1:こうやって今、唯一真実を伝えてる手段ネットブログなんかも、政府やアメリカの批判をするようなものはほとんどが処罰の対象になり、我々一般庶民にとって真実を知る機会が無くなってしまうんじゃないか??

たとえば2:今でも政府にとって都合の悪い人間はあらぬ罪をきせられたり、あるいはごく軽微な罪で捕まえて活動できなくしてしまったりしてるけど、これがもっとひどくなるんでしょうね(^。^;;

極端な可能性で言うなら、「思考盗聴システム」なんかを悪用して、予め故意にそういった情報をその人間(政府にとって都合の悪い人間)の脳に送り込んでから記憶を調べ、それを証拠にして逮捕とか・・・

国民の大多数は、情報操作されたマスコミの報道をそのまま鵜呑みに信じていて、真実を伝えたいと思ってる人たちが何を言っても見向きもしないような状況で、もはやなるようにしかならないんでしょうかね・・・(;^_^A アセアセ
皆さま、ご覧いただきありがとうございます (ヤメ蚊)
2006-10-22 08:11:38
ずっとフォローしていないとわかりにくいところもありますが、そのようなところは、いったん、すっ飛ばして読んでいただき、わかりやすいところから押さえていただくだけでも、変な条約、変な法律だっていうことはよく分かっていただけると思います。

TBありがとうございます (黒い安息日(クロアン))
2006-10-22 18:57:47
当方ブログにTBありがとうございました。僕の記事にはアメリカとの関係は書いてないのですが、どう考えてもこの法律「悪法」です。まして与党に宗教政党がいるこの日本でこの法律をとおしてしまうと、トンデモない化け物国家を作ってしまう可能性すら秘めてます。アメリカの奴隷で池田の奴隷になる1億の日本国民…。そんな日本絶対イヤ!

コメントを投稿

ブログ作成者から承認されるまでコメントは反映されません。

共謀罪」カテゴリの最新記事

20 トラックバック

この記事のトラックバック  Ping-URL
ブログ作成者から承認されるまでトラックバックは反映されません。
共謀罪強行採決のおそれ!? (飛語宇理日記)
共謀罪は10月24日、衆院法務委員会法案審議冒頭に強行採決か!? http://www.janjan.jp/government/0610/0610190019/1.php 日弁連と与党がバチバチやりあってるらしい。 10月24日かぁ、根拠はないけど、ちょうどそのころ北の二回目の核実験あったりして ...
《本事件のあらすじ・筆者から一言》 (不動産鑑定士半兵衛の権力との闘い)
私は、国税の職員による不正について抗議し、国税庁長官らの責任を厳しく追及してきま
重大情報!共謀罪は10月24日法務委員会法案審議冒頭に強行採決か!? (本に溺れたい)
>転載歓迎< 重大情報!共謀罪は10月24日法務委員会 法案審議冒頭に強行採決
自民政調会長と外務大臣を〈共謀罪〉でしょっぴけ! (本に溺れたい)
 与党幹部が、北朝鮮のヘナチョコ失敗核実験に事寄せて、核保有を示唆する発言をする
核議論で圧力をかけたいのだとすれば、どこかの国と一緒では?   +前原はやっぱ前原だった (日本がアブナイ!)
  ただでさえ安倍政権の構想には問題が多くて、彼がわが国の首相になってしまうと いうだけで、ミュ~ミュ~(イヤだイヤだ)状態だったのに・・・。  まずは、教育基本法の改正&再生の問題でツッコミまくろうと思っていたのに。  北朝鮮の核実験の報 ...
共謀罪の強行採決に警戒警報が! (日本がアブナイ!)
 共謀罪の強行採決に関する「警戒警報」です!  海渡雄一弁護士が、10月24日の法務委員会で共謀罪が強行採決されるかも知れ ないという「警戒警報」の文書を出された。  文末にアップするので、是非、お読み頂きたい。  共謀罪は今年前半の ...
恐ろしい国へ の続き (暇人ブログ)
以前このブログで書いた ↓ 恐ろしい国へ 鹿児島県議員選挙における選挙違反疑惑事件で、 9月29日 検察は中山被告に懲役1年10月、ほかの被告にも1年2月から6月の懲役刑を求刑しました。 警察があれだけの捏造をしていながら、被告の皆さんが「自白をした ...
国民投票法案の質疑入りを自民提案 (花・髪切と思考の浮游空間)
共謀罪強行採決の動きを、多くのブロガーのみなさんが紹介されている。衆院憲法調査特別委員会では、改憲手続き法案(国民投票法案・与党案、民主党案)をめぐり今後の日程が協議された。これは、平和志向法律屋「DANZO」さんも紹介されているが、次の記事が ...
ニューロニクス (株の裏)
少し別記事を挟みましたが、再度「思考盗聴システム」関連の記事に戻ります。 ニュー
油断も隙も、ありゃしねぇ!! (かめ?)
わしがちょいとばかり激しく(って、どのぐらいよ?)仕事にはまっている間に、悪巧みをしていたヤツらがいるらしい。 ↓ハムニダ薫さんからのトラックバックで教えていただきました。 共謀罪を強行採決させないために法務委員会の名簿をご活用ください。 10 ...
共謀罪と教育基本法 (川辺より)
うつくしい くにに似合わぬ 共謀罪
「共謀罪またも強行採決の危険性」と、「耐震偽装事件の新展開」と (野良狸の巣)
 共謀罪の強行採決が、大阪・神奈川の2つの衆議院補欠選挙後に来るのでは、という予想が立てられていることと(詳しい話はそれ相応のブログへどうぞ~←不親切ですけど)、それと、耐震偽装事件のことで、ようやくにしてなんだか、新展開が起きたみたいで。   ...
ゼロを集計して足してゼロ (Like a rolling bean (new) 出来事録)
日本がアブナイ! のmewさんが本日、わたしの昨日のエントリー (教育再生会議初会合)に、リンクを張ってくださいました 。 おそれ多くもありがたきことです。今後ともよろしくお願いします。 よりによって明日~明後日とちょっと遠くに缶詰になって集 ...
共謀罪 強行採決ってか (備忘録・脱力ブログ)
  またまたやってくれるは、自民党はん、国会でまともに答えられん法務省、北朝鮮の核実験で煽られて、安倍に風が吹いたところで、共謀罪の導入ですか。「新自由主義」のかなり忠実だった小泉はそれほど積極的でなかったが、嘘っぱちの愛国、出鱈目な「新自 ...
国会答弁をウソで塗り固めても無理やり通したい共謀罪 @ウソがばれ続けて手も足も出なくなると強行採決って暴挙でしょうか? (ぬぬぬ?)
ウソで塗り固められた国会答弁。。。ですか。 <共謀罪>米の条約留保知りながら外務省「問題ない」と答弁 米国が「一部の州には限定的な共
共謀罪強行採決をひた隠しする自民党の後出しジャンケンって汚いって @神奈川16区、大阪9区衆議院補欠選挙ってそんな感じか (ぬぬぬ?)
衆院統一2補選、神奈川16区、大阪9区、は今週末の22日投開票 ところが一時は引っ込めたと言う話まで出たはずの、『例の』共謀罪を"選挙が終わった途端"強行採決に出してくるという弁護士先生のお話し  選挙が終わって、
安倍晋三は衆院補選前だから「共謀罪強行採決」を隠しているのか? (きまぐれな日々)
平日の日中は、ちょっとしたTBやコメントへの対応はともかく、ブログに記事を書くほどのまとまった時間がとれない(メモ代わりの「kojitakenの日記」にだったら走り書きのような記事は書けるけど)。だから、記事を書くのは夜間
共謀罪:政府vs日弁連 HPで論戦過熱 (政治・経済 メモ代わりに・・・)
「MSN毎日インタラクティブ」より転載。(★引用開始★)共謀罪:政府vs日弁連 HPで論戦過熱 犯罪を事前に話し合っただけで罪に問える共謀罪を巡り、法務、外務両省と日本弁護士連合会が互いのホームページ(HP)で異例の論戦を繰り広げている。共謀罪を新 ...
ヤバいぞ、キツいぞ「共謀罪法案」 (不定期更新♂クロアンの日々♂)
「共謀罪法案」って知ってますか?これがまたとんでもない悪法で、簡単に言うと違法行
「共謀罪は10月24日、強行採決か」 (カームラサンの奥之院興廃記)
 以前問題になった「共謀罪」について、また不穏な動きがあるそうです。。。知人の朝松先生の日記から知りました。  本当に、性懲りもなく、、またか、、、という感じですが、看過できない由々しきことです。 「共謀罪の行方に関心を寄せるすべての方へ     ...