情報流通促進計画 by ヤメ記者弁護士(ヤメ蚊)日隅一雄

知らなきゃ判断できないじゃないか! ということで、情報流通を促進するために何ができるか考えていきましょう

広告

※このエリアは、60日間投稿が無い場合に表示されます。記事を投稿すると、表示されなくなります。

朝日・東京新聞の共謀罪スクープに関する解説~その2

2006-10-03 18:27:15 | 共謀罪
英国がなぜ,参加罪を変容して,行為への参加罪を提案したのか,それは,一つには,英米法系の共謀罪,大陸法系の参加罪いずれをも受け入れられない国があるために何らかの打開策をとらなければ国際組織犯罪防止条約を成立されることができないと踏んだことであり,もう一つには共謀罪の要件を緩和することは自らの国内法についても緩和するようにとの声が出てくることを防ぐためであったと思われる。条約検討過程で,共謀罪,参加罪の要件に関して本格的に検討される前に,先手を打って,参加罪の要件を緩和することで乗り切ろうとしたのであろう。

この英国案が提案されたと同じ日,日本が独自の案を提案している。それがいわゆる第3のオプションだ。

(iii) Participation in acts of an organized criminal group that has the aim of committing a serious crime, in the knowledge that the person’s participation will contribute to the achievement of the crime.
(重大犯罪を実行することを目的とする組織犯罪集団の行為に,自らの参加がその重大犯罪を実現することに貢献することを知りながら,参加すること)

英文なので少しややこしいが,イギリスが提案した行為への参加罪とを比較すると,違いが分かってくる。


イギリスが提案した行為への参加罪の条文は,

b. Other activities of the group in the knowledge that the person’s participation will contribute to the achievement of the above-described criminal aim.
(自らの参加が上述した一般的な犯罪目的を成し遂げることに貢献することを知りつつ行う組織的犯罪集団のそのほかの活動)

である。

ポイントは,

contribute to the achievement of the crime
(その重大犯罪を実現することに貢献すること)



contribute to the achievement of the above-described criminal aim
(上述した一般的な犯罪目的を成し遂げることに貢献すること)

である。


答えを急ぐ前に,日本の提案全文(一部略)と提案理由を見ておく。

■■日本の提案(←クリック)■■

Article 3(3条)
Participation in a criminal organization
(犯罪組織への参加)

1. Each State Party shall establish as criminal offences the following conduct:
(各国政府は,次の行為を犯罪化しなければならない)

(a) Organizing, directing, aiding, abetting, facilitating or counselling the commission of serious crime involving an organized criminal group;
(組織的犯罪集団が関与する重大犯罪の実行を組織し,支持し,幇助し,教唆し,助長し,相談すること)

and,subject to the fundamental principles of its domestic legal system,
(国内法の基本原則に従いながら)※ここは新設

(b) At least one of the following as criminal offences distinct from those involving the attempt or completion of the criminal activity:
(未遂あるいは既遂の犯罪とは独立した犯罪として次のうちの一つ以上)

(i) Agreeing with one or more other persons to commit a serious crime involving an organized criminal group for any purpose relating directly or indirectly to the obtaining of a financial or other material benefit and, where required by domestic law, involving an act undertaken by one of the participants in furtherance of the agreement;
(金銭的あるいはそのほかの物質的利益を得るために直接的あるいは間接的に関係のある目的のために,組織犯罪集団の関与する重大犯罪を行うことをほかの人と合意すること。ただし,国内法上必要であれば,合意した者の一人が合意内容を推進するために行為を行うことを要件とする)

(ii) Conduct by a person who intentionally, and with knowledge of either the aim and general criminal activity of an organized criminal group or its intention to commit the crimes in question, takes active part in:
(組織的犯罪集団の一般的な犯罪目的を推進するか,組織犯罪集団が特定の犯罪を行う意図を有することを知りながら,故意に参加する次の行為)

a. Activities of an organized criminal group referred to in article 2 bis of this Convention;
(本条役第2条bisに記載された組織的犯罪集団の行為)

b. Other activities of the group in the knowledge that the person’s participation will contribute to the achievement of the above-described criminal aim;
(自らの参加が上述した一般的な犯罪目的を成し遂げることに貢献することを知りつつ行う組織的犯罪集団のそのほかの活動)

(iii) Participation in acts of an organized criminal group that has the aim of committinga serious crime, in the knowledge that the person’s participation will contribute to the achievement of the crime.
(重大犯罪を実行することを目的とする組織犯罪集団の行為に,自らの参加がその重大犯罪を実現することに貢献することを知りながら,参加すること)※これも当然,新設


■■日本の提案理由(←クリック,7頁以下)■■

Proposals on article 3 (option 2) of the main Convention as presented in document A/AC.254/L.1/Add.2(主たる条約に関する提案)

1. Japan would like to present proposals on article 3, which is one of the most important and challenging articles in the draft Convention: important because this article, by imposing legal obligations on the contracting Parties to criminalize participation in a criminal organization, will provide effective measures in combating organized crime; and challenging because the introduction of the offence of participation is closely related to the basic principles of the domestic legal system of each State. (日本は,最も重要で困難な条約3条について,提案する。(中略)困難というのは,共謀罪・参加罪の導入が各国の国内法システムの基本的原理と関係するからである)

2. The difficulty in introducing an obligation to criminalize the act of participation can be seen in the two options to article 3 themselves. Both provide two options in criminalizing the conduct, one based on the notion of conspiracy in the common law system and the other based on the notion of participation found in the civil law system. (3条が共謀罪と参加罪の二つのオプションを設けていること自体,困難性を示している。二つのオプションによって,英米法系のシステムにおける共謀罪という概念に基づいた犯罪類型と大陸法系のシステムにおける参加罪という概念に基づいた犯罪類型から選択できる)

3. However, in order to make this Convention as global as possible, the obligation stipulated in this article should also be acceptable to other legal systems in the world. In addition, this article should have some nexus to the notion of "organized crime" or "organized criminal group" to be defined in article 2 and article 2 bis. (しかし,この条約を世界各国が締結できるようにするためには,(英米法系,大陸法系以外の)ほかのシステムを持っている国でも受け入れられるようにしなければならない。また,この条項は,2条などに定めた「組織犯罪」や「組織犯罪集団」という概念とも関連している)

4. This proposal is made in the light of the above consideration and based on option 2 of article 3, which was proposed by the United Kingdom of Great Britain and Northern Ireland. Japan believes that the revisions of option 2 presented below are essential and minimum requirements for the obligation in this article to be acceptable to other legal systems in the world.(この提案は,イギリスと北アイルランドが提案した3条のオプション2に関する上記のような観点に基づくものである)

5. Subparagraph 1 (b) of article 3 introduces a legal obligation to criminalize the act of "participation". As stated above, the criminalization of "participation" is closely related to the basic principles of the domestic legal system of each State. For example, under the basic principles of Japanese criminal law, certain acts are punishable only when the crime in question is actually committed or attempted, and conspiracy or preparatory acts are punishable only in certain grave crimes. Thus, it is inconsistent with our legal principle to criminalize the acts of conspiracy and preparation of all serious crimes. Furthermore, our legal system does not have any provision which criminalizes acts of participation in certain criminal groups without any relevance to the commission of a concrete crime. Therefore, the obligation to criminalize the acts of "participation" should be realized within the framework of the fundamental principles of the domestic legal system. (3条1項(b)は,参加罪という概念を導入するものである。上述したとおり,参加罪という概念は,各国の国内法の基本原則と密接に関連する。例えば,日本の国内法の原則では,犯罪は既遂か未遂段階に至って初めて処罰されるのであり,共謀や参加については,特に重大な犯罪に限定して処罰される。したがって,すべての重大な犯罪について,共謀罪や参加罪を導入することは日本の法原則になじまない。しかも,日本の法律は,具体的犯罪を実行しないである犯罪組織に参加すること自体を犯罪化する規定を有していない。それゆえ,参加行為の犯罪化を実現するためには,国内法システムの基本原則の範囲内で実現化するほかない)

6. Thus we propose to insert the phrase "Subject to the fundamental principles of its domestic legal system" between subparagraphs 1 (a) and (b) of article 3. (そこで,日本は,3条の1項(a)と(b)の間に,「国内法の基本原則に従って」というフレーズを加えることを提案する)

7. Subparagraph 1 (b) (i) of article 3 refers to the criminalization of "conspiracy" to commit a "serious crime", which is defined in subparagraph (b) of article 2 bis as conduct constituting a criminal offence punishable by a maximum deprivation of liberty of at least [...] years. Since the scope of this Convention should include some element related to "organized criminal activity", there should be some limitation to this provision in order to make it relevant to such an element. For the time being, such an element could be found in paragraph 1 of article 2 of the draft Convention, i.e. "serious crime involving an organized criminal group as defined in article 2 bis" as well as in subparagraph 1 (a) of article 3.(3条の1項(b)()は,「重大犯罪」を犯すことを「共謀する」ことを犯罪化するものである。ここでいう重大犯罪とは,2条の2の(b)で「長期●年以上の懲役に処せられる犯罪を構成する行為」と定義されている。この条約の範囲が組織犯罪行為に関連する要素を含まなければならない以上,そのような要素に関連させるためにこの規定は,限定されなければならない。そして,このような要素は,条約案2条1項及び3条の1項(a)に2条の2に定義された組織犯罪集団の関与する重大事件という部分に見られる)

8. Thus, we proposed to insert the phrase "involving an organized criminal group" after the phrase "a serious crime" in the first line of the English text in subparagraph 1 (b) (i) of article 3, with the possibility of changing the phrase in accordance with the future development in the drafting of paragraph 1 of article 2. (そこで,日本は,3条1 項(b) (i)の次に「組織犯罪集団の関与する」というフレーズをいれることを提案する。ただし,もし,2条1項の文言が変わればそれに従うものとする。)

9. Our basic position is that the notion "involving an organized criminal group" should mean activities conducted as part of the activities of a group having as its aim the commission of a serious offence and utilizing the structure of such a group. (日本の基本的立場は,「組織犯罪集団の関与する」という概念は,重大犯罪を実行することを目的とする集団の行為の一部として行われることあるいはそのような集団の組織を拡大する行為の一部として行われることを意味する,というものである)

10. Subparagraphs 1 (b) (i) and (ii) are drafted so as to introduce offences within the framework of either the common law system or the civil law system. In order to make this Convention globally acceptable, we believe that a third option, to criminalize the acts of "participation", should be introduced, taking into account the fact that the legal systems in the world are not limited to these two systems. (3条1項(b)の()と()は,英米法系あるいは大陸法系のシステムのいずれかに合致するものとして導入されるように考案されている。条約をさらに多くの国が受け入れられるようにするためには,世界各国のの法大系が英米法,大陸法という2つのシステムに限定されていないことから,第3のオプション,すなわち「参加して行為する」ことを犯罪化するオプションを考慮に入れなければならない)


11. Thus, we propose, as a basis for discussion, to add the following new subparagraph to subparagraph 1 (b) of article 3: (そこで日本は,3条1項(b)に次のような新しい条項を設け,新たなオプションとするべきだと提案する)
"(iii) Participation in acts of an organized criminal group which has the aim of committing a serious crime, in the knowledge that the person’s participation will contribute to the achievement of the crime." (()その行為に参加することが犯罪を既遂とすることに貢献することを認識しつつ,重大犯罪を実行することを目的とする組織犯罪集団の行為に参加すること)

12. Accordingly, we proposed to change the first three words in the chapeau of subparagraph 1 (b) from "Either or both" to "At least one". (この変更に伴い,3条1項(b)の柱書の文言を「一つあるいは両方」から「少なくとも一つ」に変えるよう提案する)


『社会』 ジャンルのランキング
コメント (2)   この記事についてブログを書く
この記事をはてなブックマークに追加
« 朝日・東京新聞の共謀罪スク... | トップ | 最高裁,証言拒絶認める~こ... »
最近の画像もっと見る

2 コメント

コメント日が  古い順  |   新しい順
誤植報告 (まじっく)
2006-10-04 08:54:21
日本の提案理由の一部分、

’2条の2の(b)で「長期●年以上の懲役に処せあっれる犯罪を構成する行為」と定義されている。’

の、’懲役に処せあっれる犯罪’は、’懲役に処せられる犯罪’でしょうか?

ありがとうございます (ヤメ蚊)
2006-10-05 07:54:48
早速直しました。

コメントを投稿

ブログ作成者から承認されるまでコメントは反映されません。

共謀罪」カテゴリの最新記事

トラックバック

この記事のトラックバック  Ping-URL
ブログ作成者から承認されるまでトラックバックは反映されません。