情報流通促進計画 by ヤメ記者弁護士(ヤメ蚊)日隅一雄

知らなきゃ判断できないじゃないか! ということで、情報流通を促進するために何ができるか考えていきましょう

広告

※このエリアは、60日間投稿が無い場合に表示されます。記事を投稿すると、表示されなくなります。

「ブレーキなし。問題なし。」ナイキの看板、問題なし。JUST DO IT.~抗議で撤去、やな感じ!

2007-05-05 06:28:20 | メディア(知るための手段のあり方)
月刊「創」6月号によると、渋谷パルコの壁面のナイキの上記広告が掲示後わずか2日で撤去されたらしい。「ブレーキのない自転車を広告で持ち上げるなんて、ナイキは道路交通法違反を助長するつもりなのか…」という抗議が殺到したのが原因だという。五人組の監視システムとか、戦前の反戦主義者告発状況とかを想起させるそら恐ろしいこっちゃね…(この点、必ずしもそうとは言えないことを記事アップ後知りました…)。

そりゃ、違法な活動を助長するような広告はあかんよ。でも、上記広告が、ブレーキのない自転車に乗ることを助長するか?そのほかの交通法規違反を助長するか?ブレーキのない自転車なんか普通には手に入らないし、そんな自転車を路上で乗り回すことが流行るとも思えん。(朝方、検索してみたら、必ずしも、流行ってないとは言えないようです。この点、訂正します。ただし、以下の「そもそも」論は訂正後も妥当だと思う)

そもそも、看板をみたら、あぁ、競輪なんかの自転車のことだな、若者に対し、「がむしゃらに頑張れ」って伝えるメッセージなんだなってことは一目で分かる。(でも、「公道は走れません」とでも書くべきだった、と思う)

同じ「創」6月号には、昨年末から今年初めにかけ、統一地方選挙や参院選を控えているにもかかわらず、地方紙が池田大作創価学会名誉会長の寄稿を大々的に連載していることが掲載されている。神奈川新聞は「こころの研究」というタイトルで隔月掲載全12回(何と2年間!)の予定、埼玉新聞は「未来を照らす6つのキーワード」というタイトルで隔月掲載全6回(1年間)ということらしい。

抗議するなら、そっちやろ。ブレーキかけな、あかんのは。政教分離の原則を無視して暴走しているそっちの問題の方が100万倍くらい重要なことやないか。そういうことには目をつむって、表面的な文言に飛びつくのは、やっぱりメディアのせいなんやろなぁ。日本のメディアシステム(ここ←参照)を変えよう!JUST DO IT.








★「憎しみはダークサイドへの道、苦しみと痛みへの道なのじゃ」(マスター・ヨーダ)
★「政策を決めるのはその国の指導者です。そして,国民は,つねにその指導者のいいなりになるように仕向けられます。方法は簡単です。一般的な国民に向かっては,われわれは攻撃されかかっているのだと伝え,戦意を煽ります。平和主義者に対しては,愛国心が欠けていると非難すればいいのです。このやりかたはどんな国でも有効です」(ヒトラーの側近ヘルマン・ゲーリング。ナチスドイツを裁いたニュルンベルグ裁判にて)
※このブログのトップページへはここ←をクリックして下さい。過去記事はENTRY ARCHIVE・過去の記事,分野別で読むにはCATEGORY・カテゴリからそれぞれ選択して下さい。
また,このブログの趣旨の紹介及びTB&コメントの際のお願いはこちら(←クリック)まで。転載、引用大歓迎です。なお、安倍辞任までの間、字数が許す限り、タイトルに安倍辞任要求を盛り込むようにしています(ここ←参照下さい)。
『社会』 ジャンルのランキング
コメント (2)   トラックバック (1)   この記事についてブログを書く
この記事をはてなブックマークに追加
« 憲法25条と日本司法支援セ... | トップ | 江原氏が見ているものは「幻... »
最近の画像もっと見る

2 コメント

コメント日が  古い順  |   新しい順
まじですか?(-_-)ゞ (水葉)
2007-05-05 22:56:25
地方紙で池田大作の連載・・・。
なんだかもう、やりたい放題って感じですね。
政教分離だけど、霊友会と創価学会はオッケー!なんて、勘弁してほしいです。
ブレーキなし、やめてよ (ロード屋)
2007-08-15 22:32:04
こっちでは乗っている奴を時々見る。ライトなし、ブレーキなし。自転車屋でもうっているよ。5万円とロードより大分安い。

大半はママチャリ速度だけど、それでもバック踏んでも3mは走る。あれ飛ばせば70kmは出るんだ。あぶないよー。こないだピステで2人軽に突っ込んで死んだよ。写真見ると軽もめちゃくちゃに壊れていた。きっとぶっ飛ばしていたんだ。

ママチャリ、ピステの無法運転、乗り捨て自転車の山はやめてほしいもんだ。本当に腹が立つ。


ロード屋としてはナイキ社は暴走族を推奨しているようにしか思えない。いくら言論の自由といっても、危険行為を推奨するなんて。(そら法的規制が常に正しいとはいわないが、この場合は法は正しい。)

コメントを投稿

ブログ作成者から承認されるまでコメントは反映されません。

コメント利用規約に同意の上コメント投稿を行ってください。

数字4桁を入力し、投稿ボタンを押してください。

あわせて読む

トラックバック

この記事のトラックバック  Ping-URL
ブログ作成者から承認されるまでトラックバックは反映されません。
レジーム (regime) とは? 辞書で引きました。 (JUNSKYblog2007)
【私たちは現日本政府の体制変革(レジームチェンジ)に反対します】 というブログからトラックバックを頂いた。ここをクリック そこで、「レジーム」をgoo辞書で引いてみた。 和英辞書では、  該当なし。まだ、日本語としては市民権を得ていない言葉のようだ。 国語...