情報流通促進計画 by ヤメ記者弁護士(ヤメ蚊)日隅一雄

知らなきゃ判断できないじゃないか! ということで、情報流通を促進するために何ができるか考えていきましょう

広告

※このエリアは、60日間投稿が無い場合に表示されます。記事を投稿すると、表示されなくなります。

西村議員に組織的犯罪処罰法を適用すると検察明言~万国のキャバクラ嬢よ、立ち上がれ!

2005-11-29 08:26:12 | 適正手続(裁判員・可視化など)
西村議員が逮捕された。【特捜部は西村議員が鈴木容疑者の違法行為を認識した上で「名義貸し料」を受け取っていたとすれば、犯罪収益の受け取りを禁じた組織的犯罪処罰法違反(犯罪収益の収受)の疑いで立件することが可能と見ており、今後、押収資料などの分析を進める。】構えだという(朝日新聞)。

前にも指摘したが、弁護士活動に伴って犯罪収益収受で立件することは問題が大きい。

そもそも、本件のような事案が、「組織的犯罪」処罰法が予定した事案だろうか?

本来の摘発対象は、暴力団、テロリスト、マフィア、そのほかの統制力のとれた継続的かつ危険性のある集団であり、本件のようなものは対象にはならないはずだ。

今後、あらゆる場面で使われるおそれがある。ヤミ金の兄ちゃんが通っているキャバクラ嬢の皆様、今後この兄ちゃんとアフターに行くと、犯罪収益をもらったことになって逮捕されちゃうかもね…。
コメント (4)   トラックバック (7)   この記事についてブログを書く
この記事をはてなブックマークに追加
« 審議会の日程について決まり... | トップ | 弁護士はもはや岡っ引きにな... »
最近の画像もっと見る

4 コメント

コメント日が  古い順  |   新しい順
Unknown (papageno)
2005-11-30 00:10:38
田中宇の国際ニュース解説 2005年11月29日

http://tanakanews.com/



アメリカの戦略を誤解している日本人

 【2005年11月29日】 アメリカは、自国の負担軽減のため「戦後60年、もう日本

を信頼しても良い時期に来ている。日本に軍事的・外交的な自由裁量を与え、防衛技

能を日本に教える施設共用のプロセスを経たうえで、在日米軍を撤退させる」と考え

ている。アメリカは、もう日本に従属を求めていないし、中国包囲網を強化する方向

にもない。これらは、多くの日本人が思い込んでいる誤解である。



田中宇さんのMLから (papageno)
2005-11-30 00:13:46
こんばんは、パパゲーノと申します。

田中宇さんのMLで自民党は憲法改正をいそいでいるるという報告があります。どなたかこのことを解説してください。
Unknown (田中大也)
2005-12-01 11:34:35
はじめまして。TBありがとうございます。組織的犯罪処罰法は、本当に問題の大きい法律ですよね。今回の事件で適用されたことを見るだけでも、制定したものが何を考えていたかが一目瞭然と言えましょう。
トラックバックありがとうございました。 (月刊「記録」編集部)
2005-12-02 17:26:51
遅ればせながら、こちらからもTBさせていただきました。

読み応えのある記事ですね。

過去ログもじっくり読ませていただきます。

コメントを投稿

ブログ作成者から承認されるまでコメントは反映されません。

コメント利用規約に同意の上コメント投稿を行ってください。

数字4桁を入力し、投稿ボタンを押してください。

あわせて読む

7 トラックバック

この記事のトラックバック  Ping-URL
ブログ作成者から承認されるまでトラックバックは反映されません。
[思ったこと]西村真悟議員、組織犯罪処罰法でも立件 (捨身成仁日記 炎と激情の豆知識ブログ!)
http://www.kahoku.co.jp/news/2005/11/2005112601004276.htm なにかとリベラルサイドから批判の多い組織犯罪処罰法で立件かもとのこと。国士たる西村議員的には、身を捨てて保守陣営の武器を増やしたとするべきか。 っていうか、どさくさまぎれに組織犯罪処罰法なんか使
西村議員逮捕について THE 委員長委員会(ぱにぽに7巻の93話参照) (人間合格、そして非努力)
バカがバカなりにまじめに書いてます。 スタンスについての苦情は、僕の頭の右から左へ流れる場合が殆どです(笑)。 とりあえず、氷川へきる先生、ごめんなさい(頭を垂れる)。 朝比奈英里子「今日の議題は、『西村真悟衆議院議員の逮捕について』ですが…。」 大森みの
西村議員逮捕は国策捜査だろ?一番得する人間を考えればわかること (大和ごころ。ときどきその他)
拉致問題追及の急先鋒であり、「マネーゲームの世界に国民をなだれ込ませているのが小泉なんです。あれは狙撃してもいい男なんです」 と民主党の両院議員総会で本当のことを言った西村議員。日頃の正直過ぎる言動から支持者も少なくなく、私も期待している一人です。少々過激
組織犯罪と西村議員 (週刊金曜日な日々)
非弁報酬3億円。名義貸しは3000万円 超超超タカ派、西村議員。 これについて、別の見方もあるようで・・・・ 西村議員に組織犯罪法適用と件sつ言明 ヤメ記者弁護士さんのブログ 組織犯罪法を弁護士に適用しようと、検察は虎視耽々とねらっていたとか。 タカ派の金
西村真悟と栄一と共謀罪 (月刊「記録」編集長)
民主党の西村真悟衆議院議員が自分の法律事務所にかつて勤めていた元職員の「示談屋」
西村眞悟事件 (「おれ雑」exclusive)
『きょうは予定を淡々とこなしていきたいとおもいます。皆さんごくろうさん!』と報道陣に話すと、迎えの黒いクラウンに乗り込む西村議員― 西村眞悟衆院議員(民主党比例近畿ブロック)の法律事務所をめぐる弁護
西村議員の再逮捕の意味 (ニュース・ワーカー)
 西村真悟・衆院議員が組織犯罪処罰法違反容疑で大阪地検特捜部に再逮捕されたことを、19日付けの朝刊各紙が伝えている。容疑の中身は「犯罪収益収受」。つまり非弁活動(弁護士資格を持たない者が、弁護士にしかできない業務をすること)で違法に得た利益の分け前を受け取