情報流通促進計画 by ヤメ記者弁護士(ヤメ蚊)日隅一雄

知らなきゃ判断できないじゃないか! ということで、情報流通を促進するために何ができるか考えていきましょう

広告

※このエリアは、60日間投稿が無い場合に表示されます。記事を投稿すると、表示されなくなります。

死刑で犯罪を抑止できると考えるのは、少なくとも今の日本ではナンセンス

2008-07-25 01:45:49 | そのほか情報流通(ほかにこんな問題が)
 一部では、「死に神」発言を巡ってまだ盛り上がっているようだが、そもそも、死刑存置を前提とした議論しかできないのは本当に残念だ。いまの日本で死刑に犯罪抑止効果があるかどうかは、いまの日本で死刑が犯罪の抑止にならない人が何人くらいいるかを考えれば、すぐ分かることだ。いまの日本で死刑が犯罪の抑止にならない人は、年間3万人いる。この数字は…。

 そう、自殺する人の数だ。当たり前のことだが、自殺をする人にとっては、死刑は犯罪を抑止する効果をまったく有していない。その数は、一日にして約80人。

 この数を多いとみるか少ないとみるかは様々だろうが、少なくとも連続殺人事件の事件数よりははるかに多い。

 もちろん、自殺をする人が犯罪予備軍だというつもりはない。しかし、彼らは、少なくとも、命を奪うという意味では殺人と同様の行為を行っているわけだ。

 極論を言っているのは承知の上だが、死刑を存置することを是とすることを前提とした「死に神」発言批判をすることにあたって、このような日本の状況に目をつむってはならないはずだ。

 犯罪者を憎むならば、自殺に追い込む社会のありようも同様に憎むべきではないだろうか。犯罪者の個人的責任クローズアップすることは、自殺する人についても自己責任だと切り捨てることにつながるような気がする。

 

【PR】






★「憎しみはダークサイドへの道、苦しみと痛みへの道なのじゃ」(マスター・ヨーダ)
★「政策を決めるのはその国の指導者です。そして,国民は,つねにその指導者のいいなりになるように仕向けられます。方法は簡単です。一般的な国民に向かっては,われわれは攻撃されかかっているのだと伝え,戦意を煽ります。平和主義者に対しては,愛国心が欠けていると非難すればいいのです。このやりかたはどんな国でも有効です」(ヒトラーの側近ヘルマン・ゲーリング。ナチスドイツを裁いたニュルンベルグ裁判にて)
★「News for the People in Japanを広めることこそ日本の民主化実現への有効な手段だ(笑)」(ヤメ蚊)
※このブログのトップページへはここ←をクリックして下さい。過去記事はENTRY ARCHIVE・過去の記事,分野別で読むにはCATEGORY・カテゴリからそれぞれ選択して下さい。
また,このブログの趣旨の紹介及びTB&コメントの際のお願いはこちら(←クリック)まで。転載、引用大歓迎です。 
 

 

 
『社会』 ジャンルのランキング
コメント (17)   トラックバック (4)   この記事についてブログを書く
この記事をはてなブックマークに追加
« 不誠実業者に瑕疵(かし)あり... | トップ | ーそして先生がいなくなった... »
最近の画像もっと見る

17 コメント

コメント日が  古い順  |   新しい順
Unknown (グランドライナー)
2008-07-26 02:47:12
あえてひと言言います。

「これ、笑うトコ?」

理由は、殺人と自殺とを同列に並べて
死刑の抑止力云々を議論している点です。

自殺は「自分の命を自分で絶つ行為」を指しているのに対し
殺人は「自分以外の他者の命を自分で絶つ行為」を指しています。
同じ命を絶つ行為でも、この二つはこれだけの
意味の違いがあります。

殺人を犯した犯罪者を憎むことと
自殺に追い込む社会のありようを同じように憎むこと、のくだりは・・・
理解不能です。
どれだけ殺人犯が憎くても、死刑は絶対ダメだというのなら、
自殺者を出した社会構造は、どんなに憎かろうが消してしまわずに
残さなければ矛盾してしまいます。


ヤメ蚊さん、あなたは自殺者全てに
殺人罪を適用させる
そんな社会をお望みですか?
政略とか、戦略とか。 (田仁)
2008-07-26 13:50:41
物事には「機」というモノが有りましてねぇ、「機を見るに敏」とか言うでしょ。
死に神法相のマスコミ虐めは、死刑制度をも(引いては人命をも)たかがネタの一つにして居る点がトピックスなんですよ。
(死に神法相は元々CIAもアルカイダも話のネタと看做している性質のようで、アレはアレで、古きヨき自民を引き摺っていないとも言い切れないですが…。)
私は、拉致利権と死刑利権を並べてる訳なんですが、温故知新して頂きたいのは拉致利権の方。
拉致問題は解決しましたか?勿論「NO」ですね?
でも、自民党右派が拉致家族会や救う会を楯にして、狙い通りの右傾化法案は次々に通しました。
だからね、ウカウカと権力中枢に近づくって事は、市民運動なんかには非常に危険な「諸刃の刃」なんですが、左派はさて置き、右派にそういった警戒心は皆無のようですね?
私が言いたいのはね、同じ事が、あすの会にも起こらないとは限らない!ッて話ですよ。
まあ、自己責任だか、自作自演だか、決して他人から強制されてそうなるモンでは無いんですけどね…。
Unknown (Mitsu)
2008-07-26 20:26:54
 殺人と自殺、そして死刑。この3つの問題の関係性、関連性を社会の枠組みの中で考察することは、とても意味のあることだと思います。ただあまりにも困難なテーマで呆然としてしまいますが…。ヤメ蚊さんは、自殺する人の心情はみな死刑を恐怖しないと思われますか? 私はそうとも言いきれないような気がしていますので、もしそのあたりのお考えをもう少し詳しくきかせていただければと思います。いずれ時間の余裕のあるおりで結構ですので。
 自殺の場合は「苦しみのあまり、この地上にこうして存在し、息をしていること自体が耐え難い」とか「他からの要請や強要に一切答えることができないと思い込み、身を滅ぼす以外に術はない」と思いつめたりする場合が多いようにも思うのですが、そのような心理状態では、はたして死刑台にも恐怖をおぼえないのでしょうか。そんな想像をする余裕もない場合がほとんどかも知れませんね。また、自殺する自由がないということも、恐ろしいです。死刑囚に自殺の自由はありません。

 鳩山法相は就任直後の記者会見で、「死刑には当然犯罪抑止力がある」と言いました。今どきこんな時代錯誤を堂々と口にする政治家がいるんだ、と呆れましたが、実はブッシュも大統領選の演説中に同じことを言いましたね。彼は「死刑存置の唯一の理由は犯罪抑止力だ」とまで口にしています。二人とも司法とその歴史に無知であるとともに、死刑や死刑囚に無関心なのだと思います。「愛」の反対を意味する語は「無関心」だと聞いたことがありますが、この事例はそれが真理であることを証明しているようにも思えます。
 これまでさまざまな国家や機関でなされてきた多数の調査研究の結果、「死刑には重大犯罪を抑える力がある」という明確なデータが1つも現れなかったことは、日本でもずいぶん広く知られるようになってきていると思います。そしてこのことは多くの人が内心意外なこと、驚くべき結果と感じてはいるのではないでしょうか。たとえ口にはしなくても。ただそれでも常にこの事実を発信しつづけることは重要だと思いますが。
 そういうわけで、最近の死刑存置論は「犯罪抑止」の問題よりも、「被害者や遺族の心情を思えば…」という被害者感情への配慮、それから「殺した者は殺されるべきである」との同害報復論、もう一つは「10年や15年で社会に出てこられたらたまらない。不安である」という、無期刑の現状の誤認に基づく上での差別と排除の論理が目につくように思います。

 たとえば、光市事件の被告人の場合を考えると、あの悲惨な境遇を4、5歳の幼児が受けとめさせられていると考えれば、多くの人は可哀相だと感じると思います。その同情心が、同じ環境の中でずっと過ごすしかなかった10年後の彼に向けられることがないのは不条理だと思います。
少ないですが (反政府ゲリラ)
2008-07-27 10:28:13
少ないですが抑止力は、有るかも~別ブログですが、〔自分も殺したいヤツの一人や二人居るが死刑になりたくないので殺さない〕と言う意見がありました。そう言っている人が死刑制度が廃止されて人を殺すか疑問ですが、〔死刑になる様な事件起こした奴らに聴くから抑止力が無いと答えるですが〕とも言っています。自分も死刑に抑止力無いと思っていましたが、この意見少し考えてみるべきかもしれない。抑止力少ないとわ思いますが~
自己レスですが。 (田仁)
2008-07-28 14:07:35
死に神法相が引き摺ってるのは、日本が極東の弱小敗戦国だった頃の『牧歌性』で、今時は北の将軍様以外、許されない贅沢でして。
対テロ戦争なんつって、世界大戦の妖怪が徘徊してる現在となっては、ね!
デリカシーの無さは、例えば諸外国の法相だったら、即刻罷免だったでしょ!アルカイダ発言とか。
まあ、自民党が劣化して何でもアリ状態だから、幸か不幸か続いてるだけで。
そんな死に神法相の人間性を把握せずに、職務に忠実とか受け止め得る事自体、まあ言えば視野が狭いですよね…。
今日又通り魔事件がありました。 (反政府ゲリラ)
2008-07-30 00:54:49
今日の事件、自殺の手段としての通り魔事件の様な?それなら死刑制度が自殺の手段として利用されたのか?犯人の女性、〔殺して〕と言っていたとニュースで?、
犯罪抑止力というのであれば教育刑で十分。 (東西南北)
2008-07-30 01:23:04
 死刑に犯罪抑止力があったとしても、死刑は不必要に人命を断絶する刑罰であるから廃止せねばならない。人間が自分も含めて人類の生命を断絶することが「やむをえない」場合というのは、正当防衛の時だけだ。死刑は正当防衛ではない。凶悪犯罪を実現した人を刑務所へ隔離し、更正させる教育刑を実現した時点で、社会の安全は保障できる。ゆえに、死刑は不必要に人命を断絶する刑罰であり、抑止力など端から問題にならないのが普通でしょう。にもかかわらず、死刑の抑止力を問題にするということは、抑止力があるのであれば死刑も「やむをえない」という勢力があるからであろう。死刑は「やむをえない」という性格のものではない。これが本質だ。刑罰の犯罪抑止力をいうのであれば、応報刑ではなく教育刑による抑止力を語ることが前向きな刑罰論、国家社会制度論であろう。
Unknown (とおりすがり)
2008-08-07 23:10:33
>犯罪抑止力というのであれば教育刑で十分。 (東西南北)

まあ人によって色々お考えはあるのでしょうが、今の日本人の大勢はそのような理屈は正義に反すると考えているということでしょう。
私としても直感的には人を何人も殺したような人間を血税を使ってわざわざ更正させてやる必要は無いように思います。
とおりすがりさんへ。 (東西南北。)
2008-08-10 02:11:26
 正当防衛以外の場合に、直感的に人命を断絶する死刑執行は正義に反しますよ。隔離して更正させる教育刑によって十分に社会を防衛できるからです。犯罪者の更正税金を使うのが嫌だという理由によって、人命を断絶する理由にはならないです。とおりすがりさんも死刑囚になる可能性があるし、とおりすがりさんの家族、大切な人も加害者・死刑囚になる可能性があります。要は、人間が人類として人類の命を最大限に優先的に擁護することが正義だということです。正当防衛による人命断絶もあってはならない不幸なのですよ。もちろん、自殺もあってはならない不幸です。法の正義は人命を最大限に尊重し、重視することです。これは価値観の違いではありません。価値観に違いで人命を軽視し、断絶してもよいということにはなりません。自分が自殺する選択をする自由を行使し、自殺して責任をとるなどといって、自分を含めた人命を断絶することが許されないということです。だから、自殺も他殺も人命擁護の普遍的な見地から国家社会制度としての対策が必要になるのです。
Unknown (とおりすがり)
2008-08-12 00:50:03
>断絶する死刑執行は正義に反しますよ。

貴兄のお考えとしてはそうなのでしょうが、それはあくまで貴兄独自のお考えです。少なくとも私はそのように思いません。日本の裁判所も世論もそのようには考ようです。

別に私も死刑を下されるような外道に堕ちたら、その時はちゃんと死刑を受けますよ。別に何の意義もありません。
とおりすがりさんへ。 (東西南北)
2008-08-12 08:16:47
 1:「貴兄のお考えとしてはそうなのでしょうが、それはあくまで貴兄独自のお考えです。少なくとも私はそのように思いません。日本の裁判所も世論もそのようには考ようです。」

 これは、既に回答したのですが、もう少し述べてみます。正当防衛の場合でもないにもかかわらず、価値観の違いで人命を軽視し、断絶してもよいということにはなりません。何故か?

 人間という人類は、共同労働、共同生存が無ければ動機し、考えることができないからです。だから、考えること、動機、精神、価値観を大切にするのであれば、共に労働し、共に生存することを実現する必要があります。ゆえに、正当防衛の場合以外では、自分も含めた人命を断絶してはならないわけであり、価値観の違い、考え方の違いで人命断絶を合理化し、容認することは誤りなのです。

 共に労働し、共に生存することを抑圧している資本主義社会の仕組みとは何か?共に労働し、共に生存する人類を抑圧している構造的な原因とは何か?こうした問題、背景を究明していく教育活動を刑罰にも導入する教育刑が必要であり、応報刑である死刑は不要なのではないですか?

 2:「別に私も死刑を下されるような外道に堕ちたら、その時はちゃんと死刑を受けますよ。別に何の意義もありません。」

 この点も、回答していますよ。すなわち、

 自分が自殺する選択をする自由を行使し、自殺して責任をとるなどといって、自分を含めた人命を断絶することが許されないということです。だから、自殺も他殺も人命擁護の普遍的な見地から国家社会制度としての対策が必要になるのです。
 
Unknown (とおりすがり)
2008-08-12 23:22:12
あらら…
よくみると何か変な文章になっていますね…

>東西南北さんへ

ご意見は分かりました。まあ、そういった意見に賛同なさる学者先生方もいらっしゃるのでしょう。

しかし、世論はその様な意見に組しません。ということは民意を反映する立法や行政も同じでしょう。裁判所の判断も、貴兄のような判断はしていません。

「死刑執行の廃止は正義に反する」これが司法・立法・行政と世論の一致した考えです。この問題で政府を批判するのは間違いというものでしょう。

貴兄(とその周りの少数派の皆様)が「正義に反する」と考えるからといって死刑を廃止すべきとはいえないのです。意見を仰るのは構わないと思いますが、貴兄らの考えだけで死刑が廃止になるとすればそれは民主主義の否定に他なりません。
民主主義の前提 (ヤメ蚊)
2008-08-12 23:35:12
として、情報の共有化が必要になりますが、いまの政府やメディアが死刑についてどこまで正確な情報を伝えているでしょうか?
 例えば、光市の事件で被疑者が育った境遇について詳細に知っている人が世間の何割いるでしょうか?なぜ、そのような情報がメディアで報道されないのでしょうか?
 そのあたりについて検討することなく、多数だから民主主義にかなっているというのは、空虚な主張でしょう。
 今回、私が指摘している国会図書館の閲覧拒否問題について、ほかの先進国の人に聞いてみて下さい。そのこと自体がいかに異常なことであり、それを本気で叩かないマスメディアがいかに異常であるかを語ってくれるでしょう。
 日本では、民主政治ではなく、衆愚政治が行われているのが実態です。市民が衆愚政治を肯定したのでは、今後も衆愚政治が続き、いいように与党勢力に搾取され続けるでしょう。
Unknown (とおりすがり)
2008-08-13 00:28:45
だから「愚民どもは我々が導いてやる。黙って従え」という訳ですか(笑)
そういうお考えをお持ちの方は民主主義国家に向かないのではないかと思いますよ。

…まあ、これは冗談としても、情報の取捨選択まで含めての民主主義です。そんなこと言ったら、私は重大だと考えるけど、ヤメ蚊さん(とお仲間)はご存知無い事実だっていくらでもある訳です。だからといってそれを理由に民主主義を否定していたら、民主主義は成立しません。

光市についていえば私としては、結果の重大性から考えれば、被疑者の育った環境などとるに足らないことと考えています。

極端な話、それにヤメ蚊さんだって、被害者がどんなに残虐な殺され方をしたかを正確にしっていらっしゃる訳ではないですよね(目撃者はいないですから)。であれば、ヤメ蚊さんも事件について十分に熟知した上で、上記の意見を言っているとはいえないことになるのでは?
Unknown (グランドライナー)
2008-08-13 20:33:37
単刀直入にお伺いします。

今日本で衆愚政治が行われている根拠は何ですか?
よくお読み下さいね (ヤメ蚊)
2008-08-14 01:26:26
【だから「愚民どもは我々が導いてやる。黙って従え」という訳ですか】…ってどこをどう読んだら、そう読めるのでしょうか?私は、日本のマスメディアが事実を伝えることが困難な状況にあることを指摘し、それゆえに情報がきちんと伝わっていないということを主張しているだけですよ。殺され方については情報が流されたではないですか?彼の境遇についてはほとんど流されていませんよ。そういう情報の偏りを指摘することを、「導いてやる。黙って従え」っていうことのようにとる理由が分かりません。


フロントライナーさん、衆愚政治が行われている根拠は、日本のメディアが先進諸国には異常な規制のもとにあることによって、市民が判断をするために必要な情報が流通していないことです。

卑近な例ですが、私の知る限りの外国の女性が決まったようにぼやくのは、日本の主婦はなぜ政治について語ろうとしないのか、なぜテレビでは食べたり旅行したり、馬鹿なことを言って笑っているシーンばかりが放送されるのか…ということです。
Unknown (とおりすがりさんへ。)
2008-08-14 10:59:43
 1:「光市についていえば私としては、結果の重大性から考えれば、被疑者の育った環境などとるに足らないことと考えています。」

 ですから、生まれながらに犯罪者ではない一個の人間が重大な結果を招いた背景、原因はどこにあるか?という問題所在なのです。被疑者の成育環境は「とるに足らない」ことですか?何故?

 2:「死刑執行の廃止は正義に反する」これが司法・立法・行政と世論の一致した考えです。この問題で政府を批判するのは間違いというものでしょう。」

 死刑執行は正当防衛ではない不要な人命断絶であるにもかかわらず、死刑廃止をしないのは何故?そもそも、死刑囚は不必要な人命断絶を犯した事実を根拠に死刑になるわけです。では、死刑執行についても不必要な人命断絶を犯すことになります。しかし、死刑執行についての人命断絶については廃止にならず、批判が間違いだという。何故ですか?

コメントを投稿

ブログ作成者から承認されるまでコメントは反映されません。

コメント利用規約に同意の上コメント投稿を行ってください。

数字4桁を入力し、投稿ボタンを押してください。

あわせて読む

4 トラックバック

この記事のトラックバック  Ping-URL
ブログ作成者から承認されるまでトラックバックは反映されません。
08年7月日 曜日  憂楽嘲(ごまめの翁)ブログの目次 (護憲+グループ・ごまめのブログ)
08年7月日 曜日  憂楽嘲(ごまめの翁)ブログの目次 若い方は知らないだろうな。 暑いから 氷を入れた 水枕 1・TV番組の切り抜き{/arrow_r/}(ここからお入り下さい) 2・新聞記事の切り抜き「もうひとつのヒロシマ」の紹介{/arrow_r/}(ここからお入り下さい) 下のU...
HP (無期懲役刑に関する誤解の蔓延を防止するためのブログ)
是非ご一読ください。
動機が省略される傾向に (高野 善通のブログアネックス)
 堀江貴文被告人に2審も実刑判決が言い渡されました。この事件も「過去のもの」というイメージが色濃くなったのですが、堀江被告人が生きた時代のひずみが現在の格差社会を生み出したと考えると、堀江被告人というよりも、堀江被告人を選挙で応援した「小泉改革」が裁か...
『まともに生活できる仕事を!人間らしく働きたい!』大阪青年大集会に参加しました (嶋ともうみ☆たしかな野党 支え続けて 上げ潮めざす!)
 自分の勤務する会社(事業所)の名前にはあまり文句を言わないのに、なぜ「共産党」