情報流通促進計画 by ヤメ記者弁護士(ヤメ蚊)日隅一雄

知らなきゃ判断できないじゃないか! ということで、情報流通を促進するために何ができるか考えていきましょう

広告

※このエリアは、60日間投稿が無い場合に表示されます。記事を投稿すると、表示されなくなります。

石川議員女性秘書への任意取調べ中における民野検事の弁護士電話妨害は弁護権の侵害!

2010-02-03 13:08:42 | 適正手続(裁判員・可視化など)
 週刊朝日今週号(2月12日号)、遅ればせながら読みました。小沢包囲網の中で、石川議員の新人秘書に対する10時間にわたる取調べの記事は、検察官の不当な捜査について詳細にレポートするもので、取材した上杉隆さん、お疲れ様でした。この情報は、当然、かなりの人数を投入して情報を収集している各社ともにつかんでいたのだろうが、まったく伝えれられていない。これこそが、ニュースであるはずなのに…。

まず、少し引用する。

【女性秘書は、1月15日の石川逮捕以来2度(22日、25日)、検察庁から呼び出しを受け「押収品」の返却に応じている。今回も同様の案件だと信じた女性秘書は、ランチバッグ一つで検察庁に向かった。
 霞が関から議員会館のある永田町からは一駅である。前日と同じように、コートも着ずに薄着で出かけた。ランチバッグの中には千円札と小銭、ティッシュとハンカチ、携帯電話だけである。
 検察庁に着くと前回までとは違う部屋に案内される。するとそこには民野健治という検事が待っており、いきなりこう言い始めたのだ。
「被疑者として呼んだ。あなたには黙秘権があるので行使することができる。それから…」
 事情を把握できずパニックになった女性秘書が、ほかの秘書か弁護士に連絡したい旨を告げると、民野検事はそれを無視して、逆に、携帯電話の電源を切るように命じ、目の前でスイッチをオフにさせたのだ。それが昼の1時45分。だまし討ちの「監禁」はこうして始まった。

(中略)

民野検事は、女性秘書に小沢と石川が共謀していたことを認めるよう迫り続けた。だが、彼女がそんなことを知る由もない。
 女性秘書は石川が小沢の秘書をやっているときは、別の民主党議員事務所に勤めていたのだ。しかも、当時は与野党に分かれており、自由党の石川秘書についてはその存在すら知らなかった。そんな彼女が、小沢事務所の会計事務のことを知る術もない。その旨を正確に述べると、検事は次のような言葉を並べるのだった。
 「いいんだよ、何でもいいから認めればいいんだよ」
 「早く帰りたいなら、早く認めて楽になれよ」
 「何で自分を守ろうとしないの。石川をかばってどうするの」】

 ここで、見過ごせない問題は、新人秘書が調べの前に弁護士に電話したいと言ったにもかかわらず、民野検察官がそれを拒否して携帯電話の電源を切らせ、そのまま取調べを5時間以上続けたという点だ。完全に、弁護権を侵害している(逮捕中でも本人が弁護士に連絡したいと言ったら連絡させる必要がある。ましてや任意なら完全に自由にアクセスさせる必要がある)。

 これは、ちょっと、ひどいんでないかい?

 もちろん、こういうことを警察含め普段からしているのだから、そういう意味では特にひどいわけではない。

 しかし、この件は普通の事件とは違う。マスメディアが注目しているわけだ。
 
 こういう不当な調べをしても、その実態が報道陣に伝わることを予見しなかったのか、そうではあるまい。

 伝わってもどうせ、どこも書くことはあるまい、と高をくくったのだろう。

 そして、週刊朝日(まだ買っていない方、ぜひ、買おう!)が書くまで、情報は伝わらなかったのだ。

 本来、検察を取材するのは、こういう不当な取り調べを監視するのが、主たる目的で、検察情報をもらうのは、二次的な目的のはずだ…。


 で、こうやって、表に出た以上、次に問われるのは、弁護士の対応だ。

 ここまで大っぴらに、、しかも、お膝元の弁護士会館の半径300メートル以内で、弁護権を侵害されて、黙っていていいのだろうか。

 司法への信頼は、法曹三者が問題に直面した時のそれぞれのあり方にかかっていると思う。

 …とここまで書いたところで、【「捜査妨害だ!」と激怒する検察は、報道内容に関して山口一臣「週刊朝日」編集長に出頭要請した模様。普通、抗議があれば出向くのが社会の常識。】と、有田芳生さんがつぶやいた。

 捜査妨害? ざけんな、弁護妨害したのは、そっちだろ!
 
【追記】(http://alcyone.seesaa.net/article/140151062.htmlより)

重要! 検察から、週刊朝日編集部に、出頭要請があったのは、事実だった!、情報が二転三転して申し訳ない。以下が真相。今日の午前中、検察から週刊朝日に対して、文書が届き、すぐに来てくれ、捜査妨害だ、話を聞きたいと。明白な出頭要請が。
https://twitter.com/iwakamiyasumi/status/8578276000

重要!2 この出頭要請情報は、たちまち外部にも流れたが、
これに対して、検察は記者クラブを通じて、朝日新聞本社に圧力。
なんと朝日新聞本社は、この圧力に屈して、週刊朝日編集部トップに対し、抗議文が来たことだけにして、出頭要請は伏せろと指示。
https://twitter.com/iwakamiyasumi/status/8578605321

重要!3 本社の圧力に対して、週刊朝日編集部トップは抵抗したが、
本社側の強い圧力に押し切られた。編集部の平部員や、外部に対しては、出頭要請はなかった、抗議文だけだったということにして、
山口編集長は、明日、出頭することになるという。
https://twitter.com/iwakamiyasumi/status/8578760435

重要!4、検察の異常な強権発動、それに唯々諾々と従う記者クラブ、
権力に屈して、身内を売り、出頭がなかったことに偽装を強要する朝日新聞社、それらすべてに、断固として、抗議する!
https://twitter.com/iwakamiyasumi/status/8578842150





【ツイッターアカウント】yamebun


【PR】






★「憎しみはダークサイドへの道、苦しみと痛みへの道なのじゃ」(マスター・ヨーダ)
★「政策を決めるのはその国の指導者です。そして,国民は,つねにその指導者のいいなりになるように仕向けられます。方法は簡単です。一般的な国民に向かっては,われわれは攻撃されかかっているのだと伝え,戦意を煽ります。平和主義者に対しては,愛国心が欠けていると非難すればいいのです。このやりかたはどんな国でも有効です」(ヒトラーの側近ヘルマン・ゲーリング。ナチスドイツを裁いたニュルンベルグ裁判にて)
★「News for the People in Japanを広めることこそ日本の民主化実現への有効な手段だ(笑)」(ヤメ蚊)
※このブログのトップページへはここ←をクリックして下さい。過去記事はENTRY ARCHIVE・過去の記事,分野別で読むにはCATEGORY・カテゴリからそれぞれ選択して下さい。
また,このブログの趣旨の紹介及びTB&コメントの際のお願いはこちら(←クリック)まで。なお、多忙につき、試行的に、コメントの反映はしないようにします。コメント内容の名誉毀損性、プライバシー侵害性についての確認をすることが難しいためです。情報提供、提案、誤りの指摘などは、コメント欄を通じて、今後ともよろしくお願いします。転載、引用はこれまでどおり大歓迎です。
『社会』 ジャンルのランキング
コメント   トラックバック (6)   この記事についてブログを書く
この記事をはてなブックマークに追加
« マスメディアが普通の会社じ... | トップ | 菅家事件でDNAが違うとの... »
最近の画像もっと見る

コメントを投稿

ブログ作成者から承認されるまでコメントは反映されません。

コメント利用規約に同意の上コメント投稿を行ってください。

数字4桁を入力し、投稿ボタンを押してください。

あわせて読む

6 トラックバック

この記事のトラックバック  Ping-URL
ブログ作成者から承認されるまでトラックバックは反映されません。
水曜日  憂楽嘲(ごまめの翁)ブログの目次 (護憲+グループ・ごまめのブログ)
10年2月3日  水曜日  憂楽嘲(ごまめの翁)ブログの目次 1・小沢氏不起訴か{/arrow_r/}(ここからお入り下さい) 2・橋本知事に付いて世論調査{/arrow_r/}(ここからお入り下さい)
暴走する検察 (過去と未来の間)
 
 (あっちふら、こっちふら)
例によって、マスコミは全く触れませんが、 上杉隆氏が週刊朝日に書いた記事を発端に、ツィッター上でものすごい盛り上がりがありました。 ...
お仕事としての政治 (みんななかよく)
 そういう書名の本も岩波文庫に入っていたと思うけど、別冊宝島風に言うと「政治というお仕事」ってなんでしょうねえ。  企業オーナーとか個人資産のありそうな人は、お金に余裕があるから出せるのかもしれないけど、選挙だって日常活動だって経費はかかるでしょ。  ...
6483 ◎ 弁護権 民野検事は 侵害や 女性秘書への 電話(弁護)妨害/返却と 呼び出し監禁 だまし討ち(深夜まで、10時間) ... (アルデバランの 夢の星)
色々引用させていただきました。どうぞ、よろしくお願いします。
6484 マスコミが 伝えぬ事を Twitter(ネット記者、上杉さん)/検察や 出頭命令 何事ぞ 上杉隆(週刊朝日) 捜査妨害?/検察... (アルデバランの 夢の星)
色々引用させていただきました。どうぞ、よろしくお願いします。