情報流通促進計画 by ヤメ記者弁護士(ヤメ蚊)日隅一雄

知らなきゃ判断できないじゃないか! ということで、情報流通を促進するために何ができるか考えていきましょう

広告

※このエリアは、60日間投稿が無い場合に表示されます。記事を投稿すると、表示されなくなります。

週刊朝日に対する検察からの圧力を伝えないメディアに小沢批判をする資格はない!~全市民共有必須

2010-02-06 09:03:53 | メディア(知るための手段のあり方)
 小沢疑惑に関連して逮捕された石川議員の女性新人秘書に対し、民野健治検察官が不当な取調べを行ったとする記事を掲載した週刊朝日の編集長が、東京地検の次席検事谷川恒太氏に呼び出された事件は、一見して、報道の自由に対する重大な侵害行為というほかない。記事の内容が間違っているかどうかは分からないにしても、自らを批判した週刊誌の編集長を呼び出すこと自体、表現の自由を委縮させる異常な対応というほかない。

 しかし、日本で問題なのは、この事件をマスメディアが伝えようとしないことだ。 

 正確には、自ら媒体をもっていない通信社である共同通信だけが次のように短く伝えた。


【東京地検は3日、衆院議員石川知裕容疑者(36)らが逮捕された収支報告書虚偽記入事件を扱った週刊朝日2月12日号の記事について「まったくの虚偽だ」として、山口一臣編集長あてに抗議文を送ったことを明らかにした。検察当局が捜査関連記事で出版元に抗議するのは異例。
 記事は「子ども“人質”に女性秘書『恫喝』10時間」の見出しで、ジャーナリスト上杉隆氏が執筆。関係者の証言として、特捜部が1月26日に石川容疑者の女性秘書をだまして事情聴取に呼び出し、「主人に電話をさせてほしい」「ダメだ」などとやりとりがあった、と報じた。
 山口編集長は「記事は丁寧な取材を重ねたもので、自信を持っている」とコメントしている。】(http://www.47news.jp/CN/201002/CN2010020301000948.html)

 それ以外のマスメディアはこの事実を伝えない。

 週刊朝日の記事のポイントは、

①民野検事が女性秘書を押収品を返却する、といって虚偽の理由で呼び出して来庁させたうえ、被疑者としての取り調べを行った

②弁護士や事務所に連絡をしたいと申し出たが、民野検事は、これを無視し、携帯電話を切るように指示し、取調べを始めた

③民野検事は、聞かれていることについて、知らないと答えた秘書に対し、「早く帰りたいなら、早く認めて楽になれ」などと虚偽自白を強要した

④子ども(保育園児)を迎えにいきたいと懇願したが、さらに取調べを継続した

⑤取調べを5時間以上継続し、身柄を解放したのは10時間後だった

というものだ。

これが事実ならば、完全に違法な取り調べだ。


この記事について、週刊朝日の山口編集長が呼び出された。山口編集長は次のように経緯を伝えている。


【3日午前に東京地検の「タニガワ」さんという方から編集部に電話があって、わたしが出張で不在だったので、折り返し連絡がほしいということでした。

 出張先で伝言を受け取ったわたしが指定された電話番号に連絡すると、次席検事の谷川恒太氏につながりました。谷川氏は「さっそく電話いただいて、ありがとうございます」と丁寧な応対で、用件を聞くと、週刊朝日2月12日号(2月2日発売)に掲載した上杉隆さん執筆の「子ども〝人質〟に女性秘書『恫喝』10時間」という記事に、事実でないことが書かれているので抗議したいとのことでした。

 こうしたトラブルはよくあることなので、「わかりました。で、どうすればいいですか」と聞くと、「こちらに来ていただけますか?」ということでした。わたしとしては検察庁に出向くのはいっこうに構わないので、「わかりました。ただ、きょうは出張で九州にいるので、戻ってからでもいいですか?」と聞くと、「九州ですか......」と予想外の返事にちょっと絶句したようでした。

「すみません。前から決まっていたスケジュールなので。戻ったらすぐに連絡します」

「それは、きょうですか?」

「いえ、きょうは戻れないので、明日か明後日か......」

「そうですか......」】


 この後、ツイッターを中心として呼び出しに対する市民の怒りが沸騰した。

 その後、検察は呼び出しを中止した。山口編集長は次のようにその経緯を説明する。


【九州出張から帰ったわたしは、東京地検の谷川氏のところへ電話を入れました。しかし、石川議員らの起訴でさすがに忙しいようでなかなか連絡が取れません。その間も、各方面から「いったいいつ『出頭』するのか」というお問い合わせをいただき、申しわけありませんでした。結局、谷川氏とは連絡が取れずじまいで、代わりに弊誌記者の新たな取材申し込みに対して広報官を通じて以下のような返事を受け取りました。

〈谷川次席から山口編集長に来庁していただきたいと連絡をさせていただきましたが、山口編集長が所用で来られないということでした。そのため、抗議の意を速やかにお伝えするために、2月3日に抗議書をFAXで送らせていただきました。抗議書はすでにお送りしていますので、現時点でご足労いただく必要はありません。また、改めての取材には応じかねます〉】

 そして、その抗議書の一部が冒頭の映像だ。全文は→http://www.wa-dan.com/yamaguchi/images/doc_large.gif

 
 抗議書全文をぜひ、読んで頂きたいが、興味深いことに、検察は、秘書が弁護士に連絡をとりたいといってこれを認めなかったことについては抗議をしていない。

 弁護権の侵害という重大な事実が誤りであれば、検察は指摘するだろうから、弁護権の侵害について検察は「自白」したということになる。

 それでも、マスメディアは、そのことには一切触れず、小沢批判を繰り返す。

 考えてみて欲しい。普通抗議する場合、相手を呼び出すだろうか。それって、●●の手法じゃないか。呼び出されていってみたら、狭い部屋に連れ込まれ、その壁には血の跡がべったり。怖くなって何でもいいから署名をしてしまい、後でとんでもない請求をされる…。

 さすがに、血の跡はついていないだろうが、それ以外は、ほとんど同じ…。

 そういうことが報道機関に対して行われようとしたわけなんだな~。

 せめて朝日新聞、自分の会社が出版している雑誌のことなんだから書こうよ。あんたのとこが書かないとほかだって書けんだろう…。

 毎日新聞、どうした。いつものように、暴走しようよ。

 読売、産経、あんたらも、小沢批判をするのはいいが、権力のペンへの圧力を放置すると、いつかその矛先はあんたらのとこへ向かうよ。

 …今日はなんだか、当り前のことを当たり前に書いただけで、まったく、つまらないブログだ。

 しかし、今回の事件、マスメディアが伝えない以上、個人個人が伝えるしかない。

 ブログ、ツイッター、メーリングリスト、あらゆる手段によって、全市民にこの情報を伝えよう。

 そして、週刊朝日次号は必買だ。売れることが週刊朝日に大きな力を与える。



 
 






【ツイッターアカウント】yamebun


【PR】






★「憎しみはダークサイドへの道、苦しみと痛みへの道なのじゃ」(マスター・ヨーダ)
★「政策を決めるのはその国の指導者です。そして,国民は,つねにその指導者のいいなりになるように仕向けられます。方法は簡単です。一般的な国民に向かっては,われわれは攻撃されかかっているのだと伝え,戦意を煽ります。平和主義者に対しては,愛国心が欠けていると非難すればいいのです。このやりかたはどんな国でも有効です」(ヒトラーの側近ヘルマン・ゲーリング。ナチスドイツを裁いたニュルンベルグ裁判にて)
★「News for the People in Japanを広めることこそ日本の民主化実現への有効な手段だ(笑)」(ヤメ蚊)
※このブログのトップページへはここ←をクリックして下さい。過去記事はENTRY ARCHIVE・過去の記事,分野別で読むにはCATEGORY・カテゴリからそれぞれ選択して下さい。
また,このブログの趣旨の紹介及びTB&コメントの際のお願いはこちら(←クリック)まで。なお、多忙につき、試行的に、コメントの反映はしないようにします。コメント内容の名誉毀損性、プライバシー侵害性についての確認をすることが難しいためです。情報提供、提案、誤りの指摘などは、コメント欄を通じて、今後ともよろしくお願いします。転載、引用はこれまでどおり大歓迎です。
『社会』 ジャンルのランキング
コメント   トラックバック (4)   この記事についてブログを書く
この記事をはてなブックマークに追加
« マスメディアが気付かないう... | トップ | 2年先なんて待てない~持ち... »
最近の画像もっと見る

コメントを投稿

ブログ作成者から承認されるまでコメントは反映されません。

コメント利用規約に同意の上コメント投稿を行ってください。

数字4桁を入力し、投稿ボタンを押してください。

あわせて読む

4 トラックバック

この記事のトラックバック  Ping-URL
ブログ作成者から承認されるまでトラックバックは反映されません。
石川議員の秘書、違法取調問題 (過去と未来の間)
 『週刊朝日』に、ジャーナリストの上杉?氏は、“東京地検特捜部の民野健治という検事が、石川議員の秘書(女性、子ども二人を保育園に預けている)に対して、長時間の違法な取調を行った”と書いた。そのことで、『週刊朝日』に特捜部の石川恒太から抗議のファックスが...
土曜日  憂楽嘲(ごまめの翁)ブログの目次 (護憲+グループ・ごまめのブログ)
10年2月6日  土曜日  憂楽嘲(ごまめの翁)ブログの目次 1・民主の政策{/arrow_r/}(ここからお入り下さい) 2・石川議員起訴について民主都道府県質問と回答{/arrow_r/}(ここからお入り下さい) 3・TV民の声{/arrow_r/}(ここからお入り下さい)
産院が危ない!! (世界平和を実現しよう)
<font size="3" color="blue"> 産院の危機だとおっしゃる岩上安身さんのツイターをまとめて転載します。 産院がたくさんつぶれるかもしれない話です。 <font size="3" color="black"> ○           ...
法政大生の基礎学力は SAPIX の中学生に劣る!? (Die Weblogtagesschau laut dem Kaetzchen)
 という記事が「週刊朝日」2月12日号に掲載されていた.余りにもアホらしい記事なのだけど,「目先の偏差値が上がれば良い」 などと勘違いしている 「モンスター・ペアレント」 のせいかと思うんだけど,「試験に出ない知識」「いますぐ役に立たない知識」「受験・出世...