情報流通促進計画 by ヤメ記者弁護士(ヤメ蚊)日隅一雄

知らなきゃ判断できないじゃないか! ということで、情報流通を促進するために何ができるか考えていきましょう

広告

※このエリアは、60日間投稿が無い場合に表示されます。記事を投稿すると、表示されなくなります。

個人情報保護法の目的は,やっぱり,会社情報保護だった?!

2005-12-03 06:02:45 | そのほか情報流通(ほかにこんな問題が)
【「個人情報保護」を名目に、会社に関する情報を外部に漏らした際の賠償責任を負わせる一方、従業員や家族の情報は会社が自由に利用できるとする「誓約書」や「同意書」の提出を従業員に迫る企業が、4月以降に続出していることが分かった。】(読売新聞)この調査は連合が行ったもので,連合は「責任を末端に押しつけ、内部告発も封じる」と批判しているという。

この個人情報保護法によって,同窓会名簿を作って良いのかと心配したり,幼稚園の運動会で写真を撮ってはいけないのでないかなどという声が上がっているということが指摘されてきた。ここここなどでも問題点を指摘したが,今回,まとまった調査(1056労組)によって,企業がいかに過剰反応しているかがよく分かった。

アンケート結果は,
【個人情報保護を理由に、従業員の全部または一部に誓約書を提出させた企業は34%。その6割強に、「企業秘密の保護義務」や漏えいした際の「一切の損害賠償」を約束させる内容が含まれ、競合する他社への転職や起業禁止も約2割あった。何が「企業秘密」に当たるのか具体的に明示せず、会社に関係する情報ならすべて秘密と誤解される内容も多かったという。】まさに,内部告発を抑止するために使われている。職業選択の自由も侵害されている。

【一方、従業員や家族の個人情報については、会社が自由に第三者に提供できるよう同意させる内容を含むものが、2割あった。】何に使うつもり何だ!名簿屋にでも得るのか!!

【個人情報保護に関する研修、教育をしないまま同意を迫る例や、労使協議を経ない例、保護法対象外の小規模事業者なのに誓約書を出させるケースも目立ったという。】個人情報保護法について話す機会があったときに,強調したのがこの点,きちんと労使協議をしてガイドラインを作らないと,更衣室まで隠しカメラをつけられるかねないし,メールだってチェックし放題になってしまう…。

【この日の部会では、過剰反応に対し、委員から「常識的な判断に基づいた明確な指針を部会が示すべきだ。解決できなければ法の改正も考えなければならない」などの意見が出された。】というが,まさにそのとおりだ。





コメント   トラックバック (2)   この記事についてブログを書く
この記事をはてなブックマークに追加
« 憲法改正国民投票可能年齢1... | トップ | 勝手にランキング第3週~毎... »
最近の画像もっと見る

コメントを投稿

ブログ作成者から承認されるまでコメントは反映されません。

コメント利用規約に同意の上コメント投稿を行ってください。

数字4桁を入力し、投稿ボタンを押してください。

あわせて読む

2 トラックバック

この記事のトラックバック  Ping-URL
ブログ作成者から承認されるまでトラックバックは反映されません。
会社有利の誓約書迫る企業続出 (ろーやーずくらぶ)
 30日の内閣府・国民生活審議会個人情報保護部会で、連合の委員が、個人情報保護法施行を理由に、従業員に外部情報漏洩の場合の損害賠償責任を負担させる「誓約書」を採るなど、異常な対応が目立ったと報告しました。読売新聞  過剰反応、というより、使用者が優越的...
会社有利の「誓約書」迫る企業続出 (風に吹かれて)
 一昨日、企業倫理についてエントリーしたが、11月30日付け読売新聞の「会社有利の誓約書迫る企業続出…情報漏らすと賠償など」という記事を見つけた。ネットで見たら個人情報保護法の目的は、やっぱり、会社情報保護法だった?!や、会社有利の誓約書迫る企業続出で紹介