情報流通促進計画 by ヤメ記者弁護士(ヤメ蚊)日隅一雄

知らなきゃ判断できないじゃないか! ということで、情報流通を促進するために何ができるか考えていきましょう

広告

※このエリアは、60日間投稿が無い場合に表示されます。記事を投稿すると、表示されなくなります。

あなたの子が軍隊に行かざるを得ないような社会にしたいですか【安倍再チャレンジとブッシュNCLB】

2006-11-19 22:39:03 | そのほか情報流通(ほかにこんな問題が)
 アメリカ連邦公法「落ちこぼれ防止法(No Child Left Behind Act)」第9528条(←クリック)は、学区に対し、生徒の氏名、住所、電話番号を要求に応じて米軍リクルーターに提供することを義務付けており、リクルーターが生徒の自宅に電話をかけ、軍隊に加入するよう迫っている。これに対し、学区が個人情報を米軍リクルーターに提供しないよう要求するオプトアウトの権利を実現するために、市民団体が書面を配布している。冒頭の書面は、その書式の日本語版(←クリック)だ。

《追記:沖縄知事選は、与党候補が当選したとの報。ここ(←クリック)で述べたように、共謀罪法案は、明日、非常に危険な状況になる。教育基本法改正阻止のためにも、共謀罪法案を安易に通過させないようご協力を!》

 折しもNHKは、格差社会による低収入層が軍隊への予備軍となっているというアメリカの実態を描く番組・BSドキュメンタリー「高校生を獲得せよ:米軍リクルート活動」を放送した。この米国の法律は、2002年に成立しており、安倍っちがここからヒントを得て、再チャレンジなどという、一度は落ちこぼれることを前提としたプランを思いついた可能性がある。

この法律を分かりやすく説明したブログがあるので、まず、そちらから紹介します。

■■「教育改革」は海外戦争準備のため?:引用開始 ■■

堤未果さんの著書によると、2002年春、ブッシュ政権下、新しい教育改革法案が議会を通った。「落ちこぼれゼロ法」(No Child Left Behind Act)という名のこの法律の目的は、全米の高校からドロップアウト(中退者)を救い上げ、その数をゼロにすること。
 学校・教育委員会・教育省・政府ばかりか軍も状況を把握しなければならないとされていて、107条110項(ヤメ蚊注:ここは9528条だと思う)にはこう書かれている。
 「すべての高校は、生徒の親から特別な申請書が提出されないかぎり、軍のリクルーター(募集員)に生徒の個人情報を渡さなければならない。また、軍の関係者にも、普通の業種のリクルーターと同じように、就職説明のために生徒と接触することを許可することを義務付ける」。
 ロッドペイジ教育省長官とラムズフェルド国務長官は共同署名して、各州教育委員会がすべての学校がこの法律に従うよう徹底すべしと、指示を出した。
 拒否すれば政府からの助成金が打ち切られる。裕福な私立学校は困らないとしても、助成金でぎりぎり運営している貧しい地区の公立高校は逃げる余地がない。
 軍に渡される情報には、生徒の国籍・親の職業・学業成績・市民権の有無・ケイタイ電話番号。
 生徒に渡された軍のパンフレットには、陸海空軍の制服姿の凛々しい青年の写真と「祖国アメリカのために働くヒーローたち」という言葉。
 そして夢のような説明――入隊すれば大学費用は全額を軍が支払う。契約期間中に受けた職業訓練は除隊後の就職活動に非常に有利。軍の医療保険は家族にまで適用され、除隊後も退役軍人用のクリニックで生涯無料で治療が受けられる。
 しかし、実際は――州兵なら月に1回基地で訓練を受けるだけと聞かされたのに、入隊3週間で海外の戦闘地域へ。(2004年の時点で,中東地域へ派遣された州兵は三十万人以上。イラク駐留米兵の一〇人に一人は州兵と予備役兵)。大学の学費を申請しようとしたら、初年に前金として1200ドル払うのが条件と知らされる。実態は、学費を受ける兵士は全体の35%、うち卒業するのは15%。
 不法滞在で怯える若者に入隊すれば市民権を与えるという移民局。国防総省によると、2003年末で、アメリカ市民でない現役兵士は三万七千四百一人。

 アメリカは徴兵制ではない。しかし、貧困青年や学校中退者にとっては、志願制といっても、軍隊に入るしかないとなると、徴兵制みたいなもの。

 わたしたちの日本でも、ワーキング・プアと呼ばれる青年がつくられている。政官財の支配者たちは、戦闘兵士供給源として意図的にこういう青年たちを作り出しているのではないか。
 何年前か、文化庁長官の三浦朱門氏が、エリートを百人中一人作ればいいのであって、九十九人にカネをかける必要はないんだ、と言ったと記憶するのだが、安倍晋三内閣の教育基本法改定と教育改革の狙いも、此処にあるのだろう。

■■引用終了■■

これを取り上げたNHKの番組について書かれたブログは以下のとおり。

■■17歳の決断:アメリカ軍のリクルート 引用開始■■

 18日、ふと見たBSドキュメンタリー「高校生を獲得せよ:米軍リクルート活動」で、ジュニアROTCをとりあげており、あまりのタイミングの合致に目を疑った。

 イラク戦争に深くかかわっている米軍は、多数の兵員を必要としている。そのために、1960年代から、Junior ROTCと称する高校での軍事教育訓練を実施している。現在では3000校、高校生40万人が参加している。ニューヨークでは、米軍はブロンクスなど黒人、ヒスパニックの多い地域で、重点的にリクルート活動を行っている。貧困な家庭のため大学に行かれない高校生を、除隊後の奨学金、在役中の安定した給与で誘っている。

 数は少ないが、軍のリクルーターを追い返しているしっかりとした校長もいないわけでない。しかし、人生経験の浅い17歳の高校生は、リクルーターの執拗な勧誘で入隊を決めてしまう。

 9.11以後、愛国心に訴えるリクルーターに誘われて、軍隊に入ったところ、たちまちイラクへ送られ、幸い帰国し、除隊した若者の1人が、これではまるで「貧困者に的を絞った徴兵制度」 economic draft だと述べていたことに共感した。

 現在では海外派兵の対象とはならないと思われていた州兵も海外へ派遣される。「落ちこぼれ防止法」No Child Left Behind Act という驚くべき法律が軍リクルートを支えるひとつの背景になっていることを知り、さらに愕然とした。「教育基本法」審議の現状を目の前にして、しばらく不眠につながる原因が増えてしまった。

■■引用終了■■

こういう情報を引用の形で紹介することも立派な情報流通促進活動だと思う。

このままでは、数年後には、あなたの子供の情報も自衛隊(いや、防衛軍とでも変更されているかな?)に流されるかも…。で、米国のようにオプトアウトを利用しようしたら、「うちの学校ではオプトアウトが多すぎて愛国心教育が足りないと言われて、予算がカットされそうだ。この書式は預かっておきます」などと担任に言われるかもしれない…。(米国の父母もこういう事態になるなんて数年前までは思ってもいなかっただろう)

参議院で教育基本法改悪を阻止しよう!!




★「憎しみはダークサイドへの道、苦しみと痛みへの道なのじゃ」(マスター・ヨーダ)
★「政策を決めるのはその国の指導者です。そして,国民は,つねにその指導者のいいなりになるように仕向けられます。方法は簡単です。一般的な国民に向かっては,われわれは攻撃されかかっているのだと伝え,戦意を煽ります。平和主義者に対しては,愛国心が欠けていると非難すればいいのです。このやりかたはどんな国でも有効です」(ヒトラーの側近ヘルマン・ゲーリング。ナチスドイツを裁いたニュルンベルグ裁判にて)
※このブログのトップページへはここ←をクリックして下さい。過去記事はENTRY ARCHIVE・過去の記事,分野別で読むにはCATEGORY・カテゴリからそれぞれ選択して下さい。
また,このブログの趣旨の紹介及びTB&コメントの際のお願いはこちら(←クリック)まで。転載、引用大歓迎です。なお、安倍辞任までの間、字数が許す限り、タイトルに安倍辞任要求を盛り込むようにしています(ここ←参照下さい)。

『社会』 ジャンルのランキング
コメント (15)   トラックバック (13)   この記事についてブログを書く
この記事をはてなブックマークに追加
« プロ市民とは何か~右翼的発... | トップ | 共謀罪の罪種、米2州では2... »
最近の画像もっと見る

15 コメント

コメント日が  古い順  |   新しい順
「華氏911度」でも (TAC)
2006-11-20 00:16:43
マイケル・ムーアの映画でも取り上げてましたよね。軍隊に行くしか「仕事」がない町…そして、ブッシュをはじめ上院議員は家族を誰一人として兵士という形でイラクへは送っていないアメリカの現実…。

少なくとも、乃木大将は日露戦争で多くの兵士を犠牲にしたけれど二人の息子もその犠牲者の中に入っている。では、ブッシュは? そして、安倍氏や与党の議員の家族は? 誰か自衛隊員としてイラクに行っているのでしょうか?

地方の仕事を潰して経済格差を拡大し、「グローバル化」や「国際競争力の維持」を口実に労働者の給与の上昇を抑制して…どこの誰がモノやサービスを買うのか? 

自分が安全なところにいて他者に愛国心を強要し戦場に赴かせる輩を、『銀河英雄伝説』という小説に出てくるヤン・ウェンリーという軍人(父親が亡くなったので歴史を勉強するためにやむなく士官学校へ入ったという設定でした)が徹底的に糾弾していましたが、その言葉には共感しました。小説に現実が近づいているように感じますが、流れを変える努力は続けたいものです。
Unknown (yasu)
2006-11-20 00:37:15
こんばんは、いつも愛読しております。安倍首相は確実に参考にしているでしょう。再チャレンジの本質は自衛隊員増強にあります。このような指摘はとても目を見開かせてくれるものです。ひとつひとつの事柄が何に結びついているのか、それを検証することはとても重要なことだと思います。共謀罪でも海外の状況を教えてもらいました。国が行おうとしていることの意図がよくわかるものでした。これからも教示をお願いします。
心配いらへんですわ (不知火の残党)
2006-11-20 00:56:30
>再チャレンジの本質は自衛隊員増強にあります

 増強したかったら、再チャレンジ以前に、財政再建と予算編成時の財務省主計局の同意が必要ですな。ない袖は振れない。
 そもそも、増強して何するの?動機も無くて増強したって、その分公共事業とか社会保障が削られるんだから、支持母体を失いかねない自民党内からの突き上げは強くなるだろうなぁ。権力維持考えたら、とても引き合わんわ。

ps 一国の軍隊の最高指揮権を総理なり大統領が行使するのが、民主政治というもの。政治家は、必要とあれば他人の子(有権者)を死地に送り込む非情な決断ができなければならない。それが嫌なら、政治家になんかならないことだ。
上記で「不知火の残党」を名乗る方へ (ヤメ蚊)
2006-11-20 01:09:07
 え~、何度も繰り返すようですが、歴史研究家を自称する「不知火の残党」さん、無償ブログでも立ち上げて、発言が特定できるようにしてください。

 不知火の残党を名乗る方が何号までいるのかもしれず、コメントを返すのが非常にむなしい…。一時的にコメントをする方ならまだしも、あなた(あるいは、あなた方)は継続的にコメントをされています。もし、無償ブログを立ち上げられないというのなら、その理由をお答え下さい。

 内容にわたる議論はそれからにしましょう。
言葉の障壁を利用して (ヤメ蚊)
2006-11-20 01:17:21
情報鎖国状態にされている状況がありますよね。例えば、国連に対して日本は多額の出費をしているのだから、本当は、あらゆる国連のウェブサイト上のデータは全て日本語化することが必要なのに、そういう努力は怠る…というか、あえてしない。そういうことこそ、安全保障上大切なことなはずなんですが…。
おもしろいサイトですね (のり)
2006-11-20 06:56:27
教育基本法改正の何が問題なのか?を詳しく書かれているHPありましたら紹介してください。
「あなたの子が軍隊に行かざるを得ないような社会にしたいですか」というタイトルは教育基本法改正の問題とは関係ないのでは?飛躍しすぎなように感じます




Unknown (ココロ)
2006-11-20 10:09:54
おはようございます。TBありがとうございます!^^まったくもって同感です!これかもよろしくお願いします!^^
Unknown (うさあ)
2006-11-20 17:13:13
こんにちは
すごく勉強になるブログですね。
共謀罪採決のことが気になって、しょうがないです。
自分のブログで、教育基本法改正と戦争はつながっている、ということを書いたら、それは飛躍しすぎだと
いう意見がありました。自分でも、
誰を兵隊に選ぶつもりなのかは、疑問な点でした。
でも、ここの内容を読むと、
裏のカラクリが見えてくる気がします。
今度参考にした記事を載せようと思います。
兵役の自由? (self0507)
2006-11-20 17:32:16
アメリカの実質的州兵の現状はこのようなものであることは、イラク戦争におけるフセイン銅像への星条旗掛け事件のチェン伍長の話で有名なのですが、
個人的には、移民がボトムから這い上がるに、兵役による市民権獲得という手法があるのは、まだヘタな移民国家よりもマシではないか?と思う次第である。例えば、フランスの北アフリカ移民の現状やドイツ、イタリアの東欧移民の事例を考えると、まだ兵役という道筋で市民権獲得という希望が見出せることは、「当事者の自由意志による選択」という部分において、「他人に迷惑かけない限りは自由」(JSミル的自由概念)で考えて問題とは思えないし、それだけの機会を付与しているアメリカをある種、評価さえしている。
日本の現状は移民なしでも同じように人員不足であり、平素から市役所の総務課が窓口になっていたりするし、一部の地方では戸籍簿が自衛隊の地方連絡所のリクルーティングに使われていた事実さえあるわけで、アメリカほどではないにしても日本もその類似系という評価が妥当だと思う。
そもそも、近代国家として、夜警国家を含めて、国防組織は必要であると思う自分は、このようなリクルーティングは国防責務からして仕方ないと思う。より災害有事の際に一般行政が機能せず、軍隊が臨時行政として機能することは、日本でもアメリカでも大災害時に実例を見ているわけである。これらの活動は消防機能を超えた軍隊規模での対処が必要であることも考えれば、また評価を別にして、考えて欲しい、とは思う。
それに、軍隊が有機的に存在しえることそのものが、抑止力という効果をある程度はもっていることを考えると~~これ以上は割愛しますが、もう少し、フレキシブルに軍隊というものを概観してもいいのではないでしょうか?
ちなみに、海上自衛隊は万年人員不足です
政治にも独占禁止法の適用を。 (デカルト)
2006-11-20 19:16:24
沖縄の選挙期間中、高市大臣が、「与党候補者が負ければ、沖縄への経済振興策はありえない」と言って、選挙民をおどしていましたが、これは脅迫や買収にあたりませんか?

このままでは、貧しい地域は奴隷地域になってしまいます。
こんにちは (imacoco)
2006-11-21 15:31:32
なるほど…再チャレンジには そんな裏があったんですね…つくづく 卑劣な連中です。
私もブログを始めようと思います。 (イルマ)
2006-11-21 16:11:38
>ヤメ蚊さん

私もブログを立ち上げることにしました。これまで、あちこちのブログにカキコミはさせていただいてきましたが、自分で運営するのはちょっと自信がなかったのです。しかしもう、そんなことは言っておられません。

私はもともと政治的なことにはあまり関わりたくない人間でした。しかし、最近の世の中の流れはどうしても気になってしかたがない。教育基本法改正→共謀罪制定→憲法改正 こんなことにだけは絶対になってほしくないと思うようになりました。

マスメディアがほとんど当てにならない状況で、こちらのようなネット上のブログ群の存在は貴重なものです。非才な者ではありますが、私もこの流れに加り、ささやかな灯りを点して行こうかと思います。開設に当たってはその前にいろいろ勉強しておきたいこともあるので、しばらくはこちらには書き込まないと思いますが、立ち上げた暁にはまたご挨拶に参ります。

(ちなみに私の本業は食うや食わずの自営業者です。(いわゆる、カッコイイ“自由業者”ではありません。)だから、本当はブログ運営なんかしてる暇はないんですが、そんな私でも、何かせずにはいられないほどに、今の状況はひどい。こうしてまた、“名誉のプロ市民”が誕生するわけです。w)
情報流通のアンテナが増えることは (ヤメ蚊)
2006-11-22 01:22:46
本当に嬉しいことです。頑張りましょう!
はんのき日記PART2 (どんぐり)
2006-11-22 18:09:42
転載をさせていただきました。私はヤフーブログなので、他のブログのやり方がよくわからないのですが、これでよかったのでしょうか・・。
どんぐりさん (ヤメ蚊)
2006-11-22 20:04:02
ありがとうございます。ただし、エラー表示になっているようです。こちらの問題かもしれませんが…。

コメントを投稿

ブログ作成者から承認されるまでコメントは反映されません。

コメント利用規約に同意の上コメント投稿を行ってください。

数字4桁を入力し、投稿ボタンを押してください。

あわせて読む

13 トラックバック

この記事のトラックバック  Ping-URL
ブログ作成者から承認されるまでトラックバックは反映されません。
生活相談所から (open+)
今日は日本共産党さいたま地区委員会の党会議でした。 地区党会議は年に1回開かれます。 地域にある全部の支部から代表が参加して、 1年間の活動の方針や地区役員を選出する会議です。 今日の会議では、 来年のいっせい選挙と参議院選挙に向けた活動方針を決めま ...
愛国心について (冬時間の風景)
愛だからよいと思うのは短絡
衆議院 法務委員会 名簿 (2006年11月1日) (秘書課、村野瀬玲奈です。)
教育基本法の政府与党案強行採決によって与党は共謀罪の審議にも入りたいような様子が報道から伝わってきますので、機先を制して(笑)のせておきます。前回の国会会期の時にくらべてメンバーが一部入れ替わっていますね。衆議院 法務委員会 名簿 (2006年11月1 ...
安倍晋三首相の最重要課題。教育基本法改正 支持は 27,5%。 不支持55,8% (平和・自由・民主主義とインターネット)
安倍晋三首相が最重要課題と位置付ける教育基本法改正案の採決、支持するたったの27,5%。TBSラジオ「アクセス」。  ネットで集計結果やよせられた意見を見ることができます。 与党の採決を支持する意見も興味を持って読みました。 まるで野党が討議を拒否 ...
あなたの子が軍隊に行かざるをえないような社会にしたいですか【安倍再チャレンジとブッシュNCLB】 (内申書制度の廃止を求めます)
予算絡み悩ましい会期延長 教基法案成立優先も http://flash24.kyodo.co.jp/?MID=GIF&PG=STORY&NGID=poli&NWID=2006111901000190 (岐阜新聞 11月19日) 教育基本法で20日にも国対委員長会談 二階氏 http://www.chugoku-np.co.jp/News/Sp200 ...
<追記> 小さな声を・・・マスメディアに!!! (わんばらんす)
一滴の水も集まれば・・・大河になる。 ********************************************************* 追記しました!  06.11.19もしも転載しているかたがいらっしゃいましたら修正をヨロシクです。 ***************
決してあきらめない (お玉おばさんでもわかる政治のお話)
前回の記事「シュプレヒコール」にコメント下さったひまわりさんのひと言 権力者は我々があきらめるのをニヤニヤしながら待っている・・・。ある小説の一文です。このブログに来ている皆さんは、もうあきらめますか? いいえ、お玉は決してあきらめない 「平和 ...
日本国は断じて「将軍様マンセー」の国であるべきでは無い!-教育基本法「改悪」問題について (ある国際人権派の雑食系ブログ。(仮))
教育基本法「改悪」問題についてもう一丁。 というか、巷では「日本国民なら卒業式で日の丸・君が代に敬意を表すのは当たり前」とかいう類の議論がありますけど、欧州などのリベラル・デモクラシーが根付いている国々では学校等での公的儀式の際に国旗を掲揚し ...
06年11月21日・火曜日・破産した夕張市と選挙の大切さ (護憲+グループ・ごまめのブログ)
06年11月21日  庶民は多くの新聞を見るのは経済的に無理なので、一社の新聞しか見る事ができない。今日も、昨日の夕刊と朝刊から記事の見出しを取り上げてみたが,何時ものように明るい記事は少ない。           その中で慶応大学と共立薬科大学の統合 ...
「殺す(自衛軍)のですか? 救う(災害救隊)のですか?」(「自衛隊を災害救助隊へ」フォーラム&リーフレット) (ICCで「人間の安全保障」)
2006.11.22.00:30ころ 昨日、某レストランで、「自衛隊を災害救助隊
トラック・バックされていた記事(2) (Luna's “A Life Is Beautiful ”)
「松尾光太郎 de 海馬之玄関BLOG」というYAHOOブログがトラックバックを下さいました。内容については、トラックバックをクリックしていただいても読むことができます。北星学園の安倍総理への抗議メールは「やらせ」であるという主張です。引用しておきます。 ...
9.11=八百長説を追求しているドキュメンタリーの日本語版がアップされた (低気温のエクスタシーbyはなゆー)
「Loose Change 2nd Edition,日本語吹き替え版」 Google Video: Loose Change 2nd Edition, Japanese (1時間23分31秒) 「9・11テロは開戦理由が欲しい米政府が仕組んだ現代の真珠湾攻撃」と見なす「9・11はアメリカ政府陰 ...
格差をつくる意味 (百年の孤独byAequitas)
今日HDRにぶち込んであった番組を見た。NHK-BSで18日に放送された「高校生を獲得せよ~米軍リクルート最前線~」というNHK制作のBSドキュメンタリー。 内容はイラク侵略→駐留の長期化で兵士不足に陥った米軍のリクルート活動を追ったもの。その現状は ...