情報流通促進計画 by ヤメ記者弁護士(ヤメ蚊)日隅一雄

知らなきゃ判断できないじゃないか! ということで、情報流通を促進するために何ができるか考えていきましょう

広告

※このエリアは、60日間投稿が無い場合に表示されます。記事を投稿すると、表示されなくなります。

共謀罪継続審議へ~姑息な与党,再々修正案の提案!

2006-06-17 01:10:21 | 共謀罪
【本日16日、共謀罪の新設法案が継続審議となることが確定しました。残念ながら廃案ではありません。しかし、与党、法務省は今国会での共謀罪の成立を実現できなかっただけではなく、衆議院さえも通過させることができず、法務委員会での継続審議となりました。これは、共謀罪に反対する院内外のたたかいの大きな成果です。秋の臨時国会に向けて、共謀罪反対の声を更に広げ、共謀罪廃案をなんとしても実現しましょう】(レイバーネット)という結果になりましたが,なんと,与党は,国会最終日に,民主党案を丸飲みしようとした事実を「抹消」するためか,再々修正案を法務委員会に「提案」したという。

上記HPによると,【与党は、本日の法務委員会で最後の悪あがきにでました。
午前10時15分頃開始された委員会で共謀罪新設法案の継続審議を賛成多数で可決した後、委員会は閉会ではなく休憩に入りました。与党が、与党修正案を臨時国会で参照とすることを議事録に残すことを求めてきたからです。この問題は与野党の間で激しい議論になったということです。国会で継続審議になるのは、修正案が議決されない以上、政府提出法案です。したがって与野党の修正案は継続審議とならず、廃案となります。つまり、形式的には秋の臨時国会で政府提出法案からしか審議が開始されない、審議がゼロからはじまることを恐れ、与党は議事録に臨時国会で与党修正案を参照にする旨の記述を残そうとしたのです。実に姑息なやり口です。与党は、本会議での共謀罪の継続審議の採択後(野党は反対)、再開された法務委員会でこの与党修正案を臨時国会で参照とする旨の記述を議事録に残すことを採決しました。こんな記述はなんの役にもたちません。なんの役にも立たないことを私たちの共謀罪の廃案を求める運動で実証してみせましょう。】という。

保坂議員もブログ(←クリック)で,次のようにほうこくしている。

【9時半から開かれた法務委員会理事会で与党側から提案されたのは、閉会に向けて「共謀罪」を継続扱いしたい(野党は反対)という従前通りの手続きの処理を終えた後で、自民党で民主党との協議にあたった理事から「経過報告」と、与党側の修正試案を会議録に添付したいというものだった。

事実上の「再々修正案」である。ならば、堂々と委員会で「再修正案」(5月19日)
を撤回し、今日の委員会で提案すればいいのではないか。なぜ、会議録に再々修正案を収録するという不規則な形をとるのかと、民主党は異議を唱えた。どうも、与党側も、3回目の修正案を出して会期終了で消失するのではカッコが悪すぎるということがあったのだろうか。

2週間ごとの金曜日に「共謀罪」をめぐってギリギリの際どい展開を経験してきただけに、「また2週間後の金曜日か」というイヤな予感もあった。与野党で意見調整はつかず、一時は野党側で「委員長不信任案」を委員会で出し、「解任動議」を本会議で出すかというひとときまであった。

昼に開かれた本会議では、議長から閉会にあたっての挨拶もなく、「本日はこれにて散会します」と言っただけで終わり、また再開された法務委員会理事会は、1時間半続けられた後、本来は納得できないが「会議録」に与党側修正試案を残すだけなら、採決をへて処理せよ。それ以外の発言はやめてもらいたいという点で決着した。3時前に開かれた法務委員会では、委員長が「与党側修正試案を自民党及び公明党から本日の会議録に参照掲載(添付するという意味)することを求められています。本件に賛成の諸君の起立を願います」と呼びかけ、与党が起立、私と民主党7人は大声で「ハンターイ」と叫んだ。知らない人が見ていたら、まるで共謀罪が「闇討ち採決」されたのと勘違いするかもしれない。】

ということで,例によって,国会TV(←クリック)で,チェックしてみた。法務委員会のところ(インデックスの2枚目)を探すと「石原伸晃(法務委員長)」が2ヶ所ある。上が継続審議にする場面で,下が「与党再々修正案」について添付する場面だ。わずか1分足らずで終わります。姑息な自民・公明党のやり口を確認しておきましょう。…っていうか,自民・公明,ダッチロール化かって感じぃ!

毎日新聞の記事(←クリック)も参照下さい。

【「共謀罪」を新設する組織犯罪処罰法改正案を巡り、衆院法務委員会の与党理事らが16日会見し、民主党修正案を「丸のみ」する方針は「一切なかったことになる」と述べて、撤回することを明らかにした。与党は同日の委員会に「与党側修正試案」を示し、今秋に想定される臨時国会では、この試案を軸にして成立を目指すという。試案は(1)共謀罪の適用にあたって国際組織犯罪防止条約の目的を逸脱しない(2)5年以下の懲役・禁固に当たる犯罪の共謀については特に慎重に適用する--などを盛り込んでいる】





※このブログのトップページへはここ←をクリックして下さい。
『社会』 ジャンルのランキング
コメント (3)   トラックバック (5)   この記事についてブログを書く
この記事をはてなブックマークに追加
« 六ヶ所村で何が起きているの... | トップ | こんなにはっきり~警察の共... »
最近の画像もっと見る

3 コメント

コメント日が  古い順  |   新しい順
トラバありがとうございました。 (japanduke)
2006-06-17 09:39:23
ヤメ記者弁護士様「鬱の日記」のjapandukeです。お久しぶりです。トラバ,ありがとうございました。日本は,軍国主義化にまっしぐらですね。本来,こうした動きを阻止すべき民主党も,路線的には自民党と同じです。所詮同じ穴の狢ですね。廃案を目指すのではなく,対案を提出しています。もう誰にも止められません。2004年の「国民保護法」の時に,私たちは気づくべきだったんです。もうご存じだと思いますが,「戦争のつくりかた」

http://blogs.yahoo.co.jp/japanduke/36805950.html 是非ご覧下さい。
収獲 (ekityomaro)
2006-06-17 09:54:35
TB有難うございます。



いろいろありますが、油断出来ませんね。廃案へ向けて国民の結集が必要ですね。まだ間に合う・・・んだから、諦められませんね。皆様のご活躍ご活動が実り多い結果を得られますように祈ってます。

有難うございました。
TBありがとうございました (imacoco)
2006-06-18 11:19:43
本当に 油断できないですよね。

こつこつと、メデイアなどへの 個人的な働きかけもやって行こうと思います。

コメントを投稿

ブログ作成者から承認されるまでコメントは反映されません。

コメント利用規約に同意の上コメント投稿を行ってください。

数字4桁を入力し、投稿ボタンを押してください。

あわせて読む

関連するみんなの記事

5 トラックバック

この記事のトラックバック  Ping-URL
ブログ作成者から承認されるまでトラックバックは反映されません。
まいど! 安晋会関連企業殿 (反戦な家づくり)
センチュリー債権回収という会社が業務停止になった。 日経(6/14) 法務省が業務停止命令を出すのは、民間企業の債権回収を認めた1999年2月の同法施行以来初めて。  法務省によると
アホな議員の質問と、アホな教育長の答弁!(戸田市議会) (★遊牧民★のメディア棒読み!)
★遊牧民★です。 「草の根メディア9条の会」の小宮さまと、同じく「草の根メディア9条の会」の岡 嵜郁子さま(戸田市会議員・日本共産党)からの情報です。 埼玉県戸田市議会で、民主党(民主クラブ)高橋秀樹議員は6月13日、伊藤教育長 に対し「ネット右 ...
今国会の収獲 (益鳥の思いつき放題放談之記)
いずれにしても国会という名の茶番劇場舞台で演じられる「税金の無駄遣い」演目一幕の、国民にとって「空しい限り」の150日であることは変らない。メール事件で失速した民主党の追及劇が、前原を退き下ろしたことは自民党からは「対決路線の小沢代表でなく、対案路 ...
生活感覚に訴える運動が必要~去年のワイドショー選挙の一面から学ぶ~ (どこへ行く、日本。)
今日またちょっと思ったことを、簡単に書きとめておきます。 運動の成否は、主張がいかに普遍性を持ち得るか、説得力を持ち得るか、いかに幅広い層から共感を持って受け入れられるか、にかかっている。 真実から目をそむけようとする人についても、運動を訴え ...
共謀罪継続審議(与党修正試案付き) (散策)
今日で国会も閉会。16日の最後の法務委員会は、共謀罪は継続審議と、異例の与党の修正試案が付けられたとのこと。 与党としては、民主案丸呑みの提案を撤回する意図で、添付されたものと。