情報流通促進計画 by ヤメ記者弁護士(ヤメ蚊)日隅一雄

知らなきゃ判断できないじゃないか! ということで、情報流通を促進するために何ができるか考えていきましょう

広告

※このエリアは、60日間投稿が無い場合に表示されます。記事を投稿すると、表示されなくなります。

安倍発言、これではデモが、起きるはず(字余り)

2005-05-05 18:18:26 | 有事法制関連
4月30日付「靖国参拝で、どのように慰霊しているのか?!」という当ブログ記事で、

「あなた方を含む、中国・韓国などアジアの人、米国の人、沖縄・広島・長崎などの犠牲者など多くの方の犠牲を自らの家族のことのように忘れず、二度と戦争を起こさない。そのために全力で軍隊の不必要な世界・地域社会をつくるべく努力をする」と誓うのか、それとも、「あなた方の死を無駄にしないためにも、日本を軍事的にも普通の国とし、発言力を高める」と誓うのかでは、参拝の意味が全く異なる。

と書かせて頂いたが、安倍晋三自民党幹事長代理が「国のために戦った方に尊敬の念を表することはリーダーの責務だ」と述べ、集団的自衛権の行使についても、「憲法上、行使できないとの政府の解釈は限界に来ている」と述べ、行使を容認するよう政府が早急に憲法解釈を変更することが望ましいとの考えを示したらしい(読売新聞 http://news.goo.ne.jp/news/yomiuri/seiji/20050503/20050503i213-yol.html)。

果たして、戦没者たちは、自分たちが死ぬ瞬間、「(リーダーに)尊敬して欲しい」と思ったのだろうか。あるいは、生前、そう願っていたのだろうか。そして、安倍さん、あなたは、今後、集団的自衛権を行使することがあった場合、戦場に赴く者、あるいはその家族に対し、「尊敬するから頑張って死んでこい」と言うつもりなのだろうか。

安倍さん、あなたは、戦没者の遺族の気持ちを真剣に、本当に心から真剣に、考えたことがありますか?「尊敬するために参拝して欲しい」なんて思っている人が何割いるだろうか。多くは、政治を司る者に対しては、「死なせて申し訳ない。二度とあなたのような犠牲者を出さないように全力で努力する」と心から誓って欲しいと考えているのではないだろうか。

安倍さん、もし、戦争になったら、あなたやあなたの家族から率先して、戦地に赴いてくれますか。死んだ後で、「安倍さんを尊敬している」と口先では言うから…。





コメント (12)   トラックバック (2)   この記事についてブログを書く
この記事をはてなブックマークに追加
« ゆとりのためのサマータイム制? | トップ | 自衛隊取材拒否 by 読売... »
最近の画像もっと見る

12 コメント

コメント日が  古い順  |   新しい順
・・・空いた口がふさがらない。 (さじった)
2005-05-05 20:49:57
こんな発言しているようではダメですね。



あと、そんなことを言う人に議員をさせている、

自分たちにも責任を感じてしまいます。

「自分の投票区でない」といってしまえば

それまでですが、自分の投票区じゃない人にも

影響を及ぼすであろう行動が必要なのでは?

それで、自分が何か動いているかというと、

「何もできていない、自分」

を反省してしまいます。



~これではデモが、起きるはず~

となっていますが、「国内で起きていないこと」が

重要なのではないでしょうか?
おっしゃるとおりだと思います (ヤメ蚊)
2005-05-06 00:36:26
安倍さんは、このような発言をしたうえで、首相になったら、堂々と靖国に行けるって思っているのでしょうから…
TBありがとうございます (redkite)
2005-05-06 10:30:56
靖国が一国の大臣・首相が何度も言及するほどの存在かどうか自体、疑問です。日本・家族・友人・部下のために戦地で命を落とした人はいくらでもいるでしょう。靖国で祀られているのは、その一部です。靖国に「国のために戦った」「尊敬すべき」という褒め言葉をことさらに奉ることはないでしょう。それでは祀られていない戦没者の立場がありませんよ。祀られている人にしろ、召集されたからやむなく出征した人もいるでしょうし。

我ながら悪辣で気がひけるのですが、戦時中の政治家を祖に持つ大臣さんには、靖国に特に思い入れがあるのかと。

長文失礼しました。

Unknown (しろ)
2005-05-07 12:41:47
>安倍さん、もし、戦争になったら、あなたやあなたの家族から率先して、戦地に赴いてくれますか。死んだ後で、「安倍さんを尊敬している」と口先では言うから…。



彼や彼の家族があなたを守るために

率先して戦地に赴いて、

そして死んだとしても、

口先でしか尊敬できないのですか?



単純に疑問に思ってコメントさせていただきました。
彼のいう「尊敬」の真意が分からないから (ヤメ蚊)
2005-05-07 14:02:13
「口先」という表現をしました。



仮に、私を守るためにだれかが戦争に赴いて犠牲になったら、「尊敬」でなく、「申し訳ない」と言う気持ち、「感謝」の念、「二度とそのような犠牲を出さない誓い」をするでしょう。



私には、戦死者を「尊敬」するという気持ちが理解できないのです。

「尊敬」ということはそういう行為を奨励することであり、それは国家にとっては都合がいいことでしょう。

しかし、犠牲になる1人1人の兵士は、自分のような犠牲を出さないで欲しいと願うはずであり、「尊敬」して欲しいとは思っていないはずです。



さらに、「口先」というのは彼もしくは彼の家族が率先して戦地に赴くはずがないという点からの皮肉的表現でもあります。これは文脈からお読み取り頂けるはずですが…。



これまでに戦争で犠牲になった多くの方に対しては、「安らかにお眠り下さい。二度と戦争で犠牲者を出さないようにできるだけの努力をします」と祈るしかできません。



ヤメ蚊さん、ご回答ありがとうございました。 (しろ)
2005-05-07 17:13:02
なるほど、相手が安倍氏であれ、「感謝」の念はおありなのですね。最初に抱いた疑問は素早く解決しました。ありがとうございました。



新たな疑問が浮かんできたのですが、一つお聞きしてもよろしいでしょうか?



>仮に、私を守るためにだれかが戦争に赴いて犠牲になったら、「尊敬」でなく、「申し訳ない」と言う気持ち、「感謝」の念、「二度とそのような犠牲を出さない誓い」をするでしょう。



仮の話を続けて恐縮ですが、上記の「だれか」は、理由はどうあれ、敵を殺しにいくわけですよね。敵にも、きっと守るべき人がいるのでしょう。二度とそのような犠牲者を出さない誓いをしたヤメ蚊さんが、そのような「だれか」に対して、本当に、感謝の念を抱けるものなのでしょうか?

それよりも、「敵が殺しに来るなら、私は潔く殺されよう。守ってくれなくて良い。私を守るために人を殺すような人間に対して感謝などできない。」と言う方が、よりヤメ蚊さんの主張に適っている気がするのですが、いかがでしょうか?



個人的に、

・完全な戦争放棄、自衛隊廃止

・自衛のための戦争のみ可、自衛隊存続

・外交手段として戦争OK、自衛隊は軍隊

の3つをはじめとする(?)、憲法改正論議周辺のさまざまな意見を聞きたいだけですので、悪意からの質問ではありません。それでも、もしお気に障るようでしたら無視(削除)していただいて結構です。
個人的には (ヤメ蚊)
2005-05-07 18:30:32
将来的に、国境はなくなると考えています(願っています)。地域紛争は発生するでしょうが、正規軍同士の争いはなくなると思っています(願っています)。政府には、そういう方向へ向けた取り組みを行って欲しいと願っています。



近代戦争は、これまでの戦争とは桁違いの人的被害をもたらします。この点を個人的には重視しています。





ご質問ですが、確かに、「申し訳ない」という気持ちの方が圧倒的に強いと思いますが、「感謝」の念も抱くでしょう。もちろん、人を殺す立場に立たせたことについても、主権者の1人として、申し訳ないと思うし、相手の兵士に対しても、その犠牲に対して思いをめぐらせるでしょう。



情報流通促進というテーマから少し離れるようですので、ここまでとします。













再度のご回答ありがとうございます。 (しろ)
2005-05-07 19:43:42
ですが、残念ながら今回は疑問は解消しませんでした。「申し訳ない」と思われるのなら、「守ってくれなくても良い」と主張される方が、理に適っていると思うのですが。

悪いけど私の命は守ってくれ、謝るし感謝もするからさ、ではムシが良すぎる気がしてしまいます。



ところで、



>情報流通促進というテーマから少し離れるようですので、ここまでとします。



とのことですが、私のブログにトラックバックをしていただいたことから考えると、元々こういった議論はそのテーマからは離れていないとヤメ蚊さんはお考えだったのではないでしょうか?(トラックバックしていただいた私の記事は、「自衛戦争も含めた完全な戦争放棄」について書いています。)



正直に言えば、キーワード検索で見つけられたブログに片っ端からトラックバックされたのかなあ、と思ってはいるのですが、もし私のブログを読んでいただいた上でトラックバックをされたのであれば、と考えた次第です。(記事を読まないトラックバックが迷惑だと言っているのではありません。)



なお、もしヤメ蚊さんのブログのテーマにはそぐわないが、場があれば質問には答えてもよい、ということでしたら、私のブログ記事にご回答をコメントいただけませんでしょうか。大変失礼なお願いだとは思いますが、ぜひご一考いただければと思います。



大変失礼なお願いだと言うことは承知しておりますので、コメントいただけない場合も、そのことについて非難したり批判したりすることは、絶対にしません。



また、このコメント自体も、お気に障るようでしたら削除していただいて結構です。
国民が私だけだったら… (ヤメ蚊)
2005-05-07 20:40:19
国民が私1人で、後の残りは皆兵士というのなら、私の判断でどうにでもなるのでしょうが、ほかに大勢の方がいるなかで、私自身が「私を守ってくれなくていい」と思ったとしてもそれを行為として実行することはできないのではないしょうか。そうであれば、申し訳ないと思いつつ感謝するしかないのではないでしょうか。



もちろん、戦争を中止させるよう模索することはできるでしょうから、そういう途を選択するかもしれません。



これで、お答えになったでしょうか。



なお、TBする際には、直接のTBしようとする記事を見て判断し、それだけでは判断つかない場合はほかの記事もみて判断しているつもりですが、なかには、ご迷惑をおかけしている方もあるかと思います。しかし、TB機能というのは、小さなメディアの可能性を広げるものだと考えていますので、今後も活用させていただきたいと思っています。



ご回答本当に感謝いたします。 (しろ)
2005-05-08 00:12:03
>国民が私1人で、後の残りは皆兵士というのなら、私の判断でどうにでもなるのでしょうが、ほかに大勢の方がいるなかで、私自身が「私を守ってくれなくていい」と思ったとしてもそれを行為として実行することはできないのではないしょうか。



そこで憲法改正ですよ!(ポン、と膝を打ちながら)



「自衛戦争を含めた完全な戦争放棄」を明記すれば、誰も守ってくれませんし、従って敵を殺すこともありません。

ヤメ蚊さんの主張を最も良く表すのはこの方向だと思うのですが、いかがでしょう?

ヤメ蚊さんは、憲法をこのように改正したいとは思いませんか?



なお、ご迷惑でしょうから本件に関するコメントは、これで最後にいたします。もし、万一、上記の質問に対するご回答がいただけるのならば、私のブログにコメントいただけますでしょうか。ご回答でなくとも、お気軽に何でもコメントしていただければと思いますので、よろしくお願いいたします。



また、トラックバックについても、今後もお気軽にしていただければ嬉しいです。



例によって、このコメント含め私のコメントは全て、お気に障るようでしたら削除していただいて結構です。と言ってもどうやらヤメ蚊さんは非常に優しい方のようで、削除はされないようですが。 ;-)



では、何度もご回答いただき、本当にありがとうございました。失礼いたします。また別の記事にコメントさせていただくこともあるかもしれませんが、その時はよろしくお願いいたします。
完全な戦争放棄… (ヤメ蚊)
2005-05-08 00:44:29
私の希望する国境の消滅が実現すれば、結果的にはそうなるのでしょうから、理想とするところは同じ…ということですね。
手(URL不明)さんから、コメントをいただきましたが、 (ヤメ蚊)
2005-05-17 19:33:14
エントリーやコメントを悪意にしかとっていないため、削除しました。あしからず…

コメントを投稿

ブログ作成者から承認されるまでコメントは反映されません。

コメント利用規約に同意の上コメント投稿を行ってください。

数字4桁を入力し、投稿ボタンを押してください。

あわせて読む

2 トラックバック

この記事のトラックバック  Ping-URL
ブログ作成者から承認されるまでトラックバックは反映されません。
安倍氏「次の首相もするべきだ」 (さじった)
靖国神社参拝、安倍氏「次の首相もするべきだ」 という記事を情報流通促進計画byヤメ記者弁護士のところで発見した。そこでは
小泉総理の靖国参拝 (PARDES)
8月15日、終戦記念日が近づいてきた。中国で大規模な反日デモがあり、韓国でも海軍の輸送艦に「独島」と名づけるなど近隣諸国との間に暗い影が差している。参拝すればこれらの国の猛反発を食らうことは明白であり、北朝鮮問題のための六カ国協議にも影響が出るだろうこと