情報流通促進計画 by ヤメ記者弁護士(ヤメ蚊)日隅一雄

知らなきゃ判断できないじゃないか! ということで、情報流通を促進するために何ができるか考えていきましょう

広告

※このエリアは、60日間投稿が無い場合に表示されます。記事を投稿すると、表示されなくなります。

インターネットに匿名言論は必要か?~ご意見をお聞かせ下さい

2008-12-17 08:01:45 | メディア(知るための手段のあり方)
 日弁連の来年の人権大会で、表現の自由をテーマの1つとすることが決まった。このテーマで課題となるのが、インターネット上の「違法」「有害」情報だ。これらを規制する必要性は否定しないが、規制機関が政府から独立している必要があることはこれまでに何度も触れてきた。しかし、そのような情報を少なくするための別の手段がある。それが、インターネットへの投稿を顕名化することだ。

 もちろん、いまだって匿名を維持できるわけでなく、一定の手続を踏めば、だれが投稿したかは分かるというが、その間、時間がかかるため、確信的に人を傷つけるために投稿した場合、取り返しのつかない被害が生じる可能性がある。

 もちろん、かといって、必ず、実名を載せないとHPやブログの運営、コメントなどができないというのも、行きすぎだと思うので、ペンネームの使用は認めるが、そのペンネーム使用者を特定したいと考えれば、簡単に特定できるようなシステムにする…というのはどうでしょうか?

 そうすれば、いわゆる違法・有害情報をアップしようという人は激減するし、そのような情報にアクセスする人も減るでしょう。もちろん、この場合、大人が自らの判断で、そのような情報にアクセすることは可能だ。

 私にとって、インターネットは、自らの手や目が伸びていった感じだ。したがって、目や手の元は私自身であり、私が特定されることはまったく構わない。

 いまのインターネットは、何だか、自分と手や目が切り離され、無線送信で操っているイメージだ。

 ある人が言っていたが、そもそも、電話の番号が表示されるナンバーディスプレーだって、抵抗感を感じる人がいたが、それはもはや克服された。

 インターネットだって、同じように、ナンバーディスプレーされてもいいのではないだろうか?

 政府に規制されるくらいなら、いっそのこと、そうした方がよいのではないか?

 皆さんは、インターネットでの匿名性はどこまで必要だと考えますか?

 ちなみに、お隣韓国では、一定以上のアクセスのあるサイトでは、実名とされているようですが…。


 



【PR】




★「憎しみはダークサイドへの道、苦しみと痛みへの道なのじゃ」(マスター・ヨーダ)
★「政策を決めるのはその国の指導者です。そして,国民は,つねにその指導者のいいなりになるように仕向けられます。方法は簡単です。一般的な国民に向かっては,われわれは攻撃されかかっているのだと伝え,戦意を煽ります。平和主義者に対しては,愛国心が欠けていると非難すればいいのです。このやりかたはどんな国でも有効です」(ヒトラーの側近ヘルマン・ゲーリング。ナチスドイツを裁いたニュルンベルグ裁判にて)
★「News for the People in Japanを広めることこそ日本の民主化実現への有効な手段だ(笑)」(ヤメ蚊)
※このブログのトップページへはここ←をクリックして下さい。過去記事はENTRY ARCHIVE・過去の記事,分野別で読むにはCATEGORY・カテゴリからそれぞれ選択して下さい。
また,このブログの趣旨の紹介及びTB&コメントの際のお願いはこちら(←クリック)まで。転載、引用大歓迎です。
なお、「インターネットに匿名言論は必要か」というテーマでインターネットユーザーの声を募集していますので、お時間があったら上記記事(http://blog.goo.ne.jp/tokyodo-2005/e/939a3835c15440b7d8d5ccb9905c34f1)にコメントしてください。
コメント (7)   トラックバック (2)
この記事をはてなブックマークに追加