情報流通促進計画 by ヤメ記者弁護士(ヤメ蚊)日隅一雄

知らなきゃ判断できないじゃないか! ということで、情報流通を促進するために何ができるか考えていきましょう

広告

※このエリアは、60日間投稿が無い場合に表示されます。記事を投稿すると、表示されなくなります。

-9条と、自衛隊と、安保の強力スクラムが日本を守る-橋本勝の政治漫画再生計画第148回

2008-12-02 17:58:37 | 橋本勝の政治漫画再生計画
【橋本勝さんのコメント】
軍事力はもちませんという
9条をもちながら
自衛隊がある
だって自衛権があるのだから
そして
世界有数の軍事力をもつことに
戦争はしませんという
9条をもちながら
日米安保条約をむすんでいる
だってアメリカの核に守られているのだから
そして
米軍基地がありつづける
それでいいのだ日本は
自衛隊なくすわけにはいかないよ
日米安保を破壊するわけにはいかないよ
むずかしいことはいいっこなし
現実的になるしかないのさ日本は
9条と、自衛隊と、日米安保が
日本の安全と平和を守る3本の柱なのさ
護憲派の人も、改憲派の人も
この現実を
受け入れよう


【ヤメ蚊】
 始まった以上仕方がないっていうことでずるずる来たのは、確か、戦前の話。われわれは、あれだけの犠牲を払っても、結局、何も学ばなかったのか…。




【PR】





★「憎しみはダークサイドへの道、苦しみと痛みへの道なのじゃ」(マスター・ヨーダ)
★「政策を決めるのはその国の指導者です。そして,国民は,つねにその指導者のいいなりになるように仕向けられます。方法は簡単です。一般的な国民に向かっては,われわれは攻撃されかかっているのだと伝え,戦意を煽ります。平和主義者に対しては,愛国心が欠けていると非難すればいいのです。このやりかたはどんな国でも有効です」(ヒトラーの側近ヘルマン・ゲーリング。ナチスドイツを裁いたニュルンベルグ裁判にて)
★「News for the People in Japanを広めることこそ日本の民主化実現への有効な手段だ(笑)」(ヤメ蚊)
※このブログのトップページへはここ←をクリックして下さい。過去記事はENTRY ARCHIVE・過去の記事,分野別で読むにはCATEGORY・カテゴリからそれぞれ選択して下さい。
また,このブログの趣旨の紹介及びTB&コメントの際のお願いはこちら(←クリック)まで。転載、引用大歓迎です。
コメント (20)   トラックバック (6)
この記事をはてなブックマークに追加

情報公開大賞の提案~賞金はとりあえず、10万円

2008-12-02 09:30:21 | メディア(知るための手段のあり方)
 情報公開請求ってだれでもできるし、理由も説明しなくてよいっていうことは結構知られていない。おそらく、情報公開請求をしたことがある人は日本では平均して100人に一人もいないだろう。でも、政府や地方自治体などがしていることで、知りたいことって結構あるのでは?そこで、情報流通促進計画、渾身の企画として、年間を通じて、もっとも民主主義に資する情報公開だったものを表彰する「情報公開大賞」の創設を提案します。大賞賞金は、情報流通促進計画から10万円、さらに寄付を募ってみたいと思います。審査員は、NPJなどの市民メディアを中心にお願いしようかな…。そうそう、毎月、月間賞を決め、最終的に大賞を決めるのもよい。

 民主主義に資するような情報公開をしておもしろい結果が出たら、ぜひ、お知らせください。もし、自分ではできないんだけど、こういうアイデアがあるという方もNPJが代わって請求をします。

 表彰式は、お台場で???

 この件に関するさまざまなアイデアを募りたいと思います。

 どなたか、ロゴなどをつくっていただければハッピーです。

 楽しく、民主主義を実践しましょう! 

 

 


【PR】





★「憎しみはダークサイドへの道、苦しみと痛みへの道なのじゃ」(マスター・ヨーダ)
★「政策を決めるのはその国の指導者です。そして,国民は,つねにその指導者のいいなりになるように仕向けられます。方法は簡単です。一般的な国民に向かっては,われわれは攻撃されかかっているのだと伝え,戦意を煽ります。平和主義者に対しては,愛国心が欠けていると非難すればいいのです。このやりかたはどんな国でも有効です」(ヒトラーの側近ヘルマン・ゲーリング。ナチスドイツを裁いたニュルンベルグ裁判にて)
★「News for the People in Japanを広めることこそ日本の民主化実現への有効な手段だ(笑)」(ヤメ蚊)
※このブログのトップページへはここ←をクリックして下さい。過去記事はENTRY ARCHIVE・過去の記事,分野別で読むにはCATEGORY・カテゴリからそれぞれ選択して下さい。
また,このブログの趣旨の紹介及びTB&コメントの際のお願いはこちら(←クリック)まで。転載、引用大歓迎です。
コメント (2)
この記事をはてなブックマークに追加