シモキタのtokyoboy

下北沢に居を構える初老オジのエクスサイズ、呑み歩き、美術館巡りなどの備忘録生活記録ブログ、含む膝蓋骨骨折リハビリ記録。

照国神社の横 島津家3傑の像

2017-03-21 | 2017初春鹿児島

3カ月ほど前、出張で来た際隙間時間に街歩きをした際、照国神社まではお邪魔したのですが(その時の記事はこちら)、

その城山に向かって右側に、幕末から明治に掛けての島津家3代の像があることには気が付きませんでした。

 

制作は全て朝倉文雄さん。

帰京後朝倉彫塑館に行って展示を見ましたが、この作品についての言及は見当たりませんでした。

先ずは一番奥、高いところは斉彬さん。

正一位であることを知りました。

 

 

 

 

 

残りお二方は従一位なんですね。

中段に位置するは久光公。

 三人への薩摩の方々の感じる温度差なのでしょうか?

 

最後は忠義公、斉彬公の後継藩主。

実の親、久光公の言い付けを守って髷を切らなかったから、このナポレオン帽なの??

 

*****

 

 

最後は照国神社脇、の境内外社

「保食神社」って、若い頃残業時に会社が費用負担してくれた”保食”を思い出すのですが^^;

由来とか出ていなかったので不明ではありますが、祀られている神様が保食命(うけもちのみこと)さんであれば、伊勢外宮の大神様と同じ神様。

すなわち豊受大神となります。

ジャンル:
ウェブログ
コメント   この記事についてブログを書く
この記事をはてなブックマークに追加
« 週末のジョギング 18-20/03/... | トップ | AasU Vol32  »
最近の画像もっと見る

コメントを投稿


コメント利用規約に同意の上コメント投稿を行ってください。

数字4桁を入力し、投稿ボタンを押してください。

あわせて読む

トラックバック

この記事のトラックバック  Ping-URL
  • 30日以上前の記事に対するトラックバックは受け取らないよう設定されております。
  • 送信元の記事内容が半角英数のみのトラックバックは受け取らないよう設定されております。
  • このブログへのリンクがない記事からのトラックバックは受け取らないよう設定されております。
  • ※ブログ管理者のみ、編集画面で設定の変更が可能です。