シモキタのtokyoboy

下北沢に居を構える初老オジのエクスサイズ、呑み歩き、美術館巡りなどの備忘録生活記録ブログ、含む膝蓋骨骨折リハビリ記録。

東京広いぞ、居酒屋シリーズ Vol43

2017-01-05 | 居酒屋/ワインバー

章太亭今回、久しぶりの本企画。

その口切りはもう10年以上の宿題店。

ランチではお邪魔していますが、ついに念願の…

それから下書き状態がほぼ3ヶ月だったのは内緒の話で。

 

1. 「赤津加」さん  (秋葉原)

 

言わずと知れた…

東京居酒屋界でもエース格。

職場での呑みがサクッとおわって、まだ混んでいないでしょう、の時間帯にメイド姿のお姉ちゃん達を尻目にお邪魔しました。

でも、一応30分縛りという事で…

 

生ビールから菊正宗の樽酒をボトルで。

アテはイワシの叩き、鯵の煮たの、など。

うん、素晴らしい料理、酒はまあ菊正宗^^;

宜しかったかと。

 

2. 「咸享酒家」さん (神保町)

 

上海蟹シーズン到来とて早めに予約していたんですが、

訪問前に香港でダイオキシン汚染の上海蟹が発見されて、どうしようかな、と思いつつ、

あちらは太湖産、こっちは多分陽澄湖だから大丈夫かな?と訪問を決めました。

  

さて、今回はコース、

着席前から”犠牲”となる蟹さんが足をバタバタ動かしてきて、

あのタグは無いんだな、とまだ考えつつ、

手を合わせるより他ございません…

 

成仏された蟹さん再登場。

バラすところまでお店の方がやって下さり、後は鋏となんて呼ぶのですかねカニを食べる時の金属棒を使って寡黙に食べ進みます。

 

 

これらがメインイベントの後の料理群、

 フカヒレのスープも鮑も美味しかったのですが、既に若干食べ疲れていたのは本音の話。

 贅沢な話ではあります。

 

でも、まあこちらのお店はけたたましく高い訳でもなく、

良質の空間で上海蟹がいただける良いお店でした、ご馳走様。

紹興酒も美味しいしね😁

 

3.  「章太亭」さん  (神田明神下)

 

既にアーカイブ入りしている天ぷら料亭「みやび」さん隣、

神田明神男坂下って直ぐの右側にある何やら曰くありげな仕舞屋。

ちょっと玄関開けるのにも勇気が要りそうな佇まいですが、もうこの年のおっさんには怖いものはない…

あ、お勘定書と奥。、は別ですがね^^;

 

偵察兼ねての訪問、でもメニュー的には想像通りちょっと一杯をカウンター越しに昔さぞかし綺麗だったろうなあ、という方々の調理風景など拝見しつつ楽しむ、という事前予想通りでしたかね。

牛叩きと納豆の巾着で一杯、

仕上げにおでん一皿、お燗を数本(ここも菊正宗)にてご馳走様。

そして恐れていたものも命取られる程のことはありませんでした。

また、こんな感じでお邪魔しようかな🎼

 

ジャンル:
ウェブログ
コメント   この記事についてブログを書く
この記事をはてなブックマークに追加
« 林潤一の世界 (郷さくら美... | トップ | StarrySky Illumination (To... »
最近の画像もっと見る

コメントを投稿

居酒屋/ワインバー」カテゴリの最新記事

トラックバック

この記事のトラックバック  Ping-URL
  • 30日以上前の記事に対するトラックバックは受け取らないよう設定されております。
  • 送信元の記事内容が半角英数のみのトラックバックは受け取らないよう設定されております。
  • このブログへのリンクがない記事からのトラックバックは受け取らないよう設定されております。
  • ※ブログ管理者のみ、編集画面で設定の変更が可能です。