シモキタのtokyoboy

下北沢に居を構える初老オジのエクスサイズ、呑み歩き、美術館巡りなどの備忘録生活記録ブログ、含む膝蓋骨骨折リハビリ記録。

三井記念美術館「奈良 西大寺展」 ぐるっと2017Vol1Part28

2017-06-16 | ぐるっとパス2017

本ブログのカテゴリーによれば、2015春に奈良を訪れており、

その際「平城京跡」との往復の間、西大寺にもお邪魔しています。

駅前程近く、さり気無く入る境内、五重塔とかなく見所に乏しい…

失礼ですが、そんな印象を持った、でも明らかに東大寺の対照物件ですからねえ。

という興味を持って室町に向かいました。

 

あ、写真はロビーで開催中だった奈良の物産展。

なんでこんなもんをここで、は不明、実際立ち寄る人ほぼ皆無。

「叡尊と一門の名宝」がサブタイトル。

どんな方でありましょうや?

 

訪問のタイミングは会期終了直前、

HP上などで喧伝、日系記事でも紹介された秘仏、吉祥天立像(浄瑠璃寺)公開期間に合わせて。

叡尊さんは西大寺中興の祖なんでしょうね、光明真言という宗教行為を通じて法の教えを解き、

時の執権北条時頼に招かれ鎌倉に下ると共に、弟子の忍性らが布教に勤めた。

今回も彼の木像(興正菩薩坐像:国宝新指定)は明らかに目玉の1つでした。

 


 

 

タイトルの示すところは、その弟子たちが開祖した寺も含めて、その仏教美術を紹介する、ですね。

冒頭、金剛杵などの仏具や光明真言の教えを説いたパネル?などから始まり 、入って塔本四佛坐像のうち2つ(名称失念^^;)が素晴らしく、

その他も、この日は吉祥天さんに皆さん群がっていましたが、それに頼る必要もない立派な出展でした。

訪問した時の感想とは全く異なる西大寺恐るべしだった今回の入場料は1,300円。これが無料となって、ぐるっとパス効果は計13,550円となりました。

 

 

 

ジャンル:
ウェブログ
コメント   この記事についてブログを書く
この記事をはてなブックマークに追加
« 日通金綱稲荷神社 (神田和... | トップ | 東京都写真美術館「「いま、... »
最近の画像もっと見る

コメントを投稿

ぐるっとパス2017」カテゴリの最新記事

トラックバック

この記事のトラックバック  Ping-URL
  • 30日以上前の記事に対するトラックバックは受け取らないよう設定されております。
  • 送信元の記事内容が半角英数のみのトラックバックは受け取らないよう設定されております。
  • このブログへのリンクがない記事からのトラックバックは受け取らないよう設定されております。
  • ※ブログ管理者のみ、編集画面で設定の変更が可能です。