シモキタのtokyoboy

下北沢に居を構える初老オジのエクスサイズ、呑み歩き、美術館巡りなどの備忘録生活記録ブログ、含む膝蓋骨骨折リハビリ記録。

StarrySky Illumination (Tokyo City View:六本木ヒルズ)

2017-01-05 | アート・文化

クリスマスの六本木ヒルズ…

混雑分かっていての訪問は、森美術館の年間パス更新と、

ついでに宇宙…の企画展2回目拝見。

そこでの感想その他は(おまけ)での紹介にして、

今回はシティービューでの展示ご紹介。

結果的には強風の日、スカイデッキから関東一円、”永遠”を見た気になったのが白眉でした。

 

などと紹介しつつ、

こちらがパンフ、中国のIT機器メーカー、気合入っています。

 

 

 

中では靴まで脱いでプラネタリウムの空間の中に迷い込んだり、

星空の中を空中散歩したり、

ひとり身のオッサンはキモかったと思われ🙇

でもね、楽しかったんですよ。

**************

 

その数日後の年末、日も落ちかけてもう直ぐ見られるかな、の「君の名は」、プロジェクションマッピング。

 

 

 

正直これが初見でしたが、周りの方々はそれから数時間後私も呼応箔で聞くことになる主題歌とか自然発生的コーラスですわ…

凄い人気ですなあ。

 

 

(おまけ)

 

森美術館「宇宙と芸術展」、初回訪問時のイメージよりは興味深かったです。

もう一回行けば、曼荼羅とか気合が入って見られるかも、です。

 

 

 

こんなサービスショット^^;

そうそう、このモデル1周するのですが、ずっと写真を撮り続けるオジ(私ではない)がおりました…

銀河系の形成シーンなどなど、実はなかなかに楽しいと…

 

************

 

そしてこれも客が大きく減った大晦日、

ゆっくり拝見しての撮影映像。

 

 

後、今回年間パス更新した理由の一つに、物理的展示もさておき映像系のそれも少し時間を使って拝見した方が良い、というものがあり、

そう思ったのは前回訪問時拝見の「 スプツニ子! 《ムーンウォーク☆マシン、セレナの一歩》」だったのですが、

この日は「アレクサンドル・モベール 《トリニティ(三位一体)》 」が現代日本人を相当厳しく分析していて興味深かったです。

 

 

ジャンル:
ウェブログ
コメント   この記事についてブログを書く
この記事をはてなブックマークに追加
« 東京広いぞ、居酒屋シリーズ ... | トップ | 講武稲荷神社 (秋葉原) »
最近の画像もっと見る

コメントを投稿

アート・文化」カテゴリの最新記事

トラックバック

この記事のトラックバック  Ping-URL
  • 30日以上前の記事に対するトラックバックは受け取らないよう設定されております。
  • 送信元の記事内容が半角英数のみのトラックバックは受け取らないよう設定されております。
  • このブログへのリンクがない記事からのトラックバックは受け取らないよう設定されております。
  • ※ブログ管理者のみ、編集画面で設定の変更が可能です。