シモキタのtokyoboy

下北沢に居を構える初老オジのエクスサイズ、呑み歩き、美術館巡りなどの備忘録生活記録ブログ、含む膝蓋骨骨折リハビリ記録。

パロディ、二重の声 (東京ステーションギャラリー)

2017-04-06 | アート・文化

日本の1970年代前後左右、がサブタイトル。

週刊ポスト裏表紙裏でも紹介され、懐かしい東京メトロのヒットラーポスターとかあるんだろうなあ、位のイメージで到着。

年間メンバーになると雑になるのか知らん…

 

フライヤー冒頭は有名な東京五輪映画のそれですね。

今回は基本写真撮影可ということで、私の見た目に従ってご紹介。

 

 

3階あがって泰西名画のそれから始まり、

 

 

 

 

この辺がコミック誌から冒頭紹介の東京メトロポスター。

この後、パロディの文化的位置づけみたいなパネルが続いてやや白じんだ私が居たのは本音の話。

ピンとくるか否か、ですよね、

従って時代性が付いてくるのは当然、それでもここで展示されて面白いと見られたら本物。

それで宜しいかと。

ジャンル:
ウェブログ
コメント   この記事についてブログを書く
この記事をはてなブックマークに追加
« AasU Vol33 | トップ | 出光美術館「古唐津展」 ぐる... »
最近の画像もっと見る

コメントを投稿

アート・文化」カテゴリの最新記事

トラックバック

この記事のトラックバック  Ping-URL
  • 30日以上前の記事に対するトラックバックは受け取らないよう設定されております。
  • 送信元の記事内容が半角英数のみのトラックバックは受け取らないよう設定されております。
  • このブログへのリンクがない記事からのトラックバックは受け取らないよう設定されております。
  • ※ブログ管理者のみ、編集画面で設定の変更が可能です。