シモキタのtokyoboy

下北沢に居を構える初老オジのエクスサイズ、呑み歩き、美術館巡りなどの備忘録生活記録ブログ、含む膝蓋骨骨折リハビリ記録。

神の宝の玉手箱展 中期 (サントリー美術館)

2017-07-08 | アート・文化

今回の企画展、目玉の玉手箱では国宝3点、サントリー収蔵品の他、出雲大社と熊野速玉大社から出展のものがあるのですが、

会期半ばの1週間だけそれらが勢揃い。

また目玉の玉手箱の蓋が外されて中などが見られる貴重なチャンスということで、再訪致しました。

  

前回は時間的に短いそれだったので、展示劈頭の玉手箱に注意が行ってなかったのですが、

今年2月に偶然訪問した薩摩国一ノ宮、枚聞神社(ひらききじんじゃ:訪問記事はこちら)の宝物が出展されていました。

宝物館もあったのですが、先を急ぐし入場料500円だったかな、も法外と思ったのですが、こんなお宝があったのですね!!

 

近くの九州最南端長崎鼻には龍宮神社もあり、

龍宮伝説とそれをサポートする重文の玉手箱。

一説には龍宮を沖縄に読み換える説もあるようですが、

旅行での体験と東京での美術館巡りが邂逅した、そんな楽しい機会となりました。

さあ、後期も行くかな?

 

 

ジャンル:
ウェブログ
コメント   この記事についてブログを書く
この記事をはてなブックマークに追加
« 西湘PA、2017梅雨 | トップ | 俊英作家選抜展 (西武百貨... »
最近の画像もっと見る

コメントを投稿


コメント利用規約に同意の上コメント投稿を行ってください。

数字4桁を入力し、投稿ボタンを押してください。

あわせて読む

トラックバック

この記事のトラックバック  Ping-URL
  • 30日以上前の記事に対するトラックバックは受け取らないよう設定されております。
  • 送信元の記事内容が半角英数のみのトラックバックは受け取らないよう設定されております。
  • このブログへのリンクがない記事からのトラックバックは受け取らないよう設定されております。
  • ※ブログ管理者のみ、編集画面で設定の変更が可能です。