シモキタのtokyoboy

下北沢に居を構える初老オジのエクスサイズ、呑み歩き、美術館巡りなどの備忘録生活記録ブログ、含む膝蓋骨骨折リハビリ記録。

秋葉原界隈、立ち・路麺そば店 アーカイブ 編 Vol4

2017-04-20 | B級?グルメ

今回のアキバ界隈立ち食い蕎麦シリーズは同じグループ店から2店エントリー。

でも資本系じゃありませんよ…

次第に3店揃えるのが難しくなっている本シリーズですが、富士とか小諸とかには逃げたくないですね…メメ

 

1.  「きぬそば」さん  (末広町)

 

中央通り、末広町と御徒町の中間、内側一本入ったところ。

こんな場所に?というロケーションに食べログ高得点のこちら。

下見はかなり前、へえここが…

 

での入店。

トッピングにおまけが付くという情報有之、

お願いした「かき揚げ蕎麦」380円也には焼きちくわ天と油揚、それぞれ小さいのが入っていたのが嬉しいじゃないすか!

優しい出し汁、以外と多い麺量にはうっすらそば粉の香りも取れて、

美味しかったですよ、ご馳走様。

 

2.  「みのがさ  蔵前橋通り店」さん  (台東)

 

店名の示す通り、蔵前橋通りを昭和通りから鳥越の方に入り、徒歩だとそこそこ行った右側のお店。

出先でのランチ、ひょんなことから入店しました。

立ち、ですが実際には全て椅子が実装されています。

 

お願いしたのは「春菊天そば」420円也、券売機での購入。

こちらのかけ汁は上品で、そばの香りも取れる上等なものでありました。

サクッと引っ掛け、さあ次は…?

 

3.  「みのがさ 本店」さん  (岩本町)

 

まだ立ち食いならいけるぜ、はグルメリポートの店数増やしたい輩が呟くコメントですが、

この日の私はどっちでも出たとこ、が1件目の姿勢。

本シリーズも概ねそんな訪問動機なのですが、結果的にはお腹の隙間を埋めようかと12時頃に到着の店頭相変わらずの行列。

でもこの日は待っても入店しようと…

 

結論は入口脇の弁当販売への行列。

お店へはすんなり、掻き揚げそば420円也をお願いします。

お勘定を済ませる頃にはお蕎麦も出来、椅子もあるカウンターに向かいますが、実際にはここ膝がぶつかっちゃって居心地は良くないね…

 

でのお蕎麦は、先ず丼そのものが大きく普通の立ち食いに比べてだし汁がたっぷり量も多いのでは?

そして他のグループ店同様お蕎麦が美味しい!

そしてだし汁は限りなく上品、鰹出汁中心ですっきり辛口。

美味しいですねえ👅

大満足でありました。

ジャンル:
ウェブログ
コメント   この記事についてブログを書く
この記事をはてなブックマークに追加
« 渡辺省亭 蘇る!孤高の神絵... | トップ | 池ノ上界隈の桜 2017 »
最近の画像もっと見る

コメントを投稿

B級?グルメ」カテゴリの最新記事

トラックバック

この記事のトラックバック  Ping-URL
  • 30日以上前の記事に対するトラックバックは受け取らないよう設定されております。
  • 送信元の記事内容が半角英数のみのトラックバックは受け取らないよう設定されております。
  • このブログへのリンクがない記事からのトラックバックは受け取らないよう設定されております。
  • ※ブログ管理者のみ、編集画面で設定の変更が可能です。