シモキタのtokyoboy

下北沢に居を構える初老オジのエクスサイズ、呑み歩き、美術館巡りなどの備忘録生活記録ブログ、含む膝蓋骨骨折リハビリ記録。

開聞岳

2017-03-07 | 2017初春鹿児島

到着日は朝方迄強雨、湿度が高く綺麗に見えないかも知れないと、

翌朝早くからホテルを出てコニーデ型の開聞岳の姿を求めて南に走ります。

先ずは国道を離れて長崎鼻に向かう途中でのスナップショットから。

 

 

 

 

 

 

 

別記事、長崎鼻の紹介でも同じ姿を海越しに出て来ますが、ここでもご覧下さい。

この開聞岳、標高924m。

海から伸び上がるのでその標高そのままを見ることになります。

 tokyoboyとしては、これ以上の高さを八丈富士…

あっちは854mしかないのか^^;

 

 

 

 

 

そして最後は椰子の木越しの開聞岳。

約4.400年ほど前から20回ほどの噴火を繰り返し今の形になったのだとか。

有史になってからは874、885年に噴火の記録があるようです。

ジャンル:
ウェブログ
コメント   この記事についてブログを書く
この記事をはてなブックマークに追加
« AasU Vol31 | トップ | 百段雛まつり 九州ひな紀行II... »
最近の画像もっと見る

コメントを投稿

2017初春鹿児島」カテゴリの最新記事

トラックバック

この記事のトラックバック  Ping-URL
  • 30日以上前の記事に対するトラックバックは受け取らないよう設定されております。
  • 送信元の記事内容が半角英数のみのトラックバックは受け取らないよう設定されております。
  • このブログへのリンクがない記事からのトラックバックは受け取らないよう設定されております。
  • ※ブログ管理者のみ、編集画面で設定の変更が可能です。