シモキタのtokyoboy

下北沢に居を構える初老オジのエクスサイズ、呑み歩き、美術館巡りなどの備忘録生活記録ブログ、含む膝蓋骨骨折リハビリ記録。

養浩館庭園 (福井)

2016-10-25 | 旅行記

福井藩松平家の別邸、江戸時代には「御泉水屋敷」と呼ばれたそうで、近くの通りの名前に今も残っています。

今の名前は松平春嶽候が明治に入って命名したそうで、由利公正が由来をかきsる

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

こちらのパンフ、抜粋は添付の通り、

 

 

 

 

第二次世界大戦の空襲でオリジナルは焼失、現在の建物は戦後の再建。

訪問は偶然、次の日から企画展開始と知っても向かった郷土歴史博物館が常設展なく休日。

めげずに前記事で紹介の「歴史のみち」を歩いていて発見、であります。

 

いやー、座敷と池の湖面の高さが感覚的には同じで、

そこを流れる風がとにかく気持ちよい。

 

 

池の鯉さん、エサを目当てに貪欲でしたが、

それが小ちゃな瑕疵、

本当に良いところです。

 

さて、邸内を歩いて向こう側に行ってみると、

カメラクルーの資材と…

 花嫁姿!! 

 

偶然に完璧な花嫁姿の方の写真撮影風景に目の保養をさせていただき、

良い時間と経験を持ちました。

あ、真ん中はスチームバスね、当時の。

 

 

最後にもう一度…^^;

ジャンル:
ウェブログ
コメント   この記事についてブログを書く
この記事をはてなブックマークに追加
« 歴史のみち (福井) | トップ | ランチ・アーカイブ ワン・... »
最近の画像もっと見る

コメントを投稿


コメント利用規約に同意の上コメント投稿を行ってください。

数字4桁を入力し、投稿ボタンを押してください。

あわせて読む

トラックバック

この記事のトラックバック  Ping-URL
  • 30日以上前の記事に対するトラックバックは受け取らないよう設定されております。
  • 送信元の記事内容が半角英数のみのトラックバックは受け取らないよう設定されております。
  • このブログへのリンクがない記事からのトラックバックは受け取らないよう設定されております。
  • ※ブログ管理者のみ、編集画面で設定の変更が可能です。