シモキタのtokyoboy

下北沢に居を構える初老オジのエクスサイズ、呑み歩き、美術館巡りなどの備忘録生活記録ブログ、含む膝蓋骨骨折リハビリ記録。

レオナルドXミケランジェロ展 (三菱一号美術館) 

2017-07-14 | アート・文化

久しぶりに訪問のこちら。

年3回の企画展ですからそんな訪問間隔になりますね、全部来たとしても。

 もうすっかり年間パスの興味は無くなりましたが、今回は日経の招待券を頂き、デッサンだけなんだよなあ、と思いつつの丸の内。

 

入場いきなり今回のデッサン画2点、登場します。

小品ですし、ウォーミングアップ出来ていない方々は見飛ばして行っていたのは残念な話。

私は久しぶりに階段使って冒頭に再度戻って、もう一度じっくり眺めてから館を後にしましたけどね。

残念なのは2人の天才の対抗意識みたいなものが表そうと努めてたけど余り刺さらなかった点。

  

壁の隙間は目立ちますし、途中からダヴィンチの科学ノートとか展示しないと間に合わない感ありありでしたが、

でもこのダヴィンチのデッサン、透明感半端なく、どうやったら鉛筆(木炭)でこの線、影が出せるのか、史上最高のデッサンだったかの評価も宜なるかなではありました。

ジャンル:
ウェブログ
コメント   この記事についてブログを書く
この記事をはてなブックマークに追加
« あやめが原 (厚岸) | トップ | 幣舞橋 夕刻: 世界三大夕日? »
最近の画像もっと見る

コメントを投稿

アート・文化」カテゴリの最新記事

トラックバック

この記事のトラックバック  Ping-URL
  • 30日以上前の記事に対するトラックバックは受け取らないよう設定されております。
  • 送信元の記事内容が半角英数のみのトラックバックは受け取らないよう設定されております。
  • このブログへのリンクがない記事からのトラックバックは受け取らないよう設定されております。
  • ※ブログ管理者のみ、編集画面で設定の変更が可能です。