シモキタのtokyoboy

下北沢に居を構える初老オジのエクスサイズ、呑み歩き、美術館巡りなどの備忘録生活記録ブログ、含む膝蓋骨骨折リハビリ記録。

東京オペラシティギャラリー「写狂老人A+常設+森洋史」 ぐるっと2017Part2Vol10

2017-08-11 | ぐるっとパス2017

こちらオペラシティも開館20周年なのだとか…

恵比寿ガーデンプレイスが同じく20周年を迎えたのは最近かと思ったのですが3年前の2014年。

思い返せば、tokyoboy、その20年前の1997年に日本に戻って新築直後のオペラシティにあるオフィスに着任致しました。

このチンチン丸出し君ともそれ以来の付き合いであります…

 

などと始まってしまいましたが、この日の企画展はアラーキー。

同時多発的に写美でも企画展走っていますが、先ずはこちらから。

予想通り、若い人中心の客層ですなあ〜〜

  

思いもしなかったのですが、今回は写真撮影OKなのだとか⁉️

個人的には写真の写真を撮るのは如何かと思うのですが、まあ雰囲気を掴んでいただければと…

冒頭は如何にも彼らしい女性ヌード作品群。

基本アップでご紹介するのは困難な被写体たち、世の中 モデルさんばかりじゃないよね、みんな裸になればこんなもん、でありましょう。

 

そして、写狂人らしく、目の前にあるものをなんでも撮っちゃうアラーキー。

草間彌生さんとか、あ、ヌードじゃありませんよ、とか街の風景その他です。

 

ディスプレイに次々写真を投影していく、まるでスライドみたいな言い方になりましたが、も表現形式として面白いですよね。

真ん中は、茶沢通り沿いの中華料理屋さんが出て来たので思わず撮りました、の図。

この他、代田の街角や環七と北沢川緑道の交差点付近のお寺の前の植栽とか、アラーキーさんは結構近くにお住まいと知ります。

 

最後は今回の作品の中では比較的サービスショットと冥界に入られた楳図かずおさんとのツーショット。

同時代性をあまり感じなかったのが少し残念だったかなあ…

*********

  

4階に上がって今回の常設+若手作家コーナー。

常設は微妙に抽象的、つーかメッセージが少し目線ずれしている現代作家群をフューチャーして「静かなひとびと」というタイトルはなかなかにマッチング。

その中に、あれ今までコレクションにあったかしらん、写実画の五味文彦さんの作品が2点あったのにはビックリしました。

 

でもねえ、今回のビックサプライズは若手作家。

普段はほぼ素通りの最終コーナー、森洋史さんの作品が…

す、凄い👏

1977年生まれ、東海大から芸大修士で学歴ロンダリング。

ネットで見てみて下さい。

さて今回の入場料は1,200円。これが無料となって、ぐるっとパス効果は計6,560円となりました。

ジャンル:
ウェブログ
コメント   この記事についてブログを書く
この記事をはてなブックマークに追加
« 東急本店通りの百日紅 2017 | トップ | 冷やし麺の夏 2017 Vol3.: ... »
最近の画像もっと見る

コメントを投稿


コメント利用規約に同意の上コメント投稿を行ってください。

数字4桁を入力し、投稿ボタンを押してください。

あわせて読む

トラックバック

この記事のトラックバック  Ping-URL
  • 30日以上前の記事に対するトラックバックは受け取らないよう設定されております。
  • 送信元の記事内容が半角英数のみのトラックバックは受け取らないよう設定されております。
  • このブログへのリンクがない記事からのトラックバックは受け取らないよう設定されております。
  • ※ブログ管理者のみ、編集画面で設定の変更が可能です。