シモキタのtokyoboy

下北沢に居を構える初老オジのエクスサイズ、呑み歩き、美術館巡りなどの備忘録生活記録ブログ、含む膝蓋骨骨折リハビリ記録。

仙厳園 (鹿児島)Vol1

2017-03-16 | 2017初春鹿児島

前回鹿児島出張時から、桜島の綺麗な景色を見たいということに加え、

世界遺産登録のこともあり久光公が別宅として設えたこちらに訪問を希望しておりました。

鹿児島駅よりも先、公共交通機関で行くには」結構大変なロケーション…

 それでもその苦労が報われる、そんな素敵な場所でした。

 

まず入り口付近、反射炉跡。

元々この仙巌園は1658年に島津光久によって建てられ、

幕末、斉彬公がVol2で触れる集成館事業が隣地で始まり、廃藩置県以降は島津家の屋敷となった、という理解で宜しいか? 

  

そこから御殿跡の方に向かって歩を進めれば、

時あたかも桃かな、の花に桜島。

 

 

最初は「猫神」、意外な境外社。

そして中には入りませんでしたが、久光公その他島津家の方々が暮らした御殿。

 

桜島ビューポイントの東屋や庭には牡丹の花が落ち、の図。

これにてVol1終了です。

 

 

ジャンル:
ウェブログ
コメント   この記事についてブログを書く
この記事をはてなブックマークに追加
« ANJALI Vol16 | トップ | ちひろ美術館「デンマークの... »
最近の画像もっと見る

コメントを投稿

2017初春鹿児島」カテゴリの最新記事

トラックバック

この記事のトラックバック  Ping-URL
  • 30日以上前の記事に対するトラックバックは受け取らないよう設定されております。
  • 送信元の記事内容が半角英数のみのトラックバックは受け取らないよう設定されております。
  • このブログへのリンクがない記事からのトラックバックは受け取らないよう設定されております。
  • ※ブログ管理者のみ、編集画面で設定の変更が可能です。