シモキタのtokyoboy

下北沢に居を構える初老オジのエクスサイズ、呑み歩き、美術館巡りなどの備忘録生活記録ブログ、含む膝蓋骨骨折リハビリ記録。

名刀礼讚 (泉屋博古館)

2017-07-15 | アート・文化

太陽が一杯…

この花の名前はなんなのでしょうか?

この夏からの博古館前の様子、綺麗になりました。

 

さて今回の企画は名刀の数々展示。

驚いたのは若い女性の入場者が多く、また詳しそうなこと。

刀剣博物館などで拝見の際、いつも気になっていた刃渡りの長さ、

今回は明記され、概ね70~80cmで、80cmになると大刀という印象を持ちました。

当然に幅も広くなる訳で、江戸期に入って戦もなくなると短くして軽くする、という流れが出て来たのが面白かったです。

それにしても、この長さをサッと抜くって、かなりの力と身長=腕の長さが必要だったでしょうにねえ…

ジャンル:
ウェブログ
コメント   この記事についてブログを書く
この記事をはてなブックマークに追加
« 幣舞橋 夕刻: 世界三大夕日? | トップ | くし炉 あぶり家 (釧路) »
最近の画像もっと見る

コメントを投稿


コメント利用規約に同意の上コメント投稿を行ってください。

数字4桁を入力し、投稿ボタンを押してください。

あわせて読む

トラックバック

この記事のトラックバック  Ping-URL
  • 30日以上前の記事に対するトラックバックは受け取らないよう設定されております。
  • 送信元の記事内容が半角英数のみのトラックバックは受け取らないよう設定されております。
  • このブログへのリンクがない記事からのトラックバックは受け取らないよう設定されております。
  • ※ブログ管理者のみ、編集画面で設定の変更が可能です。