TOKYO STORY

NO LOVE, NO LIFE

思えばどんな映画を観たってどんな小説や音楽だって

2017-03-21 20:30:50 | LOVE
もしかしたら、このまま仕事一筋のサラリーマンになってしまうんじゃないか?と懸念はあるが、目指しているのは、仕事は趣味だな、と言う国際的ビジネスマンである。


どの辺が国際的かというと、先ほど隣に座っていた某部長が、


先週吉祥寺でお姉ちゃんのいるお店行こうと思ったら、なんと潰れてて、結局探し回った挙句フィリピンパブ行ってきたよ。


と、言っていたし、どの辺がビジネスマンかというと、この案件取れたらシャンパンだな、と上司が言うので、じゃドンペリ買っときますよ、と言うと、


いやモエシャンドンぐらいにしといて


と、とても大きなビジョンを持っている会社であるからだ。
ジャンル:
ウェブログ
コメント   この記事についてブログを書く
この記事をはてなブックマークに追加
« 見慣れたはずの街がこんなに... | トップ | あなたはずっと手を振って笑... »
最近の画像もっと見る

コメントを投稿


コメント利用規約に同意の上コメント投稿を行ってください。

数字4桁を入力し、投稿ボタンを押してください。

あわせて読む

トラックバック

この記事のトラックバック  Ping-URL
  • 30日以上前の記事に対するトラックバックは受け取らないよう設定されております。
  • 送信元の記事内容が半角英数のみのトラックバックは受け取らないよう設定されております。
  • このブログへのリンクがない記事からのトラックバックは受け取らないよう設定されております。
  • ※ブログ管理者のみ、編集画面で設定の変更が可能です。