日本大学文理学部社会学科・後藤範章ゼミナールの日誌☆

社会学科後藤ゼミナールの実態とゼミ生の生態が一目で分かるゼミ日誌! しかと見れ!!!

1月30日 就活セミナー後半

2016-01-30 20:00:00 | 2015年度
4年生の長い長い(時間配分大切ですね…)話の後は、OBの岸本さん、前原さんからコメントを頂戴しました。
3年生へのエールでもありましたが、4年生がこれから社会人になる上でもためになる話で、非常に刺激になったと思います。
就活は決して終わりではなく、就職してからが重要で、仕事が楽しいと思えるまで踏ん張れるかどうかも肝心。就活が終わってほっと一息ついていましたが、気を引き締めねばならないなと思いました。

そして、3年生の他己分析紹介がありました。今日のメインイベントはこちらです。前半の記事にもありました通り、セミナーが始まる前にそれぞれがゼミの仲間にのいいところを紙に書き出し、交換し合いました。


3年生のみなさん。

「このコメントは意外だった」「これはずっと言われていたことだった。嬉しい」などといったコメントも伺えました。しかしながら、「ゼミの仲間のことをあまり知らなくて、書くのが大変だった」といった一言もありました。2年生の社会学演習の頃から一緒だった仲間と、今年からゼミで知り合った仲間では、内容の質が変わってしまうといったことでした。
ゼミ長ありなさんからは、「皆さんは仲がいいけれども、それぞれのことを知ろうとしていない。今のままではだめだ。たとえばこの日欠席だったケイくんも、発言を促せば言いたいことを話してくれるが、いつもずっと黙っている。やりたいことができていない人もいるのではないか」といった厳しいコメントも。
3年生はこのコメントを受けて下を向きながら「これからはもっと…」と反省の一言をひとりずつ述べていったのですが、最後に来年度ゼミ長の岡野さんが、「3年生はだめだだめだと言われているけど、こんなの悔しい」と、ありなさんに反論する形で前向きなコメントをしてくれました。後藤先生は笑顔でした。
なんとなく、今年の3年生は何を言われても反発がなかったというか、半ば諦めのようなものが見えたときもあったのですが、先生の笑顔を見て、きっと来年4年生になって後輩が来ても大丈夫だな、と確信しました。若干上から発言みたいになってしまいましたが。。岡野さんのコメント、なんとなく嬉しかったです。

その後は卒業生と現役生の懇親会でした。前半の記事のとおり、懇親会で卒業生の参加が2人増えて、もちろん懇親会ということもあるのですが、ますます会場が華やかになりました。


来年度ゼミ長の岡野さんが乾杯の音頭をとってくれました。


OGの飯塚さんと、紹介をする3年花本くん。


真ん中4年ヨハンくん。うーん。写真右にはOBの西村さんです。黒ジャケットは後藤先生。後ろ姿ですみません。

卒業生のみなさん、お忙しい中お越しいただきありがとうございました!
私自身はなかなか先輩方とお話ができなかったのですが(…)、今日は3年生が先輩からいろんなものを吸収する会だ!ということで…またの機会に。就活の話はもちろん、ゼミのこともたくさんお話ができたように思います。

次のゼミ内の行事は2月11日のゼミ内卒業論文発表会です。口述試験も兼ねており、緊張しております…。来年度からゼミに入る2年生も来るそうで、そちらの方はとても楽しみです。4年生が4年生でいられるのも、残りわずかです。

文責:馬場美紗樹 (2015年度4年ゼミ生)
コメント
この記事をはてなブックマークに追加

01月30日 就活セミナー前半

2016-01-30 15:00:00 | 2015年度

この日は、「3年生のための就活セミナー」(以下、就活セミナー)が開催されました。

参加者は、3年生、4年生、後藤先生、
そして、02年卒の岸本さん、03年卒の前原さん、
01年卒の西村さん、14年卒の飯塚さん、(お二方は懇親会から)
来年度から後藤ゼミに入ゼミする桑原君(2年生)と
入演習する長谷川君(1年生)でした。

内容は去年と同様に、以下の通り。

プログラム
1.4年生の就活体験談報告
2.卒業生の自己紹介と一言コメント
3.3年生他己分析コメントの紹介(1人につき3枚程度をまとめて)
4.業界・業種ごとに分かれての座談会(懇親会)

3年生は就活セミナーが始まる1時間前に集まり、
「長所のみ」を挙げるスタイルで、他己分析を行いました。
週に1度は顔を合わせ、よく理解しているはずの仲間のことをうまく言葉に出来ず、
頭を抱える姿が見受けられ、人を評価することの難しさを感じました。
言語化すること...これが3年生のこれからの一番の課題になりそうですね。

さて、セミナーが始まり、4年生による参考資料が配られました。
一番伝えたい事、エントリー数、就活スケジュールや3年生へのアドバイスなど...
4年生の熱い思いがこの1枚に書きこまれており、就活の大変さを
しみじみと感じることになりました。


壇上にあがり、体験談を語る4年生。

今年度の就職先は大まかに、テレビ番組制作、金融、化学、公務員、IT、メーカー、
通信、交通、百貨店。その他、起業や、大学院進学など。
多種多様な業界、進学が見受けられ、後藤ゼミナールの個性が顕著に表れていました。

4年生ひとりひとりから、就活体験談が語られ、
3年生は前のめりになりながら、話をじっくりと聞いていました。

身近な先輩からの言葉が一番のアドバイスになるのかもしれません。
今後の参考とさせていただきます。ありがとうございました!!

文責:高荒菜々 (2015年度3年ゼミ生)
コメント
この記事をはてなブックマークに追加

1月27日 ゼミ後半

2016-01-27 18:00:00 | 2015年度


こんにちは、後藤ゼミ4年の笠井です。

2015年度最後の後藤ゼミ、いよいよ後半です。(就活セミナーや卒業論文発表会はありますが、授業としてはこれが最後…。)

後半に入ってまずは、11日に行われる後藤ゼミ内での卒業論文発表会での司会者決めです。
3年生は一人で一人もしくは二人の四年生の司会をしなければならないので、なるべく自分の卒業論文のテーマと関連した作品を書いた人を担当するように担当者を選び、上手く順番を決めました。当日、時間通り上手く発表していけるといいですね。


発表順を決めている後藤先生


次に、班・部会の見直しです。
現三年生や次の代の三年生の人数がこれまでより減ったことにより、班や部会の編成を見直さなくてはなりません。
結果として、班・部会制度はそのままとし、会計班とイベント班が合体、SM班とブックレット班が合体、広報宣伝部会と会場部会が合体することとなりました。仕事も増えて大変だとは思いますが、来年度のゼミ生には是非頑張っていただきたいです。


そして少しだけ今後のサブプロジェクトについて話し、
最後に1月・2月・3月のCongratulations!を行いました。
今回は3年生の佐藤君、花本君、藤田君、4年の田中君、馬場さんをお祝いしました。


5人を見守る優しい瞳をした後藤先生に注目です。

最後の最後に、一年間共にゼミ活動を頑張ってきた4年生みんな(いない人もいますが)と後藤先生でぱしゃり!


なんだかんだ、仲良しですよ!(笑)

みなさん、一年間ありがとうございました!
授業はこれで最後ですが、まだまだ後藤ゼミの活動は続きます!


文責:笠井栞(2015年度4年ゼミ生)
コメント
この記事をはてなブックマークに追加

1月20日 ゼミ後半

2016-01-20 18:00:00 | 2015年度
こんにちは、4年の安蒜です。

引き続き3年生の卒論についての計画の発表会が続きます。



後半は6人の発表です。それぞれテーマは高荒さんがSNSの新たな可能性―繋がりを見つけるInstagram―、河合くんが古着から見る新しい広告手段としての『SNS』、上田さんが少女漫画から見る女性が求める恋愛像、岡安くんがスポーツと格差問題、ケイくんが欧州・中国・日本におけるサッカーに関する論文、相原君が日本人の死生観について、でした。

前半と同じく客観性や問題意識についてなど先生から指摘があり、今回のアドバイスを参考にしながら次の卒論計画の発表のときにはより具体的なものが仕上がればいいのではないかと思います。

まだまだ就職セミナーや謝恩会などはありますが、次回がいよいよ今年度最後のゼミとなります。

文責:安蒜早紀
コメント
この記事をはてなブックマークに追加

1月20日 ゼミ前半

2016-01-20 18:00:00 | 2015年度
こんにちは、後藤ゼミ3年生のケイです。
1月に入り、東京も初雪に見舞われたことで、2016年初の全員集合のゼミです。
そして、4年生の皆さん、卒論執筆お疲れ様でした。

本日のゼミは4、5限に行われ、まずは3年生が初のレジメ付きの卒論発表をしました。
前半で発表した卒論の中、サブプロジェクトに関係するテーマが4人、地域関係のテーマが2人でした。


発表している3年生の様子

初めての正式発表でもあり、
卒論の方向性や問題提起などの部分ではまだ修正する必要があるが、
どれも興味深いテーマなので、
きっと良い論文が書けると思います。

短いですが、前半のブログは以上とさせて頂きます。

文責:ケイ(2015年度後藤ゼミ3年生)
コメント
この記事をはてなブックマークに追加

1月13日 ゼミ

2016-01-13 14:30:00 | 2015年度

今年度のゼミも残すところ
あと3回となりました。

今回のゼミは、新年の顔合わせを兼ねたもので、
伝達事項が中心となったこともあり、たったの1時間で終了に。

8時間ほどゼミをおこなった日を思うと、
本当にあっというまです。

急きょ集まった関係で、出席者は10人前後と少なめでした。
心なしか教室もさびしげにみえます。


とあることを分析する後藤先生

まずは伝達事項の前に、
サブプロジェクトの方向性について話し合いがありました。

サブプロジェクトに加入していない私からみると、
こうして参加するメンバーがいるということ自体が、立派に映ります。

参加していれば、いろいろと知見も深まっただろうに…と思っているうちに、
きょうのゼミも終わりになってしまいました。はやい!


ゼミ風景

その後、「世田谷市民・団体プロジェクト」(詳細は昨年度ゼミブログにて)について、
世田谷区職員の方がたと後藤先生、ゼミ長と副ゼミ長(次期も含めた6名)で打ち合わせをおこないました。

終始きさくな雰囲気での話し合いで、気持ちまで和みます。
お越しくださり、ありがとうございました。

なんとも抑揚のない記事になってしまいましたが、
今回はこれにてご容赦ください。

文責:佐野風花(2015年度4年ゼミ生)


コメント
この記事をはてなブックマークに追加