日本大学文理学部社会学科・後藤範章ゼミナールの日誌☆

社会学科後藤ゼミナールの実態とゼミ生の生態が一目で分かるゼミ日誌! しかと見れ!!!

11月24日 ゼミ前半

2014-11-24 17:50:00 | 2014年度
今週のゼミは欠席者が多く、少しさみしい感じです。



空席の目立つ教室。

まずはせたまちについての議論から始まりました。高島君がパワーポイントの原案について説明してくれます。



立ち上がって説明する先生。

最初のページから議論が始まり、写真ひとつでも細かな検討と議論が行われました。そのなかで、先生からは一人に任せないこと(発想が一人分にとどまってしまう)、誰に向けたプレゼンなのかを意識すること(相手は学生ではなくプロである)等のご指摘がありました。



発言する佐野さん。

微調整を加えたり原稿を考えたりと本番まで気の抜けない日々が続きそうです。

後半に続きます。

文責:安蒜早紀(2014年度ゼミ3年生)

コメント
この記事をはてなブックマークに追加

11月10日 ゼミ後半

2014-11-10 18:00:00 | 2014年度
ゼミ後半が始まりました。


まずはキャプションの議論の続きから始まりました。


ゼミの様子

12点のキャプションのうち、残りの9つについて、どのような方向性で

まとめていくかについて話し合いが行われました。


意見を積極的に出す的場さん。

そのほかゼミ生と後藤先生の間で意見交換がなされました。

最終的にキャプション修正の方向性として、今後の方向性が見えてきた

キャプションについては精鋭部隊が、模索中のキャプションについては

ゼミメーリス上で積極的に意見交換をしつつ進めることとなりました。


続いて、ソシオフェスタの展示順の議論に移ります。

ゼミ生全員が席を立って1カ所に集まり、展示する写真を見ながら議論を

していきます。

12点の作品をどのような順で並べたら、見る人を飽きさせないか、より

興味関心を持ってもらえるのかについて話し合います。


写真を並べる刈谷君

関連する作品を固めて展示する案、写真の色や明るさを考慮する案など

多くの意見が出ました。


議論をするゼミ生


最後に後藤ゼミでは今、ゼミ旅行を計画中です。

今後どのような計画になるのか。

今日のゼミは終了し、次回に続きます。


文責:谷崎 直人(2014年度4年ゼミ生)
コメント
この記事をはてなブックマークに追加

11月10日 ゼミ前半

2014-11-10 17:50:00 | 2014年度

先週の月曜日は日本大学文理学部の文化祭である、桜麗祭が行われていてゼミはお休みでした。

なので一週間空けて、二週間ぶりのゼミ活動です!



今回のゼミでは、京都工芸繊維大学の池側先生と、大学院生の程さんがご見学にいらっしゃいました。

丁寧なご挨拶と、わざわざ手土産をいただいてしまいました。ありがとうございます!

いただいたおたべは、ゼミ生の皆で休み時間に美味しくいただきました。(あっという間に無くなりました。)


そして、今日のゼミの内容は
・キャプションの最終案
・ポスター・パンフレットのデザイン
・ソシオフェスタ展示順
・会場デザイン
・せたまちプレゼン用映像

…等々の話し合いです。

まずは、PLP部会の作ってくれたポスター・パンフレットのデザインについてです。



的場さんが、ポスターとパンフレットを皆に見せて周り、意見を仰ぎます。

沢山の人にソシオフェスタにきてもらうには、まずそのポスターで興味を持ってもらわないといけないので、ポスターは非常に重要になってきます。

しかし、人の頭に印象を残すポスターを作るのはなかなか難しいですね。

残された時間は少ないですが、まだまだ改良の余地あり…といった感じです。


それから、キャプションの最終案の議論へと移りました。

こちらももう残された時間は少ないため、議論が必要なキャプションだけを選び、話し合いました。

三つほどキャプションの議論をしたところで、前半は終了し休憩に入りました。

後半に続きます。

文責:笠井 栞(2014年度3年ゼミ生)

コメント
この記事をはてなブックマークに追加